2019年9月6日

床田バンザイ!

9月5日、ヤクルト戦・第3戦(神宮球場)。

先発は床田寛樹。よって、「床田に白星つける会」が今日も発足です。

大瀬良に続いて、2試合、中5日での登板。手術明けの年なのだから、無理させてほしくないのだけど。しかし床田は期待に応えた。

1回、長野久義の併殺打にはズコーンとなりましたが、新井さんもよくやっていた。なんたって「ツラゲー」という言葉も生み出されたほど。見守ろう。

その裏、山田哲人のタイムリーで1点先制される。

ヤクルトの先発は山田大樹。ソフトバンクを戦力外になった選手で初顔合わせ? 4回まで無得点。また床田のときには打ってくれないの? 我慢比べのような気分が続きます。

しかし床田はいつものごとく、仕事する。3回、三好匠の好守備にも助けられ、満塁のピンチを切り抜ける。



三好と言えば、3回の第一打席でフォアを選んで出塁。苦し紛れのフォア選びじゃない、選球眼による出塁を感じさせてくれるところがスマート。

丸に代わって、どんどんお散歩して。もちろん、ヒットもどんどん。

静まっていた打線も、5回、西川龍馬と菊池涼介の連続ソロ、會澤翼のタイムリーで3得点。これで少し、床田も楽になるかな?

6回にはサンタナのタイムリー、床田自らのタイムリー(プロ初打点!)で2点追加。

でも5対1では、満塁ホームラン打たれたら、あっという間に追いつかれますからね、油断できません。

ところが8回、さらに3点追加して、8対1。これだけあれば、ちょっと安心?

床田は7回113球を投げて、1失点で降板。8回の菊池保則、9回の今村猛が無失点リレーで、本日のヤクルトはスミイチに。

床田はジョンソンと「2本柱」と呼びたくなる、安定感。7勝目、バンザイ!


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
ベンチはお客さんなの? 仕事しようよ。