2019年8月17日

いつになったら真夏のチョーさん見られるの?

8月16日、DeNA戦・第1戦(横浜スタジアム)。

まだ自力優勝の可能性が消えていない2位のDeNA。そのDeNAとわずか0.5ゲーム差、自力優勝はなくなったとしても他力優勝はゼロではないカープ。

という2位3位対決にしては、どうしたことか。さほど熱気を感じなかった(とくにDeNAに)。

ちょっと肩すかしのような、まるでシーズンが終わりつつあるような、いやそれはまだ早いでしょうが、といった印象でした。

大瀬良大地が真夏の野外スタジアムで完投勝利。4対2。5回には自ら打席でヒットを放ち、西川龍馬のタイムリーにつないだ。

打線は5回、満塁のチャンスを活かせないシーンもあったが、流れが渡ることはなく、小刻みに1点ずつ随所で追加した得点と、大瀬良の粘り強いピッチングで逃げ切った。

なんとなく体温の低い感じはあったが、大瀬良の完投にはポカポカと気持ちが暖まった。お疲れのリリーフ陣に束の間の休息を与えることができて、ほんとうによかった。西川もよく打ちました。

それにしても毎日、いつ長野久義が1軍に登録されるのか、心待ちにしているのだけれど。2軍で調子がよいと聞くのに、まったくその気配がなく。

このまま、この野手陣のまま、夏は終わるのだろうか。ファンの心にもうひと花、パッと咲かせて楽しませてほしい、切に。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
勝ったのに、このつまらなさは何だろう?