2018年11月10日

岡田明丈、日米野球で逆転2ラン浴びる

日本シリーズが終わってから、あっという間に1週間。

・丸佳浩がFA宣言
・佐々岡真司さんが来期から1軍投手コーチに!
・ゴールデングラブ賞発表
・松山がカープ残留を表明
・ドライチの小園海斗君が仮契約

と、その間に、気になる話題がもりもり。おまけに、11月9日の日米野球では……。

日米野球は3回くらいまではテレビ中継を見ていたんです。たまたま朝のラジオのニュースで、昨夜の結果を知りました。

5回裏、西武の秋山翔吾がタイムリーの4対4に追いつき、「秋山、さすが〜」と感服していたところに、「ところが……」と続けるアナウンサー。

そこで私はもしやとピーンときました。そして、当たりました。

「6回、広島の岡田が2ランを浴び、逆転を許します」

やぱしー。岡田、打たれとるがな。日本シリーズ第3戦がよみがえります。

しかし、9回、會澤翼のタイムリーで1点差(おっ!)、ソフトバンクの柳田悠岐がサヨナラ2ランで、7対6と逆転勝ち。これまた日本シリーズ第5戦がよぎります。

岡田、来シーズンは先発なのか、リリーフなのか、どこへゆくのか……。佐々岡さん、よろしくお願いします!



スポンサーリンク