2022年8月31日

森下からは勝ちたい意志を感じるが、打線はどうなんだ?


8月30日、阪神戦(甲子園球場)、1対0。

青柳晃洋とは今季初対決。ずっと免れてきたけれど、ついに来た。カープに分(ぶ)が悪い気はしたが、森下暢仁とのエース対決、楽しみにしてた。

青柳、三者連続空振り三振。う。森下、三者凡退。で始まった投げあいは互いに譲らず、ゼロ行進

森下、雨で試合開始が遅れても、集中切らさず投げた。とくに6回、雨が強くなってきた中、指先に足元に神経使う状況で、佐藤輝明、大山悠輔 、代打・マルテを空振り三振にとった投球にはしびれた。今日はストレートがズバッと決まっていた。
森下の投球からは負けない(=勝ちたい)意志を感じる。それを持てるタフさと投球技術があってこそなんだけど。

>その意志を打線からも感じたかった。


メジャーでMVP争いをしている大谷翔平とジャッジが、29日、エンゼルス・ヤンキース戦で直接対決。

5回、大谷が勝ち越しの2ラン(29号)を打ったのを見て、「頭にきた」と50号を打ったジャッジ。

8回、大山がターリーから決定打になるホームランを打ったとき、カープの選手は頭にこなかったんだろうか。

野球は点をとるゲーム。「野球はケンカと一緒。勝たないと意味がない」という王貞治さんの言葉を知ってから、カープ戦を見るたび、よく思い出す。


青柳と森下の譲らないゼロ行進を受けたリリーフ陣もがんばった。延長戦も見込んでか、7回は松本竜也、8回はターリー。

ターリー、大山の打席以外はよかったが、甘い球をしっかり仕留めた大山のスイングと雨にけぶる打球が美しくて見とれてしまった。

森下、もたれかかっていたベンチのバーを、コブシで何度か打ち付けていた。悔しさが出ていた、

もう少し、なんとか避けられなかったんだろうか。村上宗隆対策で申告敬遠も時には大事と知った河田ヘッドなら、どうしてたかな。


8回と9回、阪神の湯浅京己とケーリーはつけいる隙がない投球。

青柳も攻略できなかった。5回、小園海斗ヒット、矢野雅哉バント、會澤翼ヒットで、ワンアウト3塁1塁。これが最大のチャンスだったかな。

打席には森下。青柳の球をバントするのは難しそう。でもスクイズのサイン。ここは無理せずヒッティングというのは、チャンスを棒に振る選択なんでしょうか。森下の打撃を買いすぎでしょうか。

1球目がキャッチャーゴロ、スクイズ失敗で小園挟まれ、本塁タッチアウト。

小園がスタメン復帰して、矢野はセカンドに。今日、小園は守備でミスしたわけではなかったけれど、「ショートが矢野だったら」というシーンが3回くらいあった。


試合前、森下がエースについて語った記事を見つけた。(「デイリースポーツ」)

「もしもエースの称号を手に入れたなら投げる試合は勝ちたい、勝たないといけないというモチベーションにもつながっていく。もちろんプレッシャーもあると思いますが、エースと呼ばれることで、もっともっと強くなれると思います」

エースと呼ばれることで、もっともっと強くなれると思えるのが森下。戦い向き。島内颯太郎、聞いてるか~。

「頭にきた」なんて言い方はしないけれど、カープで戦ってるな、向かっていってるなと感じるのは、森下と、矢崎拓也と、森浦大輔。

森浦、華奢でポーカーフェイスだけど、8月28日の巨人戦、三者連続三振でぶった切った7回の投球を見ると、静かにそう思うんです。

みんな投手ばっかり。野手にも、そういう人が出てきてほしい。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月29日

矢崎が帰ってきた


8月28日、巨人戦(マツダスタジアム)、対4勝ち越し。対戦成績も12勝12敗と、タイにした。

矢崎拓也が帰ってきた(上本崇司と野間峻祥も)。

2点リードの8回ウラ、ヒいきなりット2本とフォアでとノーアウト満塁。ここからがすごかった。大城卓三空振り三振、代打・中島宏之セカンドフライ、吉川尚輝空振り三振。

強い気持ちと強い球でビシーッと決めて、自分で作ったピンチとは言え、ドラマチックだった。お客さんのひときわ大きな歓声、チームメイトの賞賛と興奮(磯村嘉孝)、矢崎の照れた笑顔、何度でもおかわりできます。


先発の大道温貴と赤星優志は、そろいもそろって、デッドボールとフォアを織り交ぜ、ものすごくテンポの悪い展開に。ともに4回4失点で降板。

大道、8月に昇格して、3登板とも4回どまり。たしか大道は新型コロナとは無縁だったような。通常の状態で、せっかく与えられたチャンスにこれでは、情状酌量の余地もなし。

しかし、リリーフ陣は踏ん張った。5回、2アウトとってからフォアとヒットで2塁1塁した島内颯太郎には、おーいと思ったが。途中交代した塹江敦哉がいきなりフォア出したときは、おいおーいと思ったが、なんとか無失点。

6回はターリーガ、7回は森浦大輔が、三者凡退。ここのとこお疲れ気味だった森浦は、三者連続三振! 

8回のドラマチック矢崎を経て、栗林良吏も三者凡退で、26セーブ目。


打線は、堂林翔太の2度に渡るタイムリー、坂倉将吾の2ラン、スタメン復帰した小園海斗にヒットも出て、巨人のエラーもあって、6得点。

どのチームも経験していることだけど、選手の離脱と復帰を繰り返す今季。選手がそろってくるのは楽しみ。

ただただ望むのは、また監督・コーチ陣が過去の実績やネームバリューで選手起用を決めるモードに戻りませんようにということ。

ベテランも若手もフラットに、調子のよい選手を見極めて、競争できる環境を作って、チームに活気を与えてくれますように。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月28日

大盛矢野の必死さ響く、秋山小園帰ってきてもこの火消さないで


8月27日、巨人戦(マツダスタジアム)、対4

ゆっくり休んでいただければと思っていた佐々岡監督が復帰。

不在中、選手起用や采配は佐々岡監督が休む前と大きな変わりはなく、河田ヘッドの「(代打に起用した)松山や長野で打てなければ仕方ない」発言には、そ、そうかぁ?と、背後に佐々岡監督が見えるようだった。河田ヘッドが3塁に立っている方が(小窪コーチより)まだいい気さえしてくる始末。

菊池涼介と小園海斗も帰ってきた。2軍での出場は経ずにいきなり昇格とか(さすがにスタメンではなかったが)。せいては事を仕損じる。そういうところよ、佐々岡監督。

ところが、その菊池。4対4、同点に追いつかれた8回ウラ、打って走って3塁に進んだ大盛穂の後、羽月隆太郎の代打で登場。ここで勝ち越しタイムリーを打つという素晴らしい展開に。

その後、坂倉将吾のショートゴロを坂本勇人が悪送球で、もう1点追加(1アウト3塁1塁で、代打・長野は併殺)。

9回は、栗林良吏が三者凡退という、心落ち着く展開に。


先発の遠藤淳志は7回無失点。昨日の玉村昇悟といい、コロナから帰ってきた先発陣が、ようやく調子を戻してきた。

坂倉将吾、西川龍馬、矢野雅哉のソロ3発と、堂林翔太併殺(ブー)の間の1点と、援護も得て、勝ちをつけてあげたくなる投球だった。

8回を託された松本竜也がフォア2コも響き、眠れる獅子・岡本和真の2点タイムリーを浴びて、遠藤の勝ちは消えてしまったの。

ここのところの松竜の投げっぷりを見て、栗林につなぐ8回は松竜に託したいと思うのはわかります。

でも、働かせすぎです。森浦大輔が不調、矢野雅哉やロングリリーフを任せられる薮田和樹もいない中、リリーフ陣で孤軍奮闘していたといっても過言ではなぁい、松本を責められなぁい、ドン!(机たたく音)。


大盛の好調にもハッとします。そして、矢野。小園が帰ってきて、さらに奮起を感じる1本。大盛と矢野からは巡ってきたチャンスをつかみとりたい必死さが見えて、好感もてます。

小園も矢野から刺激を受けているはず。ショート・小園を定席と決めつけないで、競争させてレベルアップしていってほしいです。できるかな、佐々岡監督・・・。

迫力欠いてる巨人に負けるようでは。明日は矢崎も帰ってくる。勝ち越し、もぎとろう。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月27日

つたないカープベンチ、アマチュア以下


8月26日、巨人戦(マツダスタジアム)、対4

Bクラスにズブズブ落ち込んでるチーム同士。ここで決められないなんて。

1回、玉村昇悟、いきなり3失点。

しかし、西川龍馬が丸佳浩のレフトフライを後ろ向きにジャンピングキャッチ!

2回には、坂本勇人の2塁打を、大盛穂から矢野雅哉への中継プレーで、ホームめざしたウィーラーをタッチアウト! 

こういう野手のプレーはきっと玉村に響くはず。その後は無失点。6回102球、先発の仕事を果たした。先発が6イニング投げられることが有難い今のカープ。


打線は1回ウラ、大盛が3塁打、小林誠司の後逸の間に、1点返す。

2回ウラ、打撃が期待できる玉村が2塁打。大盛にヒット出たが、3塁の小窪コーチは玉村を3塁で止めた。ここは回してほしかった。流れ止めた、今日は負けたと思った。

コーチ経験もなく、いきなり1軍のコーチに抜擢された小窪。コーチというより、小窪先輩という感じ。そういうポストにつけたのは監督か球団かどっちかわからないけど、先輩を勝負の場に配置されてもな。

もう流れ止めたと思った2回でしたが、3回、マクブルームがホームラン。坂倉将吾、磯村嘉孝ともに2塁打で、もう1点追加、3対3の同点に。


7回、森浦大輔。ウィーラーのタイムリーで勝ち越される。森浦、元気ない。丸の見逃し三振はよかったが。2軍に、2軍に投手はおらんのかー。

7回ウラ、サウスポー・高梨雄平に、羽月隆太郎と西川、見逃し三振、坂倉は空振り三振、まったく手が出ず(マクブルームはフォア)。

8回ウラ、平内龍太に三者凡退。スタメンの日の堂林の空振りを見ると腹が立つのは何でだろう。今日は3つも。


9回ウラ、大勢から代打・松山竜平がヒット! の後、大盛が2球続けてバント失敗、ヒッティングに切り替え。

なのだが、ノーボール・ツーストライク。巨人バッテリーがウェストやる気満々の場面で、代走・曽根海成が盗塁失敗なんでこのカウントで走らせる? カープベンチの人たち、野球知らないの? 素人の私も口をあんぐりところか、アングリー!

直後にヒッティングに切り替えた大盛が2塁打。ちぐはぐ。代打・長野久義はまたしても「球、見えてますかー」と心配になる空振り三振。西川、ショートゴロで終了。

マツダに帰ってきて、選手の大きな入れ替えがあるかと思いきや、フランスアと菊池保則が入れ替わっただけ。

こんなこと何度もあったけど、今度こそはと期待していたが、状況を変えていく気がないんだなと、またも失望させられる。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月25日

野村、松竜、矢野、松山、ありがとう


8月25日、ヤクルト戦(神宮球場)、2対3。やっと勝った! 

野村祐輔に勝ちはつかなかったけれど、野村の好投は今日の勝利の大事な1つの要因。

現役中、あと何勝できるんだろう。と、見ていて果てしない気持ちになっていた、昨季と今季の野村。

今日は、6回1失点。5回以上、投げた。粘った。 テンポ、いらいらしなかった。期待以上!(いつもどんだけ低いの?)

しかし、打線もリリーフ陣も心もとない今のカープ。いつ引っくり返されてもおかしくない2点リードでの降板。


6連敗中で、勝ちにいきたい2点リードの場面。いい球もってるけど、出てくると不穏な気持ちになる4人衆(塹江敦哉・ケムナ誠・島内颯太郎・コルニエル)はやめてほしい。

なのに、7回はコルニエルだった。松本竜也でグイグイ行ってほしかった。

青木宣親のタイムリーで同点に。野村の勝ちが消えました。


8回はターリー。先頭打者・山崎晃大朗フォア、村上宗隆申告敬遠、ワンアウト2塁1塁で松竜に交代。

いきなりサンタナにデッドボールで、満塁。が、山田哲人空振り三振、中村悠平センターフライで打ち取った! そこらの先輩たちより頼りになります。

9回、ヤクルトはマクガフ出してきた。9回ウラの反撃が期待できるからこそ、出せるマクガフ。いいな~。はい、三者凡退。


9回ウラ、点をとられたら負けの状況で、松竜が回またぎ。松竜のこと、働かせすぎです。今年は夢中で投げているだろうけど、来年以降がこわいです。フランスア、中﨑翔太、今村猛を繰り返さないで。

でも松竜、ここも乗り切った! どこぞの先輩たちより頼れます。

延長10回、今日、スタメンでノーヒットの長野久義にヒット出た! のに、會澤バント失敗で併殺。もうダメか~。これまでか~。

いんや、終らなかった、矢野雅哉がヒット! 守備には定評があった矢野。スタメン起用され、停滞ムードのチームにあって、くらいつこうとする姿勢を感じる数少ない選手。

ここで、代打・松山竜平が2塁打! 勝ち越しタイムリー!


10回ウラ、栗林良吏です。8日ぶりです。連続空振り三振で2アウトとって、よっしゃ。の後、丸山和郁にヒット。山田(絶不調なのに~)と中村に連続フォアで、満塁。8日ぶりですもの。でも、栗林(と松竜と矢崎拓也)なら、打たれても諦めがつくというもの。

でも、打たれる気がしないのが、栗林。長岡秀樹、ライトフライで3アウト。久しぶりの喜び。

ヒーローインタビューは松山。アウェイなのに、鹿児島のおじいちゃん・おばあちゃんネタをふってくれたアナウンサーでしたが、あれはマツダスタジアムでやるものと心得、そこはのらなかった控えめ松山、好感もてました。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月24日

新型コロナで選手層の薄さがむき出し


8月24日、ヤクルト戦(神宮球場)、6対2。

1回、西川龍馬が先制ホームラン。よっしゃー。しかし昨日、マクブルームが先制3ランでも、ああいう展開に。素直に喜べません。

九里亜蓮、1回、先頭打者の塩見泰隆の打球が直撃するアクシデント。九里、ベンチに治療に戻って、ブルペンではコルニエルがあわてて準備。カープに次々と降りかかる災難にドヨヨ~ンとなったが、続投。ガッツ見せました。

でも、フォア多かった。球数増えて、4回3失点で降板。頼みの九里もイニング持たず。

明日は野村祐輔というのに。リリーフ陣、総出動となりそうです。しかも、週末の3連戦もあるというのに。栗林良吏が出動する展開になればいいけど(平淡な声)。


5回、秋山翔吾の代わりに登録された大盛穂がスタンドギリギリのホームラン。1点差に迫る。

と、少しでも前向きな気持ちになろうとした5回ウラ、フランスアがマウンドに。点差を広げられる予感。村上宗隆にフォア、盗塁決められて、山田哲人のタイムリーで2点差に。

フランスアは回またぎ。デッドボールあり、フォアあり、村上のタイムリーありで、コルニエルに交代。サンタナの犠牲フライで、4点差。

フランスアの投球にというより、フランスアを酷使してこんな状態にした過去のベンチ陣への怒りがフツフツ。新型コロナでの離脱者多数とはいえ、与えられたチャンスで力を発揮できない薄い選手層をつくった現ベンチ陣への失望も。


7回、ホームランを打った大盛に、代打・中村健人。コーチ陣は、佐々岡監督(および前緒方監督)のやり方を踏襲。なんなんでしょう。選手、育てる気、あるんでしょうか。健人にも育ってほしいが、そういうことでなく。

9回なんて、梅野雄吾にたった4球で、三者凡退。

村上の45本塁打はすごいが、110打点というのも素晴らしい。追随する者なし、ひとり旅状態。今日もフォア2コ、申告敬遠2コだったが、タイムリーも1本。マクブルームは2併殺。


カープ投手陣のフォアが多かったのも顕著だった。ヤクルトは高梨の1コ。カープは九里4、フランスア3、森浦大輔1の7コ。リズムも悪くなるというものだ。

磯村嘉孝も、リードする人ではなく、受けて送球する役目の人みたいになっていた。

DeNAは8連勝。ヤクルトとのゲーム差は4のまま。DeNAファンは「カープ、頼むよ」と思っていることでしょう。ほんと、ごめんなさいね。カープファンもがっかりですよ。週末の直接対決で、がんばって。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年8月23日

矢崎がいないのが痛いな


8月23日、ヤクルト戦(神宮球場)、5対4。

秋山翔吾が発熱、PCR検査の結果待ちのため、登録抹消。はわわ。しかし、1回、マクブルームが先制3ラン。ありがとう、森下暢仁をラクにしてくれて。

森下も、ファンも、3試合連続完封勝ちとかいう球団新記録より、勝ちたかった。森下、なにより勝つの大好きだから(いや、プロならそれが当たり前。でもカープ、プロっぽくない人多いから)。

しかし、3回ウラ、フォア2コ出して、満塁。ここは抑えてガッツポーズ。踏ん張った。でも劇場支配人。

4回ウラ、ここでもフォア出して(暴投も)、満塁。山崎晃大朗の犠牲フライで1失点。

5回ウラも、フォア2コ出して、長岡秀樹の犠牲フライで、2対3。


このとき、ブルペンでは塹江敦哉が準備。それはやめてと思った。塹江のポーン(打たれる音)が出たら、もうすべて台無し。森下、3アウトとって、途中交代はなかったが、5回98球で降板。

2試合連続完封勝ちして、チームの窮地を支えてくれている森下。どんなにチームがドヨヨ~ンとしていても、勝つことだけを考えてプレーしている。朱に交わらない、立派。誠也とか、すぐ顔や態度に出てたもんなぁ(何もかもみな、懐かしい)。

しかし、今日は球数多かった。この後、塹江やケムナ誠が出てきたら、逆転負けするだろう。援護も期待できないし。未来予想図が見えすぎ。


6回、會澤翼の犠牲フライで1点追加。砂漠に水が一瞬染みこむ。でも、一瞬。

6回ウラ、森下に代わって、塹江ではなく、ケムナ誠。どっちにしても負けの香りが漂ってくる。

ヒットとフォアで2アウト2塁1塁。ここで、島内颯太郎に交代。う、うーん。

島内、村上宗隆の逆転3ランを浴びる。もぉ。塹江・ケムナ・島内の、いい球もってるのに信頼薄い3人衆、しっかりせーい。

森下は「次は完投しよう」と、かたく心に誓っただろう。毎回、そう思っているだろうけど。1年目から。


新型コロナでたくさんの選手が離脱したのは痛かったが、こういうとき、矢崎拓也がいないのが、痛い。栗林良吏以外、信頼できるリリーフ陣がいない(先発も超手薄だが)。松本竜也はがんばっている。

7回・8回ウラのターリーと松竜は三者凡退。うむ。がんばっている。

9回、代打・長野久義がヒット。代走・曽根海成が1塁へのけん制が悪送球になるやいなや、3塁へ。よっしゃ。

でーもなー。今日、一番でスタメンの中村健人、ファウルフライ(涙)。犠牲フライ打ってほしかった。羽月隆太郎、ファーストゴロ。長野の次の、代打・松山竜平はファウルフライだったし、もう・・・。

今日も残塁の山。失速してきた青柳晃洋に、森下、勝利数で迫るチャンスだったのに。DeNAとヤクルトとのゲーム差、さらに縮めるチャンスだったのに(怒)。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月21日

ないない尽くしでDeNAに1勝もできず


8月21日、DeNA戦(横浜スタジアム)、3対

ヤクルトにくらいつこうとしているDeNA、モチベーションが違います。

7回、 代打・松山竜平のファウルフライをフェンスに激突してキャッチした宮﨑敏郎の守備からも、そういうの感じます。

いや、いつも通りかもしれない。カープもやることはやってるつもりなんだろうけど、ズリズリ最下位方面に落ちているチームとの差が出た3連戦。

これで、ヤクルトとDeNAは4ゲーム差に。面白いことになってきました。一方、カープは全然面白くないです。試合、ちょっとくらい見逃しても平気になってきたなんて、エンターテイメントじゃない!


1回、大道温貴、楠本泰史に先制ホームラン。また出た、一発攻勢。しかも2回、投手の京山将弥にプロ入り初ホームラン。ハ? 3回には、大将・ 牧秀悟にも一発。

大道、4回3失点で降板。また4回まで。技術はともなわないが、熱い気持ちは持ってたっぽい大道、今日はそれ、どこに置いてきた?

この1週間、森下暢仁と九里亜蓮以外、6回まで投げた先発がゼロ。投手がゲームの土台。リリーフ陣も大変だ。

5回と6回は、島内颯太郎が連続三者凡退。プレッシャーのかかる場面ではなかったが、おつとめ果たす。8回から9回は、ターリーとケムナ誠がなんとか無失点で抑える。


しかし、リリーフ陣が無失点リレーしても、反撃がなければ勝てない。安打の数は、DeNAより1本少ないだけ。

ヒットは出ても、つながらない。「つなぐ野球」も、つながらなきゃ、なんにもならない。長打もない。「ゲゲゲの鬼太郎」の主題歌か。野球は点をとるゲーム。点を、点を。

7回、坂倉将吾ヒット、矢野雅哉デッドボールで、京山から伊勢大夢に交代。

伊勢から点をとるの、難しい。それでも、堂林翔太フォアで、2アウト満塁の大チャンス。でも・・・どうせ長野久義を出すんでしょ?


長野、新型コロナから復帰して、バットに球が当たらなさそう。今年の夏男の期間は短かった。空振り三振、予想を裏切らない打席にガックリ。こら、勝てませんわ。

ただ、まわりからはわからないコロナの影響は個々の選手に残っているのかもしれない。一概に責められないんだけど。今は、いる人で頑張るとき。

伊勢からの、エスコバー、山崎康晃のフルコースで、終了。


今はいる人でがんばるとき。かと言って、場当たり的で、若い選手を育てる舵取りもない。

今日、無失点の京山。期待され続けていたが、そう結果は出ていなかった。でも、DeNAは起用し続けていた。今日はいいピッチングができて、よかったね。

カープは大道や玉村昇悟をいったいどうしたいんだろう。粘り強く育てる気はあるのか?(大道は今のままでは未来が見えないのだけど)。

今日、ラジオで吉井理人さんの面白い話を聞いた。今、ロッテでピッチングコーディネーターという仕事をしているらしい。カープの、球団としての立ち遅れ、展望のなさを感じさせられもするお話。また明日にでも。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月20日

先発がまた持たず。打線は下降気分からのジャーンプ! でも勝ちぬけず


8月20日、DeNA戦(横浜スタジアム)、6対

遠藤淳志、5回5失点。森下暢仁と九里亜蓮以外、先発がクォリティスタートにほど遠い。

遠藤、3試合続けてこんな感じ。新型コロナの影響、根深いものがあるのか。本人にしかわからない感覚があるのだろうけど、遠藤に次回はあるのか?

1回、秋山翔吾・マクブルームラインで、1点先制。よしよし。だったが、直後の1回ウラ、 牧秀悟の2ラン、宮﨑敏郎のソロで、あっというまに3対1。

あれ~。今日もまたダメな日か? と、目を離して戻ったら、5対1になっていた。ますます今日は終わりか?モードに(気分が)。


いやいや、7回、西川龍馬フォア、坂倉将吾ヒットで、石田健大は平田真吾に交代。

すると、會澤翼がタイムリー。うむ。代打・松山竜平がタイムリー。お? しかし、長野久義は空振り三振。むっ。長野、昨日も「球、見えてますかー」というスイング。

だがしかし、堂林翔太がまたしてもタイムリーで、1点差に迫る。おやおやおや、今日はもうちょっと見せてくれるのか?


7回ウラ、塹江敦哉がいきなりフォア。こういうとこ、ほんと頼むわ、堀江・ケナムペア(勝手にペアに)。しかも暴投付き。youは何しにマウンドへ?

2アウト3塁、牧の打席で、松本竜也に交代。松竜、ここは火消しを完了。

8回、マクブルームがホームラン、ついに同点に。ここは同点で終らず、逆転まで持ち込みたいところ。でないと、負けて終ってしまひそう。しかし、同点に終る。


この大事な8回ウラは誰? 松竜が回またぎ、イエス! 今のリリーフ陣の顔ぶれでは、栗林良吏以外なら、松竜がいい。打たれても納得できるのは、いまのカープでは、栗林と矢崎拓也(お休み中)と松竜です。

投げっぷり、向かっていく感じ=逃げない感じとか、塹江やケムナ誠や島内颯太郎より推したい。がんばれ。

ソト2塁打の後、ゴロで3塁へ。ここでカープ戦にめっぽう強い嶺井博希。よりによって、こんなところで。申告敬遠? いえ、勝負です。が、初球にデッドボール。

次、代打で出てきたのが、嶺井同様、カープ戦に強い伊藤光。しかも、チームの仲間がデッドボールを受けた後。これは打つ、報復される。はい、予想にたがわず逆転タイムリー。


9回、中村健人が山崎康晃からヒットもぎとる。代走・曽根海成が盗塁成功! 伊藤悪送球の間に3塁へ。よしよしよしよし。

しかし、堂林翔太の打球はサードゴロ。よりによってそこかーい。曽根3塁までたどり着いたのに、本塁タッチアウト。

連日で最後の打者となった羽月隆太郎、今日はあがく間も与えられず、空振り三振。サラッとおしまい。

ワンサイドゲームで終わるかと思ったが、思いがけず、ひと山、ふた山あった。でも、勝ちきれないのよ、カープ。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月19日

佐々岡監督ベンチにいるの?


8月19日、DeNA戦(横浜スタジアム)、8対

DeNA勝って、ヤクルト負けて、5ゲーム差に。セ・リーグ、面白くなってきました。カープ、面白さに貢献してしまいました。

玉村昇悟、立ち上がりはよかったが、2回、 牧秀悟にソロ。4回、フォア2コで満塁作ったのはいけなかった。

そういうときに限って、カープ戦のチャンスで打つ嶺井博希が打席に。絵に描いたように3点タイムリー。


4回4失点の玉村に次回のチャンスはあるのか。昨日、3回4失点の野村祐輔は、25日のヤクルト戦に先発予定とか。正気か?

昨日のテンポ悪い投球、他の投手にチャンスをと思った。もし次回、不甲斐ない結果だったら、今度こそ降格してほしい(遅いわー)。

佐々岡監督、いるの? いるの? 登録抹消される前の大瀬良大地と同じことが起きてるんですけど。

野村にチャンスを与えるなら、玉村にもう一度チャンスを与えてほしい。


しかし、今日は(も)、ベンチに佐々岡監督がいるのかと思った。

5回、2点ビハインドで森浦大輔。 久々の1軍。ならし的な意図だったのかもしれないが、こんなところで起用するの?

しかも、回またぎで(ちゃんと最初からそう森浦に伝えてあったの?)、6回、宮﨑敏郎にソロを打たれる。

9回、松山竜平に代走なし。5点差とはいえ、諦めずに代走出すって手はないんだ・・・。監督がいてもいなくても、結局、同じようなことするんですね、コーチ陣。


カープ13安打と、DeNAより4安打多かったのに、ちぐはぐ攻撃で3点どまり。

3回、羽月隆太郎、ボテボテのショートゴロをめいっぱい走って、内野安打。しかし、その足を生かせず、盗塁失敗で3アウト。失敗しても、どんどん走ってほしいけど、失敗見飽きた。

4回、打率のジリジリ下がる坂倉将吾にホームランが出た! 滞空時間の長い軌道にうっとり。

ネクストの磯村嘉孝がおっしゃーと気合十分で坂倉を迎え、こういうイキオイって伝播するのかな、磯村もヒット打った(坂倉に打たれて大貫晋一ガックリきたからかもしれないけど)。次は続かなかったけど、印象的だった。

6回、マクブルーム、坂倉ヒット。平田真吾の2塁へのけん制球が悪送球で、1アウト3塁1塁。磯村ここでも打ってタイムリーとなって、1点差に迫る。


ここが潮目だった。矢野雅哉がバント空振りスクイズ失敗、とびだした3塁の坂倉がはさまれ、タッチアウト。結局、矢野サードゴロで3アウト。追加点のチャンス、泡と消える。

絶好の追加点のチャンスだったのに。ここでスクイズが成功していたら、森浦に代打を出して、回またぎしなくて済んだのに。

7回、1塁2塁のチャンスも、マクブルーム空振り三振。8回、エスコバーに三者連続三振。

それでも9回、羽月がファウルで粘って粘って、11球目をショートゴロ。ここでも目いっぱい走って、セーフ判定! も、リクエストで覆り、3アウトとなったが、最後まであがいたのはよかったということにしておこう。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月18日

野村ここまでか? 打線また松葉から点とれない


8月18日、中日戦(マツダスタジアム)、対6。

3試合連続満塁ホームランみたいに、なにも3試合連続完封は期待していなかったが、やっぱり今の野村先輩に先発の荷は重かったか。

先発ローテの離脱者が3人も出た事態の中で、任された野村、3回4失点。

タイプの違う3人とはいえ、一昨日の森下暢仁、昨日の九里亜蓮とのコントラストが強すぎる。

連勝の流れこわさず、6回3失点、いや、せめて5回2失点でまとめてくれたらと思っていたが、野村に未来はあるのか?


それでも、塹江敦哉、コルニエル、島内颯太郎、フランスアがなんとか無失点でつないだ9回、ケムナ誠が連続3塁打と犠牲フライで2失点したのにも、がっかり。

たたでさえ点をとるのが難しい状況なのに、3点差が5点差に広がる。

実績を積み上げそうになっては、それを崩すケムナ(塹江もな)。

今は新型コロナで登録抹消されているが、勝ちパターンを任されるようになった矢崎拓也とのコントラストがここでもくっきり。


それ以上に、打線にがっかり。1回、マクブルームが併殺。2回、坂倉将吾が併殺。4回、西川龍馬のタイムリーで完封負けは阻止したが、松葉貴大から1点しかとれなかった。

阪神の西勇輝や秋山拓巳以上に、松葉打ててないのでは? 何回同じことファンに見せますの? いや、1点とれたのはまだいい方か?

明日は、玉村昇悟(待ってたぞー)。玉村はこのチャンスをしっかり握って放さないように。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

九里に勝ちをつけたかった・・・11回延長サヨナラ勝ち


8月17日、中日戦(マツダスタジアム)、対0。

延長11回サヨナラ勝ち、2試合連続完封勝ち。

昨日、森下暢仁が完封。今日、九里亜蓮は9回134球、無失点の力投。援護があれば、「2試合続けて先発投手の完封劇」の可能性もあった。

前回、7月29日の対戦で7回までノーヒットだった髙橋宏斗、今日もカープは打てなかった。2安打10奪三振。5回、マクブルームにヒットが出て、ホッとする始末。7回、矢野雅哉がヒット。おぉ。すぐさま盗塁失敗で、うぅ。


打てる気配はなかったが、高橋は7回100球で降板。中日はリリーフ陣もいいし、若い高橋に無理させず。

一方、九里は113球を投げていたが、9回も続投。今日もひっぱる佐々岡監督。違った違った、佐々岡監督、いまお休み中。申し送り事項でもあったのかと思うほど、佐々岡イズムが染み渡っているのか、カープベンチ。

しかし、九里のタフさは、カープの宝。

ビシエドにヒット許すも、木下拓哉空振り三振、ビシエド盗塁失敗で、3アウト。シャー! に、キャー! 九里の笑顔の男前なこと。少し前、シャキッとせず信頼を薄くし続けていた九里が帰ってきた!


こんな投球見せられたら、九里に勝ちをつけてあげたい(それは中日の高橋もしかり)。だけども、ロドリゲス、祖父江大輔、谷元圭介にオール三者凡退。

10回、栗林良吏、三者凡退。も、反撃なし。

11回は誰だ? 帰ってきた森浦大輔か? いや、3試合連続失点のターリーだった。

ヒットあり、暴投あり、四球ありとスリリングでしたが、矢野の好守備にも助けられ、最後は抑え、11回ウラへ。


藤嶋健人から磯村嘉孝ヒット(代走・曽根海成)、今日、初スタメンの韮澤雄也が送って、代打・松山竜平が代わった根尾昂からサヨナラ2塁打! 鹿児島のじっちゃん、ばっちゃん、お孫さん、やったよーーー!

九里に勝ちはつけてあげられなかったけど、最後に勝って、九里の力投も報われた。

セカンド・韮澤雄也とショート・矢野雅哉、若い二人も頑張りました。コロナ禍はピンチ。でも、だからこそ、こんなチャンスにも立ち会える。

今日は野村祐輔。野村に完投は求めません。身の丈のイニングでいい。しっかり抑えてもらえたら。問題は、なぜか天敵の松葉貴大を打てるか。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月16日

森下、2試合連続完封! エースですもの


8月16日、中日戦(マツダスタジアム)、対0。

森下暢仁、2試合連続完封勝ちで、10勝目。

「いいピッチングをしたら、次続かないと思われているかもしれないですけど、これからしっかりと続けられるようにがんばります」と、前回のヒーローインタビューで語っていた森下。

森下は今日もやる気だろう。しかも、明大の尊敬する先輩・柳裕也との投げあい。絶対負けないつもりで投げるだろうと思っていた。


でもな~。森下がいくら好投しても、柳から点を取れないと・・・。

という試合前、菊池涼介、野間峻祥、上本崇司、小園海斗、一岡竜司、薮田和樹、矢崎拓也が新型コロナ陽性判定というニュースが。

菊池、小園、矢崎・・・痛い。でも、どのチームも抱えていること。昨年みたいに、起用された選手ががんばってくれることを期待して。

佐々岡監督も陽性判定。監督はどうぞゆっくりお休みください。しかし、河田ヘッドが監督代行というのは、なんかもっと嫌だ、小物感がすごい。


本日の1番は、スタメンになると打たない堂林翔太。しかし、5月22日、柳裕也から決勝打になるホームランを打った堂林。これがハマッた。1回、初球を先頭打者ホームランで先制!

スミイチで終わらず、2回、會澤翼のタイムリー。小園と比べると打線が薄くなりそうと思った矢野雅哉が2ランで3点追加。森下をラクにする。

矢野はプロ入り初ホームラン。5月3日の巨人戦で初スタメンのときにもタイムリーを打ったが、その後は続かなかった。再現性は期待できないかもだけど、お・め・で・と・う。

坂倉がこのとき、ベンチ前で両手をあげてピョンピョン跳び上がって喜びを爆発させていた。元気そうだ(今日はヒットも出ました)。

5回には堂林がソロ。今日は猛打賞。打った打った。


森下、9安打でたびたびランナーは出したが、2試合連続完封はすごい。カード頭はこうでなくちゃ。

床田寛樹、大瀬良大地、アンダーソンと先発ローテが登録抹消される中、エースの自覚も感じます。3年前から私の中ではカープのエースは森下、開幕投手も森下ですけど、なにか?

ところで、薮田、一岡、矢崎が登録抹消されたが、登録された投手は島内颯太郎だけ。

これはどういう・・・今日は森下が長いイニング投げるという想定で? 何が起こるかわからないから、リスク管理どうなってるの? 明日は調整されるのかな?
スポンサーリンク

2022年8月15日

第2戦であんな試合するから


8月14日、巨人戦(東京ドーム)、3対

負け越し。第2戦が肝(きも)だったと思えて仕方ない。

たしかに第2戦の遠藤淳志は4回4失点とリズムをつくれなかったが、第1戦の大瀬良大地も3回5失点と、士気が下がるような投球。それでもリリーフ陣が踏ん張って、逆転劇を呼び込んだ。

毎回毎回勝てるものでないとしても、あの第2戦での打線。4連勝してるチームがあんな戦い方するのかな、って不可解だった。カープ、ときどきある。消化試合みたいな熱量のなさ。

どうにか工夫して塁に出ようとか、もっと上を目指すぞという覇気がなかった。第1戦同様、リリーフ陣が無失点で踏ん張っただけに、何ですかこれは?という感じ。

あんな戦い方したから、第3戦、ものにできなかったように思えて仕方なかった。


先発は今季初登板の大道温貴。巡ってきたチャンス。熱い気持ちは感じるけど、技術がそこまで追いついてないイメージ。

4回、丸佳浩にフォアを出して、中田翔に2ラン浴びる。フォアはいやだ。それにしても、中田はすごかった。

5回、大道に打席が回ってきたとき、走者は誰もいなかったが、代打を送られる。4回2失点。え、もう下げるの? 投げ続けてたらどうなったか何ともわからないけど、リリーフ陣にまた負担をかけるの?

上本、フォアで出塁。野間峻祥ヒットでチャンスを作ったが、菊池涼介はサードゴロ。


今日もリリーフ陣は踏ん張った。薮田和樹が5回6回を無失点。

7回、小園海斗、磯村嘉孝連打で、代打・堂林翔太が空振り三振。毎度毎度打てるとは限らずとも、代打の切り札になりかけているのに、中途半端なスイング、ご立腹です。

野間峻祥が進塁ゴロで、菊池涼介が2点タイムリー、同点に!

昨日より、いい展開。第1戦のときみたいに逆転したかったが、同点どまり。ここで、ちょっと今日は苦しいのかなという感じも。


7回、矢崎拓也が無失点。いいわぁ。この仏頂面(笑うと可愛い)。デビューしたときはこの空気読めなさそうな表情を距離を置いて見ていたが、今では逆にこの感じ、カープにとって貴重な存在。

8回、ターリーが丸にタイムリーを許し、3対2、これが決勝点に。

ターリー、3登板続けて失点。7回に松本竜也、8回に矢崎はどうだろうか。


どちらにしても、点をとれなかった。いい当たりも好守備に阻まれ、今日はついてない日なのかなという感じもあった。坂倉将吾、併殺が多いし。

第2戦、消化試合みたいな打撃するから、自分たちからツキを手放したように思えてしかたなかった。ツーン。

ヤクルト戦と比べ、3回4回でひっこむ(ひっこませる)先発陣のコントラストが強すぎる。試合の土台が作れないようでは。

打線も、昨日今日と物足りなかった。今のオーダー、相手チームとしたら、けっこう嫌な顔ぶれだと思うのだけど。熱のない打席を見せてくれるなと説に切に願う。

スタメンは体裁整ってきたが、控え選手の人選が・・・。お手入れ、お願いします(期待薄)。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月13日

遠藤も打線もどっちもどっち、佐々岡監督仕事して!


8月13日、巨人戦(東京ドーム)、4対

エンドォ~。

昨日、エース(と表向き呼ばれている)大瀬良大地が3回5失点。それでもリリーフ陣が無失点リレーで逆転劇を呼び込んだ。

勝ちパターンの矢崎拓也も栗林良吏も3連投。今日は、できるだけ長いイニングを投げる日だって、わかってましたよね?

1回ウラ、吉川尚輝が出塁。重信慎之介のバスターエンドランと中田翔のタイムリーで、2点先制される。小園海斗の送球エラー、しっかり得点に結びつけられる。

4回ウラには、ポランコと大城卓三にソロ浴びて、4回4失点(自責は3)。昨日に続き、今日も先発があまりに早すぎる降板。ヤクルト戦で先発陣が頑張っていただけに、昨日に続いてガッカリ感が大きい。


それでも、今、カープ打線、イキオイがあるから。と、逆襲を待てど、気配なし。

4回と8回、得点圏のチャンスで西川龍馬に打席がまわってくるも、今日はスカッといかず。泣きそうな顔した直江大輔に結局、プロ初勝利を献上するはめに。

9回、坂倉将吾が大勢からホームラン。完封免れたのはよかった(棒読み)。


大瀬良が登録抹消。よかった、佐々岡監督がまだちょっとはまともな判断できるようで。て、遅い、遅すぎるねん! 全然まともちゃうわ!

今日は遠藤に踏ん張ってほしかったが、まだ本調子じゃないんだろうか。

2軍にいる投手陣。いま、狙い目ですよー。玉村昇悟、どこ行ったーたーたー(由宇練習場にこだまが響く)。


リリーフ陣は今日もなんとか無失点リレー。5回6回をコルニエル、7回フランスア、8回一岡竜司。

フランスアは今季初登板。なつかしかった。デビューしたころ、マウンドに立つのが嬉しそうなフランスアを見るのが大好きだった。

前緒方監督に酷使され、いつのまにか楽しそうな表情から辛そうな表情になった。登板過多はどのチームにもそれなりにあるだろうけど、中﨑翔太も、フランスアも、一岡も、今村猛も、疲弊のあとが拭えない。

中﨑翔太と同様、フランスアはいっときの状態よりはまだよくなったかもしれないが、そういう比較で試合に出すものでもない。


「高津監督は2軍の選手をよく見ている」と、ヤクルトファンのU字工事・益子卓郎さんがラジオで言っていた。だから、2軍コーチとの連携も上手く行ってるって。

佐々岡監督、2軍に目配りしてるか?(してると思えない)

かつて、河田コーチは2軍での小園海斗を見もせずに「まだ鍛錬が必要」って言ってたもんな(忘れまじ)。

落合博満さんは「監督は選手を見るのが仕事」と言っていた。佐々岡監督、仕事してくださいよ。2軍の選手どころか、大瀬良の調子も見極められないんだから。

しかし、今日の打線の熱量のなさはいったい。先発も打線も、どっちもどっちだ。久しぶりに(6日ぶりに)つまらーん。という試合でした。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年8月12日

リリーフ陣と打線が踏ん張って逆転! 4連勝!


8月12日、巨人戦(東京ドーム)、5対

ヤクルトに3連勝したイキオイで、巨人にも3連勝したい。7月に3試合連続満塁ホームランを繰り出したときみたいに、スカッと。

1回、堀田賢慎が、秋山翔吾とマクブルームに連続フォア。そこに西川龍馬がまた打った! 2塁打で、2点先制。

しかし、その直後、大瀬良大地もいきなりフォア~。の、丸佳浩の2ラ~ン。で、あっけなく同点に。

大瀬良、やっぱり今日もか。もうこういうの、やめてほしい。士気が下がる。大瀬良の状態の悪さは何試合も前からわかっていた。投げさせる佐々岡監督が悪い。


3回ウラには、丸のタイムリー、中田翔の2ランで、5対2。大瀬良、3回5失点で降板。登板させた意味あるのか? こうなることは予想できたのに、わざわざ答え合わせしなくても。

しかし、今日もリリーフ陣が踏ん張った。4回と5回を薮田和樹、6回を塹江敦哉、7回をケムナ誠が無失点。

5回、堀田が野間峻祥にいきなりフォア、菊池涼介粘って粘って、10球目にヒット、秋山犠牲フライで1点追加。続いてマクブルームがタイムリー、1点差につめる。もうちょっとだ。

8回、マクブルームヒットで、代走・曽根海成。西川の2塁打で、曽根走って走って、同点のホームイン。久しぶりに代走のエキスパートとしての仕事をした!

しかも、同点で終らなかったのがよかった。小園海斗が犠牲フライで、逆転!


8回ウラ、矢崎拓也が3連投。ごめんよぉ。でも、これは矢崎への信頼の証。今日は負けないぞというベンチの意志。で、無失点に抑えた!

9回ウラ、栗林良吏も3連投。ごめんよぉ。今季、栗林、3連投で打たれたことがあったが、今日はなんと、3者連続空振り三振でフィニッシュ。

明日は、矢崎と栗林を休ませて、それ以外の人たちで踏ん張らなくては。


4月22日、マツダでのDeNA戦。大瀬良は試合前、「魂を込めて投げる」と野手のみんなに伝え、連敗を止めた。

今は、魂を込められる身体の状態じゃないんだと思う。2アウトから打たれることを繰り返した中﨑翔太を降格したように(そういう中﨑を起用するという同じことを繰り返したのは佐々岡監督なんだけどね)、いいかげん、今度こそ大瀬良にリフレッシュを。

もし来週、また先発させることがあったら、「なんでわからんのじゃー」と、暴動を起こしたいくらいの気分です。

秋山が加わって、マクブルームと西川が戻ってきて、小園も復調してきて、打線に活気が。リリーフ陣が踏ん張り、そこを打線が取り返せたのが大きかった。この波を打ち消すようなこと、止めてほしい。

2022年8月11日

ヤクルトに3連勝! でもまだまだ借りは多い


8月11日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)、対3。

そうなったらいいな。が、現実に。ヤクルトに3連勝!

カード頭の森下暢仁から、九里亜蓮、野村祐輔と先発に勝ちがつき、栗林良吏にセーブが2コつく最高の仕上がり。

3回ウラまで、天敵・サイスニードにオール三者凡退だったカープ打線。

しかし、4回ウラ、野間峻祥2塁打、秋山翔吾フォアで、4番の西川龍馬が先制3ラン!

秋山から野間や西川が刺激を受けて、打撃に好影響が波及しているように思えてしまう夏の夜。


野村は5回1失点。野村らしい、つつましいイニング。でも、もういいです。野村、身の丈で投げてくれれば。毎回、ランナーを出すものの、粘った、試合は作った。1失点は、5回、會澤翼の後逸による受難だし(怒)。

2点リードの6回、中﨑翔太が登板。またこういうところで出してくる。いやな、予感が、します。またしても2アウトとってから、サンタナのソロで1点差に。

中村悠平にもヒットを打たれたところで、一岡竜司に交代。ここは一岡抑えて事なきを得たが、もうリードや僅差の場面での中崎、やめて。これで何度目?

せっかく打線の援護も得て、野村にひさかたの勝ちがつくかもしれない試合で、嫌がらせかと思いました(佐々岡監督め)。

昨年よりは調子がいいから・・・という贔屓目じゃなく、誰がコンディションいいか、フラットな眼で起用してほしい。それが出来ないから、不調の大瀬良大地を引っ張り出し続けてるわけなんだけど(プイ)。


しかし、6回ウラ、西川、坂倉将吾連打で、小園海斗にタイムリー。ショート・長岡秀樹が捕球ミスする間に、ランナー3塁1塁に。サイスニードの暴投で、3塁2塁に。ここで、會澤が2点タイムリー(お珍しい)。4点リードに。

7回は矢崎拓也が三者凡退。矢崎なら、打たれても仕方ない。そう思える存在になってきた。これって栗林良吏に通じるものが。

8回は、スリリング、でもハマるときはハマる、ターリー。青木宣親と山田哲人を空振り三振にきったところで、村上宗隆にホームラン打たれる。

村上、22歳で、史上最年少で40号到達。またも王貞治さん(と秋山幸二さん)の記録を超えました。甘い球は見逃しません。

昨日に続き、ターリー、栗林のセーブシチュエーションをセッティング。うーん、よしとしましょう。でも、仏の顔も三度までよ。


正面きって言う解説者はいないけど、ヤクルト独走はカープが原因なことは、カープファンなら知っている。

この3連戦、ヤクルト、打線に元気がない上に、ミスも多かった。でも、これまでヤクルトに負けすぎてきた。これくらい、まだまだだ。

ここまで投打ともにいい流れが続いてる。明日の大瀬良大地がこれをブチ切らないことを願って筆を置く。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク