2018年6月18日

打つ打つ打線と、九里亜蓮の初完投で連敗ストップ!

6月17日、ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)。

止まりました、5連敗。止まったどころか、13対4の大差をつけて。

1回、松山竜平のタイムリーのあと、新井貴浩に代わってDHに起用されたバティスタが3ランを放って、初回に4点先制。

初回に点を入れたまま、そのまま凪のようなしずか〜な状態になることが多々あるカープ。

しかし、そこだけでは止まらなかった。6回、松山とバティスタの連続ヒットに始まり、野間峻祥と菊池涼介と丸佳浩のタイムリー、鈴木誠也の2ランで、8点を追加。9回にも下水流昂のタイムリーが出て1点。

 松バティコンビが大活躍。まるで呪いが解けたよう。ビッグイニングも、スタメン全員安打も、二桁得点も、もう何もかもが久しぶり。

ソフトバンクは投手陣が炎上しての大量失点。この日は立場が入れ替わり、とても他人事とは思えない。

6回以降、カープは徐々に主力を休ませ、控え選手がちらほらと登場。ここでも前日のソフトバンクとの逆現象が起こり、まさかの展開でした。



カープの先発は九里亜蓮。この日も、ボールを受けとってからモーションに入るまでの時間が短く、テンポよく投げていく九里。

5連敗してドヨ〜ンとふっきれない空気のカープの中にあって、この躊躇のなさがフラットで、清々しくて、とてもよかった。

九里とバッテリーを組んだ磯村嘉孝のリードもよかった。この日は、バティスタと磯村の起用が見事に活きました。

九里は5回、デスパイネにホームランを打たれるも、その直後引きずることなく、テンポよく三者凡退。
101球を投げて、いよいよ9回のマウンドに立ちます。

あと1アウトというところで、塚田正義とデスパイネ(またしても)にホームランを打たれ、3失点。すんなりとは行かなかったけれど、課題がまた見つかったけれど(それもまたよし)、九里にとって初めての完投。攻めのピッチングをして、しかも無四球です。

「9回のマウンドはしびれるものがあった」の言葉は、そこに上がったことのある者にしか言えない言葉。しびれました。



 スポンサーリンク


九里亜蓮の熱投と、安部友裕の覇気どこいったー。
九里亜蓮、見事なテンポよい投球で1勝かちとる
九里亜蓮の力投がまたも吹っ飛ぶ