2018年9月5日

「華」を発揮した菊池涼介、延長12回のサヨナラ打!

9月4日、阪神戦(マツダスタジアム)。

カープは投手・野手ともにほぼ全員出動となった延長12回。

こんなこといいな。起きたらいいな。そう思っていたことが、不思議なほどトントントンと起こった延長12回。

代打の小窪哲也がヒットで出塁。続く代打の堂林翔太がバントをきっちり決めて2塁に送る。そして最後、ツーアウトの場面で、菊池涼介。

ここぞの場面で何か起こしてくれる、そんな期待を抱かせてくれる菊池涼介が、ほんとに期待通りのサヨナラタイムリー。

打撃不振と言われつつも、チャンスの場面で大仕事。卓越した守備ともども、こんなところにも菊池の持っている「華」を感じます。

7回からの無失点リレーも素晴らしかった。ときおり不安定な今村猛、中﨑翔太、ジャクソンも三者凡退。久々の佐藤祥万も8回、三者凡退で流れを渡さず、12回のフランスアは7球で3人を討ち取り、ほれぼれします。



7回には上本崇司、10回には丸佳浩、11回には西川龍馬の盗塁が、たて続けに阪神のキャッチャー・梅野隆太郎に刺される。しかし、たて続けに盗塁を許すよりは、恥ずかしいことではない!

そんなときは、世界の盗塁王・福本豊さんの軽やかな言葉を思い出そう。

「盗塁の成功の確率は2分の1なのだから、みんなもっとどんどん走ったらいい」。

せやねん、どんどん走ったらええねん(でもなるべく成功して)。

それにしても、いいなぁ、強肩のキャッチャー。梅野は昨年のオールスターで、岡田明丈とバッテリーを組んだ間柄。

「ストレート、いいと思うよ」の梅野の一言に、当時投球に迷いが出ていた岡田がふっきれ、オールスターでは快投したことが。こういうキャッチャーがいてくれるといいなと、ひそかに梅ちゃん、応援しています。



スポンサーリンク


2分の1の確率。やらないで後悔するより、失敗してもやってみる。