2018年9月15日

偏らないで捕手ならば〜。

9月15日、中日戦(マツダスタジアム)。

大瀬良大地と、前回完封された笠原祥太郎との投げ合い。

笠原は1回、サード・福田永将のエラーの後、2つのフォアを出し、満塁のピンチを招く。も、なんとか切り抜けた。

一方、大瀬良は味方にエラーが出たとき、得点を与えるパターンがけっこう目につきます。そこでこれをひそかに「大瀬良の法則」と呼んで、エラーが出た状況のとき、注視しています。

また、ほかのピッチャーはどうなのかも、気になって見ています。よって、笠原、ここはよう踏みとどまった!と言いたいです。

3回、大瀬良は連打を許し、5点を失いますが、6回にはカープ、同点に追いつきます。笠原、6回まで141球を投げました。もう一つようやった!

7回、大瀬良は平田良介にソロホームランを浴び、1点リードされ、同日先発していた巨人の菅野智之に防御率でリードされることに。



ここ最近、磯村嘉孝とバッテリーを組んで、結果を出していた大瀬良。本日の女房役は會澤翼。

この日のRCC放送の解説、横山竜士さんによると、會澤は打たれるごとに球種が偏ってきて狙い球をしぼられてしまったとのこと。ここは冷静にドーンと構えてほしいものです、捕手ならばっ。

今シーズン最後の中日とのマッチアップは7対5。またしても、強い中日のイメージを植え付けられたまま終わりました。

今日のヒーローインタビューは勝ち越しホームランを打った平田。面構えやバッティングから「豪の者」というイメージのあった平田でしたが、声が思っていたより可愛らしくて、ちょっとしたお土産をもらったような気分に。



スポンサーリンク

中日がなんで最下位? と、いつも思うカープ戦。