2019年4月10日

連続完封(完投)負けは免れたが……

4月9日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)。

1対10。7日の阪神戦に続いて、完投・完封負けするかという勢いのゲームでした。5回、菊池涼介のタイムリーでそれだけは免れましたが。

3回6失点のジョンソンには唖然。ここは神宮球場かと錯覚するほど、いくたび東京音頭を聞いたことか。

ジョンソンのあとを受けた藤井皓哉。4回を無失点の投球で終え、そうそう、こうやってチャンスをもらったときにしっかりと仕事を……とうなずいていた矢先に5回に3失点。なっ……(言葉を失う)。

6回・7回のレグナルトとはテンポよく連続三者凡退。ヤクルト打線も大量得点のあとで緩やかになっていたのかもしれませんが、小気味はよかったです。

8回の中田廉は、フォアと自らの悪送球、田中広輔のエラーもあって、さらに1点を失うし。なんだかボロボロにボロボロを重ねる始末。

せっかくチケットをとって楽しみに観戦に来てくれたファンの人たちの気持ちに1ミリでも応えてほしい。



この日も、7日の阪神戦のあとのように緒方監督は会見拒否するのではあるまいな。それなら相当ムード悪くなると思っていましたが、さすがに会見はあったようでよかったです(なんだ、このいいこと探しのレベルの低さは)。

緒方監督は、6試合連続無安打の1番打者・田中広輔について、「このまま変わらなければ、いろいろ考えていく」と、やっと打順変更の可能性も口にしたという。(「サンスポ」)

遅い! 甘い! ジャレビーの100倍甘い!(by 東村アキコ『海月姫』10巻より、ジャレビーとはインドの甘いお菓子です)

塁に出られず、守備でもエラー。ならば、小園海斗を起用して、育っていく姿を私たちに見せてくだされっ。



 スポンサーリンク


〔関連記事〕

無言の完封負け
客商売という姿勢