2019年9月17日

松山復活に続き、磯村プチ爆発?

9月16日、ヤクルト戦・第2戦(マツダスタジアム)。

大瀬良大地、5連続の中5日で先発。

その疲れが原因とは言わないが、自責点はすべてホームラン。エースがポンポンポーンと長打で失点。

8回には、中村恭平もホームランで1失点。今日はほぼ長打で6点取られました。

1回、松山竜平が先制タイムリーを打ったものの、その後もまったくチャンスがなかったわけではないが、荒れ球の高橋奎二をとらえられず。

高橋のフォアの数は5。かといって、それで自滅したわけでなく。

フォアは失点につながることが多いので、ないにこしたことはない。けれど。岡田明丈も、フォアは出そうが、伸び伸び投げることができるといいのだけれど。

高橋に相性抜群の小園が今日はチャンスを活かしきれなかった。

しかし、相性がいいからと言って打順を上げるわけでもなく、8番が定位置になっている。修行中ということか。少しお休みさせてあげてもいい来もするが。



7回になって、メヒアのソロ、松山のタイムリーで2点追加。まるで前日のゲームよう。終盤の追い上げを見せてくれるか?

9回、磯村嘉孝のタイムリーで2点差に迫る。が、今日はここでおしまい。4対6。

松山は、今日もまた、走者がいる場面で、チャンスを活かす打撃を2度も見せてくれた。

もう残り数試合。遅い。遅すぎる。しかし、遅くなっても、復活しないよりずっといい。

磯村もここに来て、プチ爆発しています。

西川龍馬は走者がいてもいなくても、今日はノーヒット。元気がないのが気になる。

巨人もDeNAもせっかく負けた日に詰め寄れず、盛り下がるもどかしい休日のデーゲーム。

選手一人ひとりが仕事を、与えられたチャンスをまっとうするしかないと、当たり前のことを想う休日の午後。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
四球に過剰反応する件について
松山竜平、ここに来て光りだした、ピカッとな。