2019年10月10日

會澤翼がカープ残留、ということは……。

CSのファーストステージ、スコアボードを見ただけですが、セ・パともに3戦とも接戦のようで、見応え伝わってくるようでした。

カープが出場していなくてよかった……。実際どうなったかわかりませんが、ワンサイドゲームとか平気で想像できるので、もうこれでよかったです。

しかし、セカンドステージ第1戦は、これまたセ・パともに、点差のあるゲーム展開となったようで。

日本シリーズは、リーグ戦とは別物の(リーグ優勝したチーム同士が戦うわけではない)イベントと割り切ってみるものの、このままリーグ2位だったソフトバンクが勝ち抜いて、また日本シリーズに登場するようなことになったら、やっぱり興ざめです。

カープがリーグ優勝できなかった時点で、ポストシーズンには興味が薄れていますが、そんな中、今日、會澤翼がカープ残留を発表。

會澤の捕手としての力量を測りかねている私ですので(配球とか肩とか、肩とか配球とか)、會澤の残留がものすごく嬉しいかというと、そうでもないです。

新しいキャッチャーが育つ機会が先延ばしにされた気持ちもあります。

しかし、今後、この球団の体質に辟易した有力選手たちが続々移籍していく想像図を描いていたので、會澤がカープへの愛着を表明し、残留を決めてくれたことは、素直に嬉しかったです。



いろんな要素が重なっての決断と思いますが、10月6日、初の交渉後、「いい話し合いをさせてもらっています」という會澤のコメントを聞いて、私が一番に思ったのは……。

来シーズンから、カープにやっとトラックマンが導入されるのでは、ということ。

昨年オフ、選手会長の會澤が球団に粘り強く訴えかけたにも関わらず、受け入れられなかったというトラックマン導入。

他球団はすべて導入しているのに、會澤以外の主力選手も希望していたのに、聞いてくれなかった不誠実なカープという球団に、會澤は愛想を尽かしたのではないかと思っていたので。

球団がやっと希望を受け入れトラックマンの導入を約束してくれたことも、今回、カープ残留を決めた理由の一つだったのでは、と。

これ、勝手な小さな推測です。

ですが、来シーズン、トラックマンがカープに導入されるかどうか、見届けたいと思います。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
サヨウナラ〜。