2019年6月17日

勝って、なんとなく控えめに嬉しい試合。

6月16日、楽天戦(楽天生命パーク宮城)。

いまの球界の中で好きな投手のひとり、岸孝之が楽天の先発。快投されたとしても、それはそれでよしとしよう。おまけにこちとら、雨でゆるんだ足下が気になってしかたないジョンソンが先発だ。

と、控えめな心持ちで臨みましたら、2対4で勝ちました。

12球団で唯一、カープからだけは白星をあげていないという岸。よりによってカープだけとは。 めぐりあわせ的にたまたまとはいえ、よりによってカープとは(2回言った)。

そんな、ちょっとした重しもあったのかどうかはわかりませんが、カープにとっては6月9日以来の勝利。

ジョンソンは2回で55球と、またもスローなテンポで始まるものの、この日も尻上がりに調子をあげ、3回から6回までは無失点、先発としての仕事をする。

7回は中村恭平、8回はレグナルト、9回はフランスアと、しびれる無失点リレー。打線とは裏腹に、こちらはスカッと感にあふれている。



打てない打線は、西川龍馬が3番、会澤翼が5番、バティスタが7番と、打順を変えてきた。点がとれない打線に何の手も加えずにいた状態が続いていたので、この変更はちょっと風が吹いたようで、うれしかった。

テコ入れというよりは、あるもので何とかするという小手先的な変更に思えなくもなかったが、この3人が揃いも揃って打点を上げるという、目に見えた活躍をしてくれた。

8回、2塁3塁のチャンスで、犠牲フライを打てなかった田中広輔、空振りに終わった野間峻祥の非力さが空砲のように響く。

鈴木誠也は2つのフォアを得たが、打撃ではとんど存在感がない状態が続いている。

高橋大樹をやっと1軍に上げてはくれたけれど、スタメンの顔ぶれはほぼ変わらず。思い切った(抜本的な)入れ替えも大歓迎ですよ〜。

ともあれ、1つ勝てて、よかったです(岡田、どこ行ったー)。


   ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
大人のピッチング?でジョンソン6回無失点。そして続くよ、田中問題。
ジョンソンに鈍感になれとは言わないが