2020年9月20日

森下暢仁、こんなチームで申し訳ない。


9月19日、ヤクルト戦(神宮球場)。2対3で延長制す。

この日は森下暢仁デー。いま、カープ観戦にあって一番の楽しみな日。それなのに、それなのに。

1回、長野久義のタイムリーで1点先制。ところがこの後、満塁のチャンスで堂林翔太が凡退。またですか。いやな予兆。

2回、森下は村上宗隆にフォアを与え、阪口智隆に2ランを浴び、1対2と逆転される。

しかし、その後は無失点。


一方、カープ打線。安打数は多いのに、得点につながらず。

4番の鈴木誠也がチャンスの場面でたびたびストッパーになっていた。期待していない田中広輔は4安打。8番でヒットが出るも、前後でつながらない。なんとも、ちぐはぐ。

打線の援護はなくとも、けなげに好投を続ける森下。この力投で波を呼び寄せて!  と心の中で叫べども、打線は応えず。

森下は、7回2失点(111球)と、非の打ち所がない投球内容で降板。何とかしてくれ、打線。この日はもう、こればっかり。

8回、堂林がソロを放ち、2対2。森下の負けは消える。が、ほしいのは、勝ち。



続いて、田中広輔が2塁打。

代打のピレラ。「打ってーーーーー」と叫んで、フォア。よし。

大盛穂、「打ってーーーーー」と叫んで、空振三振。うぅ。

菊池涼介、「菊池ーーーーー」と叫べども、ゴロで同点どまり。

なんかもう、やさぐれそうです。昨年は、床田寛樹の登板で、何度もこんな気持ちになったことを思い出しました。

8回は塹江敦哉、9回はフランスアがともに三者凡退。この日は、前日と打って変わって、ほんとうに投手陣が奮闘。目をかっと見開いて応えてほしい、打線。

9回、やっと鈴木にヒットが出るも、松山竜平が併殺。はぁぁぁぁ。


延長10回、ヤクルトもクローザーの石山泰稚が回またぎ。堂林が打った。田中も打った。そこに大盛がヘッドスライディングで1打点。2対3と、やっとスコアボードが動く。

カープもフランスアが続投。9回に続き、三者凡退。勝った。

勝ててよかった。しかし、森下に勝ちをつけたかった。

野球は9人でやるスポーツ。一人の選手がいくらがんばっても報われないことは日常茶飯事。

とわかってはいながらも、新人賞を争う巨人の戸郷翔征が18日、5失点して7勝にとどまり、この日森下に勝ちがつけば勝ち数で並ぶところだった。

森下、こんなチームで申し訳ない。と、詫びたくなるゲームであった。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

2020年9月19日

投手陣、打たれすぎ。4番の鈴木誠也もチャンスで見逃し。


9月18日、ヤクルト戦(神宮球場)。14対5で大敗。

ヤクルトの先発は、防御率低しのスアレス。1回、たった8球で片づけられる。

一方、カープの先発・床田寛樹は、先頭打者ひとりに9球。ワンアウトをとらぬうちに満塁つくって、35球でやっと終わる。1失点で済んだところが、最下位決戦ならではなのか。

ところが2回、松山竜平のタイムリーで同点に。

ですが、2回裏、床田が2ラン浴びて、3対1。

しかし3回、床田が自ら2塁打、大盛穂続いて、菊池涼介の3ランで、3対4と逆転。スアレスから4点取れるとは、予想外のうれしい展開。


でしたが5回、床田が、また打たれ始める。

兆候が出たところでサッと早めの継投で切り替えてほしかったが、ここでも佐々岡監督がなかなか動かない。3失点したところで、やっと交代。

菊池保則が登場。5回で菊池か。早めの回での印象がよくない菊池。予感は敵中。暴投を交え、2点タイムリーを与える。自責点はゼロとは言え、ちょっとちょっとー(ボッ、噴火)。

6回の高橋樹也がまたもろく。ワンアウト取らぬうちに、あっという間に満塁。3失点したところで、1回を持たずに矢崎拓也に交代(ボッ、ボッ。2度目の噴火)。

矢崎が代りばな、暴投するわ死球与えるわで、どうなることかと思いましたが、その後、鎮火して終わる。


7回、代打の正隨優弥がプロ入り初ソロホームランで1点追加。5対11と大差はあれど、やりました!

メヒアが山田哲人のエラーで出塁。ここで小さな波が、流れが、カープにやってきた予感。

そこに大盛がヒット(やりました!)、ピレラが四球と、ワンアウト満塁のチャンス。

だがしかし、4番の鈴木誠也は見逃し三振、5番の松山竜平はファーストフライに終わる。あぁ、もう今日は(大差つけられてはいたけど)、ここで終わったなと思った。

8回、矢崎は村上宗隆に3ラン浴びてるし、もうめちゃくちゃ。

スアレスから珍しく点をとれたというのに、投手陣の打たれっぷりのよさに、またしても気持ちが平坦に。無表情に。

正隨と大盛の躍動がせめてもの喜び。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

2020年9月18日

小園海斗と坂倉将吾のスイング


先日、知人から、こんな面白い話を教えてもらいました。

人間が手足を動かすとき、薬指を外側に旋回させて使うタイプ、内側に旋回させるタイプ、人差し指を外側に旋回させるタイプ、内側に旋回させるタイプの4種類があるそうです。

たとえばドアノブに手をかけるとき、手のひらを上に向けてドアノブの下半分を包むようにして回しますか? それとも、手のひらをドアノブの上部に触れて回しますか?

意識したことがなかったけれど、たしかに身体の動かし方って決まっているな、と。

黒川伊保子さんの『前向きに生きるなんてばかばかしい』(マガジンハウス、2018)によると、人の身体の動かし方には4タイプあって、それは一生変わらないとのこと。

身体の動かし方(脳からの指令や筋肉の性質)は先天的に決まっているから、どの人に同じ指導をしても効果が出ない(その人に合った指導をしないと効果が出ない)とのこと。


それを聞いて思い浮かんだのが、プロ野球の打撃コーチ(投手コーチ)がよかれと思って、身体の動きについてアドバイス(指導)していることが、実はその選手の身体の動きにはあっていなくて、まったく的外れなことがあったりしないか、ということ。

昨年、カープの東出打撃コーチが、思い切りのいいスイングが持ち味の小園海斗にコンパクトなスイングを指導して、かえって小園のよさを消そうとしていたような。

そこまで理解して指導している人がどれくらいいるのか。なかなか興味深い話でした。


しばらく前、野球中継の折り、山本浩二さんが坂倉将吾のスイングをほめていました。坂倉のどこがいいのかをアナウンサーにたずねられ、「動きに遊び(無駄)がない」と答えていました。

この山本さんの言葉になるほど~と思った後、森博嗣さんの『森心地の日々』(講談社、2020)の中で、こんな文章に出会いました。

鳥は飛んでいるときに、ほとんど羽ばたき音が聞こえません。これは、四つ足の動物も同じで、かなり全力疾走していても、音がほとんどしません。電気自動車になっても、オフロードを走ると、タイヤを地面が擦れる音がします。機械はまだ無駄な仕事をしているようです。

たしかに、たしかに。

坂倉の動物的な(?)スイングを観るのが楽しみ。そろそろ、小園の気持ちいいスイングも1軍で見たいですよ。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

2020年9月17日

久しぶりに投打がわりと噛み合った?


9月16日、中日戦(マツダスタジアム)。9対2で、2連勝。

前日には九里亜蓮が力投、前回完封負けした大野雄大にリベンジ。6対3で、連敗ストップ。

この日は、野村祐輔が6回途中で降板。6回まで投げきってほしかったとこだけど、前日に続き、先発投手に勝ちがつくのはやっぱりいいものです。

打線も珍しくコンスタントに得点。いくら点を取っても、取りすぎということはまったくないカープ。6回、長野久義の2点タイムリーは嬉しかったですね。

大盛穂は1回に先頭打者ヒットで出塁、ホームベースを踏んで帰ってくる。8回には犠牲フライで打点もあげる。一番バッターにぜひ定着してほしい。

ベテランと若手の覇気が織り交ぜられた攻撃は、やっぱりいいものです(本日2度目)。


ところで、大瀬良大地の右肘手術のニュースはショックでした。明らかにどこかおかしそうと思われる投球に状態のよくなさは覚悟してはいたものの。

できれば大瀬良には、違和感があったなら、もっと早く申し出てほしかった。

責任感とかそういうことより、身体が一番大切。その方が、結局は自分のためにもチームのためにもなるのだから。

それと同様、近くにいたコーチや、投手経験のある佐々岡監督は大瀬良の異変に気づいていなかったのか、ちゃんと選手を見ていたのか、不信感がますますプスプスくすぶります。


連日のごとく、かりだされ奮闘しているケナム誠の登板過多が心配です。この日は、塹江敦哉とフランスアを休ませることが出来てよかったけれど。

相変わらず、競った場面で結果が出ない島内颯太郎。経験を経る中で化けていくのかもしれないが(それを周囲は待っているのだろうが)。

どんなにいい球を投げることができても、試合のここぞのところでそれが出せないのだとしたら、どうなのかしら? いっそ一度、先発で試してみては。どんな投球をするのか、見てみたい気も。

大瀬良もいなくなり、新人の森下暢仁に負担が大きくかかりそうで、心配。でも、もうすでに来年の開幕投手の絵が脳内に浮かんでいます。がんばれ!(ちゃんと休んで!)


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

〔関連記事〕
大瀬良大地よ、ちょっと待て。
島内颯太郎は一生負けパターンなのか

2020年9月13日

負けても悔しい気持ちすら起こらなくなってきた


9月12日、阪神戦(阪神甲子園球場)。1対3で、今日もあっさり終わる。

先発の遠藤淳志は初回にフォアを出し、3点先制される。またか、またなのかと、苦手投手を打てない打線同様、デジャブかと思いましたが、2回以降は持ち直す。

ところが、5回途中、アクシデントで降板。

立ち上がりに乱れることが多い遠藤ですが、それでもローテーションを守ってくれている貴重な存在。大ごとでなければいいのですが。


それより打線です。西勇輝に続き、秋山拓巳を打てないこと打てないこと。

打線は、1回は7球で終わり、2回は5球・・・。ポンポンポンポン毎度おなじみ、あっさり打線。

カープ相手だと阪神はラクそう(阪神だけに限らないが)。プロ同士の戦いですから、そんな気を抜けるものではないだろうけれど、まるでそんなふうに見えてしまう展開。

8回、菊池涼介のタイムリーで一矢報いたが、そこまで止まり。

前日と同じような試合を続けて見せられて、負けても悔しさがないことに気づく。こんな気持ちになったことは、さすがに今までなかった。

負けて当然だなって。だって弱いんだもの。工夫が見えない。勝ちたい気持ちが伝わってこない。

ファンを傍観者のような気持ちにさせるなんて、重症です、カープ。

明日は、 藤浪晋太郎と薮田和樹の荒れ球対決です。どうなりますか(淡々)。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

〔関連記事〕
もしもーし、お客さんが見てるんですよ。
工夫の足りないお店ですか、カープは。
勝ちたい気持ちはごまかせない

2020年9月12日

工夫の足りないお店ですか、カープは。


9月11日、阪神戦(阪神甲子園球場)。0対4。西勇輝に完封負け。

あれ? なんか見たことあるような・・・。また完封。何度目の光景。見飽きた光景。

野村克也さんは「野球は頭のスポーツだ」と、常々おっしゃっていた。言い換えれば、「頭を使うともっと面白くなるスポーツだ」ということだと思います。

これは、どんなスポーツにも仕事にも言えること。

頭を使わなくても、ゲームをすることはできる。さよう、まるで今のカープがまさにそう。

今シーズン、何度、完封負け(完投勝ち)を相手チームに与えたことか。

覇気がない試合をお金を払って球場に来ている(映像を見ている)お客さんに見せることに慣れすぎていないか、カープ。

覇気というと、メラメラ意気込む「気持ち」の問題と思われそうだが、相手の観察をし、戦略を練って工夫して、日々準備をするという「頭(脳)」にかかわることだと思う。

いつも打てない西相手に、毎度のごとく打てないまま負けている。もう見飽きた!


新井貴浩さんがこんな助言をしてくれてます。

今後、どう攻略していけばいいのか。一つの手としては、打者は詰まらせるくらいのつもりで打席に入ってみてはどうか。打者心理としては詰まるのを嫌がる習性があるが、あえて勇気を持って、詰まってもいいぐらいの感覚で臨んだ方が自分のスイングができるのではないだろうか。始動やタイミングを遅らせるのではなく、そこは同じままで意識だけを変えてみてもおもしろい。まともにいっても攻略できない時は、あえて発想の転換をすることで突破口が開けることもある。(「デイリースポーツ」)

工夫のない繰り返しを見ていると、お客さんの減っていくお店を見ているよう。行きたくなるお店って、経営者やそこで働くスタッフに工夫が見られますもの。美は細部にやどるですよ。

新井さん、打撃コーチになって。

41日ぶりに復帰登板したという床田。いつのまにそんなに月日が。

5回2失点と、まずまずの仕事をしてくれました。なんで5回で降板なのか。人手不足な現状なのに、人の使い方がよくわからない佐々岡監督。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

〔関連記事〕
もしもーし、お客さんが見てるんですよ。
九里亜蓮の好投を台無しにしたベンチ

2020年9月11日

こうなったら森下暢仁に何としてでも新人賞を


9月10日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)。2対1。まさか1点リードを守り勝てるとは。

しかも1回、3つのフォアとワイルドピッチで授かったワンアウト満塁のチャンスを松山竜平が併殺と生かせず、またか?という気持ちで始まったので。

しかし、森下暢仁が7回1失点で、6勝目。チームトップです。新人ながら勝ち頭です。素晴らしい反面、カープの投手陣の頼りなさがくっきりです。

4回に、長野久義のタイムリーで1点先制。

6回、阪口智隆にホームランを打たれ同点に。

7回、代打・大盛穂が2塁打を放ち、ピレラの進塁ゴロの後、菊池涼介の2塁打で2対1に。大盛、いい仕事しました。

しかし、前日、大盛はスタメン出場して3安打しているのに、翌日はベンチスタート。活躍した翌日はスタメン外しという「きまり」でもあるかのような、不可解な佐々岡采配がまた勃発。素直に行こう、素直に。

8回、松山がヒットで出塁、代走の曽根海成が盗塁を決めたのち、長野のゴロで3塁へ進塁。

さぁ、もう1点(でも2点でも)ここで入れておこう。という場面で、坂倉将吾に代打、會澤翼が登場。え、坂倉に打席に立たせて、次の田中広輔に代打でいいんじゃないの? ご両人とも空振り三振で終わり。

1点差を守りきれたことがあるのかという今シーズンのカープ。

しかし、8回のケナム誠、よかった。もうケナムは勝ちパターンでお願いします。

となると9回は誰?連投(しかも前日回またぎ)のフランスア。

ノーアウトの場面で、會澤のキャッチャーマスクにファウルボールが直撃し、心配な退場。白濱裕太がマスクをかぶることに。

スリリングではありましたが、無失点に抑え、エックス勝ち。

こんなことがあるから、サッカーのゴールキーパー同様、キャッチャーは3人以上置かないと、なのですね。8回、坂倉の交代は不要だったように思うのだけど。

ともあれ、森下に勝ちがついてよかった。野手たちに「勝たせたい」と思わせるピッチャーなのではと推測しています。

巨人打線が守る戸豪翔征相手に、新人王の条件は不利だが、森下がんばれ、カープがんばれ。


にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

〔関連記事〕
もしもカープに森下暢仁がいなかったら(寒気)
森下暢仁プロ初完封、野手も冴えた守備で、呼吸もピッタリ。
森下暢仁、野球を知っていると感じさせる投球で2勝目。