2019年2月25日

オープン戦の楽しみ方

野球の季節がやってきましたー。

2月24日、オープン戦が始まりました。宜野湾でのDeNA戦。日曜の午後、野球が見られるこの喜びがまた。

オープン戦ならではのお試しコースが満載。坂倉将吾や堂林翔太のスタメン、西川龍馬のセンター(なんか牧歌的)、小園海斗のショート、正隨優弥と、いろいろ見られて、胸躍ります。

3番坂倉、4番鈴木誠也、5番長野久義というラインアップ、これは私的には豪華。見たい人ばかり揃っている。

ベンチに佐々岡信二コーチがいることも、新鮮な喜び(畝コーチはどこいったー。あ、ブルペンにいました)。

一方、DeNAのベンチには、今シーズンから投手コーチをつとめることになった三浦大輔さんの姿が。昨シーズンの新井貴浩のように、番長にはすでにもう監督のような佇まいが。



2番手の床田寛樹、いいですね。テンポもいい。佐々岡コーチの全員先発プランの行く末はどうなるか、ですが、床田、期待したいですね。

床田と、加藤改め矢崎拓也の同期リレーもよかった。

先発メンバーがどんなに不調でも動かないことの多かったシーズン中の緒方采配と違って、この日のオープン戦はいろんな選手を見る機会になるカタログ的な楽しさを感じました。

開幕まであと1カ月あまり。「ゆっくり急げ(フェスティナレンテ)」というラテン語のことわざがあるのですが、そんな感じで今きっと選手の皆さんは調整中。

コンディションのピークをいつに持っていくかは、プロにとって大事なところ。この日、成果が出ていなくとも、けっこう。いまがピークでなくて、けっこう。ゆっくり急ごう。



スポンサーリンク


〔関連記事〕
全員先発ローテーション
坂倉将吾と岡田明丈を見てくれている人がいた