2020年12月3日

田中広輔がいても、いなくなっても、競争がないと。


11月30日、田中広輔がFA宣言せず、カープに残ることを表明。

河田新ヘッドコーチは熱烈ラブコールしていたようだし、佐々岡監督も「1番・ショート」として期待しているとのこと。

昨年と今年の田中を見て、どうしてそこまで熱く期待できるのか、不思議に思う。よかったころのカープの残影を見ているのではないか、目を覚ませ、客観的になれ、という気持ちにもなる。

成績が振るわなかったのは、コンディションが悪いにもかかわらず、試合に出させ続けたベンチの偏った判断のせいでもあったのだが(特に昨年)。

おかげで田中のイメージがすっかり悪くなってしまった。イメージを悪くする結果になって、田中にとって災難だったかもしれないのだが。


コンディションが整ってくれば、今年以上の活躍をしてくれるかもしれない。三連覇(勝つこと)の経験値も得難いことかもしれない。

それでも、田中の残留を低温で受け止めてしまうのは、田中というより、ベンチ(と球団)の姿勢に問題を感じるから。

過去の成績を重視して、フラットでない選手起用を続けたベンチへの不信感があるから。

不調と好調を見極め、選手を競争させてくれるならいいのだけど、今年の采配を見ていて、同じことがまた繰り返されるのではと不安になる。

いっそ田中が移籍して、小園海斗を育てる環境ができればと思っていたが、それはそれで小園にとって競争のない世界になる。

小園には田中の低位置を奪うくらいガッツを見せてほしい。それしかないね。それをちゃんと見てくれるまともな上司がいるかどうか、同じくらい心配材料だけど。


残留といえば、ソフトバンクの長谷川勇也も、FA件を行使せず、チームに残留することを決めたそうですね。

今年の日本シリーズ、最終的に最も脳に強く残ったのは、第3戦。ツーアウト満塁で代打として呼ばれた長谷川の打席。

いい当たりを見せるが好守に阻まれ、ヘッドスライディングの直後、地面にこぶしを叩きつけてくやしがっていた長谷川。

こんな選手がカープに来てくれたら、よい影響が浸透しそうと淡い夢も抱いたが、ソフトバンクに残るのね。応援してます。

長谷川のガッツとプロ根性を手本にして、どんどん競争してほしい。ぬるま湯はもう結構です。

坂倉将吾が来季、さらに會澤翼をおびやかす存在になればいいと思う。他のポジションもまたしかり。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月30日

丸佳浩の走塁について、もう一度。


昨日のブログのつづき、スポーツライターの小林信也さんの日本シリーズ話、第2弾です。
(11月26日「斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI」文化放送にて)

小林さんは、丸佳浩の走塁についても触れていました。

初戦の4回、丸が1塁ベースを駆け抜けるとき、ファーストを守っていた中村晃の足に接触したという、あの走塁。

私が見ていてた日本テレビの中継では一切触れられず、翌日、カープファンの方が何人かブログで話題にされていて、動画を見て、知りました。

あの不自然な足の動き。丸って、こういうことをする人だったの? と、胸がざらつくような光景でした。


小林さんは、こう語っていました。

故意じゃないということになっているし、次の日、さっそくゲーム前に謝罪に行ったからもういいでしょという感じになっているが、少年野球も含めて、伸ばした足が一塁手の足にぶつかるシーンを見たことはまずない。

故意であったら許されることではないし、たとえ故意でなくても、一塁を安全に駆け抜けられない選手は野球をする資格はないです。

彼が謝りに行ったのはそれでいい。ただ、もし(あり得ないけれど)自分が監督だとしたら、残念だけど丸はこの先日本シリーズに出場する資格はないと、いうぐらいの判断をする。

それぐらいの高い志を持って、いま多くの人たちから批判されている野球をもう一度信頼回復するためにはそこから見直さなければいけないんじゃないかと、すごく思いましたね。(ここまで)


丸の走塁は、明らかに故意であれば、サッカーでいうところのレッドカード。故意でなかったとしても、あういう走塁をした時点で、低く見積もってもイエローカードなのでは。

何のとがめもなく、そのまま試合に出続けた丸。

今回の日本シリーズ。パ・リーグとセ・リーグの力の差を野球の現場にいる人がさほど深刻にとらえていないように見えたことと同じくらい、丸の走塁について、あまり問題視されていなかったことに強い違和感を覚えた。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月29日

パとセの違い・・・ここまでやります、ソフトバンク。


今年の日本シリーズ。ソフトバンクの圧勝=巨人の2年連続ストレート負けは、パ・リーグとセ・リーグの差が歴然なことを改めて知らせてくれる出来事だった。

このままだと、セの野球だけでなく、プロ野球がますます面白くなくなる。けっこう深刻な問題と感じたのだけど、世間的にはそこまで取り沙汰されていないような。

あの惨敗ぶりを見て、セ全体で早急に何とかしなくてはという動きが出てもおかしくないと思ったのだが、今のところその気配はなし(これから出てくるかもしれないが)。

この反応のなさには、少しがっかりしています。新型コロナの影響もあって、今はそれどころではないとしても、だがしかし。

結局、プロ野球全体を面白くしていこう、盛り上げていこうという気(発想)がないのかなって。自分のチームのことしか考えてないのかなって。

カープも、セも、一緒だなって。こんなんじゃ、来年もパに徹底的にうちのめされてしまうでしょう。


11月28日の「追跡LIVE!SPORTSウォッチャー」(テレビ東京)で、パとセの差を埋めるために、里崎智也さんはこんな提案をしていた。

「セもDH制にすればいい」と言う人もいるが、そう簡単な問題ではない。DH制にしたくない人もいる。そこで、交流戦を24試合から36試合に戻せばいい。コテンパンにやられてもいいから、パの打者をどう抑えるかという場をつくること、と。

具体的で実行可能なアイデアでいいなと思った。新型コロナの先行きが読めないので、来年可能かどうかはさておいてとしても。

一方、番組コメンテーターの中畑清さんは、「そんなことの前に、イチから(ゼロから?)身体を作り直してほしい」と話していた。

それはもう基本のこと。それぞれが力量を上げていこうとするのはプロとして当然とのこと。各チームが今すぐにでもやっていけばいいこと。

それ以上に、セの構造というか、人気に甘んじて球界全体を盛り上げる発想や工夫がなかったことを変えていかないと、変わらないんじゃないかという気がしている。

なんだか個人の精神論で何とかする発想にも思え、だからセは変わらないのかなとも思った。


11月26日、たまたま「斉藤一美 ニュースワイド SAKIDORI」(文化放送)というラジオ番組で、スポーツライターの小林信也さんが今回の日本シリーズについて語っているのを聞いた。

この試合結果は、日本プロ野球の危機。セパの構造、日本シリーズが最後の試合という構造が成立しないくらい深刻なことなんだけど、当事者のみなさんは考えているのかな、と。

采配や戦術・戦力・育成の差はもちろんだけれど、もっと本質的なことがある。ソフトバンクは球団を作っていく姿勢が違う、と(一方、巨人は場当たり的になんとか今年の戦力を整えようという感じ)。


小林さんの友人で、海外の企業研修で日本を訪れた人たちが何か日本で体験したいというプロジェクトのお手伝いをしている人がいて、香港からの研修生が野球を体験したいという話が持ち上がったそう。

これは、野球が日本の文化の一つと思ってもらっている、ということでもあります。

名古屋でやったときは中学生の野球チームに手伝ってもらったそう。「今度、福岡でやるから、誰か野球指導してくれない? 」と相談されて、まっさきにソフトバンクに聞いてみた小林さん。

実は、中日に打診したときはけんもほろろだったとか。でも、ソフトバンクは、全部うちでやります。施設も押さえます。スタジアムがダメなら二軍の球場で、OBも含めてコーチングスタッフも全部提供します。日程があえば、夜はゲーム観戦もいかがですか?とまで提案してくれたそう。

世界中で野球を好きになってくれる人がいるんだったら、我々で出来ることは何でもやりますという姿勢がまず違う、と。

そして、小林さんは「あのこと」についても触れていました。
(つづく)


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月27日

またバントですか、河田新ヘッドコーチ。


11月25日、日本シリーズが終わった。巨人のせいで4戦しか見られず、今年のプロ野球が終わった。

でも、4戦で終わってよかった。巨人とセ・リーグの弱さが露呈して。 セのチームはマイナスからの出発のつもりで、チームづくりだ!

しかし、11月26日の「ディリースポーツ」によると、カープの河田新ヘッドコーチは「バントができません、エンドランで空振りをする、では勝てない」と、春のキャンプでバント強化の方針を明言したとか。

いや、バントがきっちり決められることは大事ですよ。送りバント失敗の場面を見るたび、「ちゃんと練習しとんのか~」と、怒りたくなることはあります。基本の練習は大切です。

11月26日のブログで、セとパの力の差を刻みつけるためにも、「セ・リーグの選手や関係者は、この日本シリーズを見た方がいい」と書いたが、河田ヘッドは日本シリーズを見てなかったんかーい?


佐々岡監督は「守り勝つ野球」を掲げているようだが、ソフトバンクは投手陣が充実している上に、どんどん攻め勝っていく野球。

バントでコツコツ点を取っても、ソフトバンクの攻撃の前ではひとっ飛び、ふたっ飛びですな。

いまだにバントについて真っ先に熱く語っているなんて、河田ヘッド、大丈夫か。ガラパゴス化してないか。

あの頃(連覇時代)はよかったなんて、景気のよかった日本をいつまでも懐かしんでいる政治家のようになっていないだろうな?

2017年、退団が決まった野ににもかかわらず、優勝のハワイ旅行には参加していたという明るい人柄。もの言うヘッドとして、チームに活気を与えてほしいけれど、セという箱庭の中だけでなく、広い視野をもってチームづくりしてほしいです。切に。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月26日

カープの人たちは日本シリーズを見ていただろうか?・・・日本シリーズ4回戦


11月25日、日本シリーズ、ソフトバンクvs.巨人4回戦。4対1で、ソフトバンクが優勝。巨人は2年連続ストレート負け(略してストマ)。

巨人は1回、坂本勇人のタイムリーで1点先制。巨人ファンに逆襲の期待を抱かせたかもしれないが、それ止まり。

優勝が決まったとき、ソフトバンクの選手たちは、「自分たちは当たり前の仕事をしただけ」と、落ち着いて見えた。

こんなにも弱いチームが相手。大喜びするほどのことでもないようにも感じてしまう。でも、手は抜きませんよ。


パワーのあるピッチャー、全員がフルスイングしてくる打者。流れが悪くなりそうなタイミングではちゃんと捕手の甲斐拓也がピッチャーに声をかけにいく。内野手もまたしかり。次の塁を狙う走塁の意識も高い。

当たり前のことをしっかりとやっているだけ。その細部の積み重ねの差も大きくなって表れているように感じた。

ともに資金力にものを言わせて補強をしてきたチーム同士たが、ソフトバンクは若い選手が何人も育って活躍している(巨人だって、若手を抜擢してペナントレース中は評価されていたが)。

試合を見ながら、「セ・リーグの選手や関係者は、この日本シリーズを見た方がいい」と思った。


中田英寿がイタリアのサッカーリーグ、セリエAのペルージャに移籍して衝撃デビューをしたとき、ある日本のサッカー選手は「その試合を見ていませんでした」と、へラッと答えていた。

シーズン中は自分がプレーをすることに忙しいから中継を見る時間はないのかもしれないけれど、レベルの高いリーグの試合を見て、研究したり参考にしようという意識はないのかな? と、素朴に驚いたことがある。ライバル心もあって、見ないふりしたのかもしれないけれど。

今はオフシーズン。時間はある。この4連戦をじっくり見れば、セの選手・関係者は思うところ大きいはずだ。

ヤクルトからソフトバンクに移籍したバレンティンは出る幕もなかった。オリックスから移籍した阪神の西勇輝は今やセのエース扱い。何なんですか、この差は。

現実を直視して、いま、セに足りないものを脳に刻みつけて、工夫を考え積み重ねていかないと。ガラパゴスの楽園でのんびりしていては、野球が面白くなくなってしまう。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月25日

カープにこんな選手がいてくれたら・・・日本シリーズ3回戦


11月24日、日本シリーズ、ソフトバンクvs.巨人3回戦。4対0で、ソフトバンクが3連勝。

1回表、牧原大成が悪送球。珍しく守備のエラーが出る。でも、それを引きずることなく、その後、随所に引き締まった守備を見せるソフトバンク。

3回裏、中村晃が2ラン放ってソフトバンクが2点先制。

中村晃、チャンスの場面で何かしてくれるイメージの強い選手。いいですね。こんな選手、カープにいてくれたらいいのに。ガキ大将のような面構えと、ヒーローインタビューでの好青年な感じも、またいい。


6回裏、ツーアウト満塁の場面で、代打に長谷川勇也。初球をしとめ、いい当たりを見せたが、セカンド吉川尚輝の好守備で、ヘッドスライディングするもアウトに。

このとき、長谷川はこぶしをグラウンドに叩きつけて悔しがっていた。2点リードしているのに。勝っているのに。

長谷川は今季、新型コロナに感染して戦線離脱するという出来事もあった。35歳のベテラン。若い選手が台頭するチームで、与えられた1打席でチャンスを活かしたい強い思いもあったと思う。

それくらいチーム内での競争の厳しさも感じる。チャンスを活かせなかったことをこんなに悔しがる姿勢を見せた打者は、今季のカープにどれくらいいただろう。

追加点はとれなかったが、ベンチに戻る長谷川へ、ファンからも、ベンチからも、リスペクトの気持ちを感じた。こんな選手がカープに・・・の第2弾だ。


ムーア、モイネロの完封リレーで迎えた9回裏、森唯斗から丸佳浩がチーム初安打。この日本シリーズ、まったく存在感のなかった丸がかろうじてノーヒットを防いだ。

大量失点こそ免れたものの、もうどうしていいかわからない無力感と悲壮感が、原監督からも、選手たちからも見てとれた。

2年連続でここまで力の差を見せつけられると、パ・リーグファンにとって、セ・リーグファンにとって、つまりはプロ野球ファンにとって、見ていて楽しいとは言えないと思った。


ソフトバンクの選手層の厚さに感服した日本シリーズ。それは、パの層の厚さをも感じさせる。

パワーのあるピッチャーと、フルスイングで立ち向かうバッターがあまたいるチーム同士で切磋琢磨してきたことが積み重なって、パの強さが際立ってきた歴史まで見せられるような思い。

パは、パ・リーグTVを立ち上げて、リーグ全体を盛り上げようという試みもしてきた。

一方、セは人気があることにあぐらをかいて、それぞれの利益優先。野球界全体を盛り上げようという意識が低い。DAZNで全球団の試合が見られないなんて、な。

セは根本的に見直さないと、ガラパゴスみたいになってしまう(もうすでになっている?)。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク

2020年11月23日

これはもはや試合ではない・・・日本シリーズ2回戦


11月22日、日本シリーズ、巨人vs.ソフトバンク2回戦。2対13でソフトバンクが圧勝。

巨人の先発・今村信貴は4失点で、2回途中で早くも降板。代わった戸郷翔征も2失点。

カープが点を取れず手こずった相手から、いともたやすくと思えるくらい、ポンポン打つソフトバンク。

7回、鍵谷陽平はデスパイネから満塁ホームランを打たれ、2対11。バッテリーを組む大城卓三ともども、呆然としていた。まるで漫画のひとコマのよう。ぽっかりとした間が生まれた。

ソフトバンクにとって、ここまで手ごたえがないに近い試合。競り合ってしびれる場面もなし。勝負していて楽しいのかと思うくらいのワンサイドゲーム。

それでも、大量点を取ろうが、少々取られようが、いつも通りに仕事するソフトバンク。

塁に出たどの選手にも次の塁を狙う走塁の意識が高く、緩慢プレーなどなし。見習おう、カープ。


巨人は大量に点を取られるうえに、エラーも出て、見ていて痛々しかった。

これはリーグ覇者同士の勝負というより、ソフトバンクが自らの強さを確認するためのゲームに思えた。

セ・リーグがいかに小さな箱庭の中で勝負しているかを改めて知らされるような気分。

試合の流れを渡さないよう小刻みに継投を繰り出す工藤監督。出す投手出す投手、打たれ、次々に変えざるを得ない原監督。

もういっそ増田大輝をまたマウンドに上げてみては。それもまた、エンターテイメント。なんて余裕もない気配ですが。

もういっそソフトバンクにはこのまま2年連続ストレート勝ちして、伝統と歴史ある常勝軍団とプライドの旗をふる球団を大人しくさせてほしい。

しかし、カープが対戦していたとしたら、いったい・・・。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 


スポンサーリンク