2019年7月21日

いちかバティかのバティスタ、ダブル2ランで巨人に2連勝。菊池保則も魅せた。

7月20日、巨人戦(マツダスタジアム)。

今日こそ床田寛樹に白星を。と、のぞんだゲームですが、毎回のようになかなか打てない今村信貴が巨人の先発。今日も今日とて、なかなか攻略できません。

床田の調子はよくなかったようだけれど、安打を許したわりには3回と5回に1失点ずつで抑える。

逆に、巨人は3回から5回、ドンドン出塁したにもかかわらず最低得点しかできず、この残塁っぷりはもどかしかったんじゃないだろうか。まるで今シーズンのカープのよう。

床田は球数がふえて5回で降板となったけれど、2失点は全然悪くない。床田は悪くなーい。



菊池保則が6回と7回、連投に加えて回またぎにもかかわらず、今日もいい仕事見せてくれました。

がっしりとした体系、人柄のよさと相まって、縁の下の力持ちという言葉がぴったり。観衆に包まれた球場にあって、縁の下(人目のつかない場所)という言葉はそぐわないけれど、タフで頼もしいです。

菊池保の顔が、カープに復帰した頃の黒田博樹とちょっと似て見えるところも、いいなと思っています。いい按配にオッサン風味があって(これは褒め言葉です。きっぱり)。29歳の青年なんですけれどね、カープに味わいを持たせてくれているなと。

中村恭平、一岡竜司不在の中、帰ってきた今村猛も、クローザーのフランスアも無失点で抑え、勝利を呼び込んでくれました。



ダブル2ランで勝利を決定づけてくれたバティスタ。これがあるから、このイメージが強いから、ベンチはバティスタの起用をやめられないのでしょうね。

今日は大きな結果が出たけれど、それまでバティスタは打線のブレーキになっていた。ずっと待ち続けて、やっと。効率がいいとはけして言えない(最近、フォアを選ぶようになってきたので、バティスタの中の変化も感じますが)。

アベレージのある選手か、ここぞの一発がある選手のどちらがいいのか。でも、この一発はやっぱりかなり魅力的。

無安打が続く小園海斗。このままじゃ替えられるぞー。と危惧していたら、6回、ほんとに田中広輔に替えられてしまった。

一方、三好匠は今日も打席で粘っていました(床田も打席で粘っていました)。

なぜか巨人相手だと、落ち着いた試合を見せるカープ。巨人戦のあと、どうなるか。打線に火はつくのか、ボッ。


   来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
バティスタのインパクトが帰ってきた
復帰登板の床田寛樹に援護の花束を。
もはや連敗ストップよりイキのいい鯉見せてくれ。矢崎拓也と菊池保則に感動した。