2022年11月27日

キャプテン制終了、キャッチフレーズもいりませんよ


11月27日、W杯カタール大会、日本代表、コスタリカに0対1で負けました。

11月24日、ドイツに逆転勝ちして高揚し、疲労もし、「次もいける」とリーグ突破のチャンスが見えて、対戦成績で分があったコスタリカ相手に油断するつもりはなくても、張り詰めてたものが少しゆるんだような。

ドイツ戦で負傷者が出たのでメンバーチェンジはあるとしても、それ以外もメンバーを変えてきた。上手くいった~試合の次にスタメン変える~佐々岡&緒方カープかな~(一首)。

ドイツ戦で途中出場だった堂安律も、今日は先発。「俺が決める」の気持ちの強い選手(FWだもの当たり前)。今日も決めたくて焦っているように見えた。


終始、ボールを支配していたのは日本。シュートの数もコスタリカの3倍。でも、コスタリカはここぞのところで決めた。ライオンのような一撃で、とどめをさした。

塁には出るけど、残塁の山。そんな今季のカープが頭のすみっこに浮かぶ。W杯とカープを同等に語るのはあまりにおこがましい。だが、点が、点がとれへ~ん。

日本が一方的に攻めているように見えて、コスタリカのディフェンスは崩せず、コスタリカのペースにからめとられているように見えた。


ドイツ戦の逆転劇は素晴らしかったけれど、思えば、レベルの高いドイツが、日本代表の力を引き上げてくれたかのようなドイツ戦。今日のコスタリカに勝ってこそ、ほんとうに強いチーム。

ドリブル突破の三笘薫にもっとボールを集めてほしかった。俯瞰する眼のようなものが今日のチームには感じられなかった。

リーグ突破は厳しくなったけど、スペイン戦は楽しみ。スペインのサッカー、一級品のサッカーを見ることができる、それこそがW杯。

そう思って見たドイツ戦で、日本、勝った。すごいもの見せてもらいました。


新井さん、来季はキャプテン制をしかない宣言。それでいいんだ、それで。そもそも部活じゃあるまいし、キャプテンてなんだ? なくてよろしと思っていたので、またまたスカッと爽やか。

キャッチフレーズもいらないと思いますけど。「がががが がむしゃら」て。目が泳ぐ。よりいっそう、いりません感が増し増し。

新井さんは「素晴らしいんじゃないですか。『がむしゃらの最上級』と思ってもらえばいいですね」って。(「デイリースポーツ」)

せっかく球団が容易してくれたもの、無碍にはできませんの大人発言と受け取った。もうキャッチフレーズなんて何でもいいです、自分たちは自分たちでゴンゴン行きますからという豪快さを感じる(そう思いたい)。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月24日

堂安と浅野の強気な顔、こうでなくちゃ


11月24日、W杯カタール大会、日本代表がドイツに勝った。

逆転劇と歓声に気持ちが高ぶって、布団に入っても頭が冴えていた(今年の日本シリーズ第5戦、吉田正尚の逆転ホームランのときもそうだった)。

同点ゴールの堂安律も、逆転ゴールの浅野拓磨も、「自分が決める」という意志を持った、強気ないい顔してた。

浅野は前回のロシア大会で代表に選ばれず、サブメンバーとしてチームに帯動という悔しさを経験。「この日、この瞬間のためだけに4年半前から準備してきた」と言っていた。

この言葉、背番号22に聞かせてやりたい。しっかりせんかーい。


ドイツ選手のパスがビリヤードのようにカンカンカーンと正確、おまけに速い(これを見た後では、韓国とウルグアイの試合がのったり感じるほど)。

防戦一方の前半。後半くたくたになって、ドイツに怒涛のゴールラッシュされる。という筋書きになるかと思った。

この試合、ボールの支配率はドイツが65%、日本は22%。ゴールの枠内に飛んだシュートがドイツ9本、日本は3本。キーパーの権田修一にとって負荷が高い試合になった。


前半にPKを与え、1失点した権田。でも、後半、ファインセーブを連発。

ゴールを決めた堂安と浅野も素晴らしかったけれど、権田もすごかった。ここから流れが変わってくるような気がした。

前日、サウジアラビアがアルゼンチンにジャイアントキリングしたことも、希望の光になっていた。ら、ほんとうに逆転劇が起きた。

日本代表が一段高いステージに上がったのを目撃した南アフリカ大会。ドイツに勝つとは。以前はチームに数名しかいなかった「海外組」。もはやこの言葉も死語、海外でのプレー経験のない選手の方が今はむしろ少数派。隔世の感が。



新井さんも、野球と重ね合わせながら、この試合を見ていたようだ。

「(勝因は)やっぱりあの守備ですよね。後から出場した選手が〈同点打〉〈決勝打を打ったけど、そこまで〈ピッチャー陣〉がしっかり最少失点で頑張っていた、というふうに野球とダブらせて見ていた」(「日刊スポーツ」)

そういう見立てができるのがセンスだと私は思っている。強いチームは点を与えない。点を取られても取り返す。私もそんなことを重ねながら見ていました。


でも、新井さん、「こういう見方は初めてしたんじゃないかな。今まではヨッシャー、ウォーみたいな感じで、いちファンとして見ていたけど、職業が変わったんで(監督になったので)、そういう見方になってしまう」とも。

今まではそこまで考えてなかったんかーい。ズコ~ン。

この試合では、選手の活躍はもちろん素晴らしかったが、戦術の変更、選手起用と、森保監督の采配がことごとくはまったのも気持ちよかった。

新井さん、新井さん。選手の戦い方だけでなく、どんな素晴らしい選手がいても、誰をいつ起用するかで試合の流れ・結果が変わっていくという、そこのところも見ていてくれたかな。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月22日

新井さんのサービス精神、球団こそ見習え


11月21日、日南の秋季キャンプを打ち上げ。最後は、新井さん、選手、コーチ、スタッフ全員でタッチして終る。(「デイリースポーツ」)

なんなんだ、この明るさ、爽やかさはー!

監督に就任してからというもの、新井さん自らがスポークスマンのように、いろんな発信をしてくれている(というか、それが記事になってこちらに伝わってくる)。

打ち上げ後のインタビューがまた、新井さん全開。(「日刊スポーツ」)

「1軍キャンプだから、2軍キャンプだからというのは枠的なものもある。2軍スタートになったからといって、悲観することは何もないよと(選手たちに)伝えました」

「キャンプ中に限らず、オープン戦、シーズンに入ってもずっと競争、自分は見ているよということを伝えました」


シーズンが始まったら、思惑通りに動けないこともあるかもしれない。それでも、この3年(プラス1年)、ベンチにたれこめていた停滞ムードを思うと、この青空のようなスカッとした抜けのよさは天井知らずかと思うほど。

こんなこと言われたら、選手もポジティブになれる。言葉の力って、大きいと思う。佐々岡さんも、緒方前監督も、言葉を上手く使えないというか、言葉の大事さを認識していなかったように見えた。

中日監督時代の落合博満さんは、選手にもメディアにも多くを語らなかったが(でもたまに発する言葉が意味深で人を考えこませる)、指揮をとった8年間、リーグ優勝4回、すべてAクラス。「勝つことが一番のファンサービス」と考えていた。

言葉も大事。どんなマネジメントをするかも、大事。


選手とファンのモチベーションを上げてくれる
オープンな新井さんだが、気になることもある。

11月19日、新井さんは「選手が故障したとき、一部は情報を開示していく」という方針を発表した。(「スポーツ報知」)

ファンにしてみたら、「コンディション不良」というアナウンスは、事情がわからずモヤモヤする。そういうところは、新井さん、ファンの気持ちを考えてくれているんだな、と。

ただ、たとえば戦争している相手に、「今、ここがウィークポイント」「この物資が足りてない」と、自陣に不利益な情報を、手の内を明かします?

嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』では、西武からFA移籍してきた和田一浩が、骨折を隠して試合に出ていたエピソードが出てくる。

痛々しい話で、無理せずいられたらどんないにいいかと思う。骨折して休まないのは異常な非常な話だが、休めば自分の席がなくなる世界。隠すことが、選手にとっては自分を守ることになることも。

新井さんが考えているのは「ファンに対する最低限の情報を」だとは思うが、野球は客商売と同時に、戦いの場。

ファンのことを大事に思ってもらえるのは嬉しいと同時に、選手の不利益にならないようにバランスとってもらえたらと見守るばかり。


それにしても、まだシーズンは始まっていないけれど、新井さんのリー
ダーとしての資質には目を見張るものが。

2015年、カープを応援し始めたばかりのころ。新井さんの打席で「ツラゲ」という言葉がネット上に出てきたとき、意味がわからず検索して、あ~と乾いた笑いが出たことが。能ある貴浩は爪を隠していたんだね。

このファンサービスの精神、フロントとしても発揮してほしいくらいです。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月19日

新井さん、仕事してます


日々伝えられる、日南での秋季キャンプのニュースのフレッシュなこと。

なぜなら、そこに新井さんがいるからだ。なんでこんなに爽やかなんだー。と思うくらい爽やかだぜ、お兄ちゃん。

でも、元気なだけのお兄ちゃんじゃない。新井さん、動きまわってます。選手のこと、見ています。

落合博満さんは「監督の仕事は選手を見ること」と言っていたけれど、新井さん、仕事してます。そして今日もジャージです。


今日は、ブルペンで投げていたケムナ誠の打席に立つ。「後ろで見ていたんだけど、いい球を投げている。ちょっと打席に入って見てみたいと思った」と。(「サンスポ」)

昨日は、遠藤淳志に「真っすぐは高めに行っても強いから打者は嫌だよ」とアドバイス。(「日刊スポーツ」)

高目の球はよくないと言われるけれど。そういう失投は見逃されずホームランにされることは多々あるが。

今季、中日戦で投げていた森下暢仁の高めの球を、解説の権藤博さんは「これだけ球の強さがあるんだから、高くたって全然いい」と評価してくれていた。


選手のことをよく見ていた落合さんだが、だからと言って何もかも選手にストレートに伝えていたわけではなかった。

落合さんは試合中、決まって座っている場所があった。

「俺が座っているところからはな、三遊間がよく見えるんだよ」
「これまで抜けなかった打球がな、年々そこを抜けていくようになってきたんだ」
(『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』より)

18歳でポジションをつかみ、1年目でゴールデングラブ賞をとった立浪和義は、中日の看板選手だった。

落合さんはベンチから定点観測するなかで、三塁手・立浪の守備範囲がじわじわと狭まっているのを見抜いていた。失策が増えたわけではなくとも、抜けていくヒットが増えているのを、データには現れないものを見抜いていた。

これまで聖域とされていた立浪をスタメンから外し(立浪には何も告げずに)、森野将彦に代えた。

「これは俺にしかできないことだ。他の監督にはできない」と、落合さんは言っていた。


コンディションの悪い田中広輔をずっと起用し続け、聖域にしていた緒方前監督が対照的に思い浮かぶ。

佐々岡さんはベンチで試合をボ~ッと観戦していたんだろうな。観察するのではなく。

キャンプに合流した日、「お前たちが思っているより、俺はお前たちに期待している」と、選手たちの前で言った新井さん。

開幕したら、いろんなことが起きると思うけど、やらかすこともあると思うけど、でも新井さん。あなたが思っている以上に、今年以降のカープ、期待したくなってます。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月18日

「黒田が球団アドバイザーに」が正夢に


11月18日、「黒田博樹が球団アドバイザーに就任」という、突然の吉報。

今月、アメリカの宝くじで、史上最高の20億4000万ドル(およそ2978億円)の大当たりが出たらしい。

それくらいの額がふところに入るとなると、もはや消費レベルじゃない。私だったら、大半を骨髄バンクとiPS細胞研究所に寄付したいな。なんて話をうちでしてたのです。

すると、「カープを買うのはどう? オーナーになったら何したい?」と家族が言うんです。


えぇ~。運営は面倒だな、持病もあるしと言いながらも、あれこれスラスラとやりたいことが出てきた。それだけ変えたいこと、おかしいぞと思っていることがたくさんあるというわけなんですわ。

「黒田に球団のアドバイザーになってもらう」も、その一つ。序盤に口をついて出てきたんですよ。なので、まさか実現するとは!と驚いたのでした。

黒田が引退したとき、球団のアドバイザーになってもらうといいなと思っていたのでした。メジャーでの経験で得たことをカープに採り入れてもらえたら、と。

2016年、リーグ優勝した年、黒田の提案でモチベーションビデオを作り、選手の気持ちを高めたというエピソードがありましたね。あのビデオも黒田がメジャーで経験したことを活かしたもの。

また、『クオリティピッチング』には、ヤンキース時代、メンタルトレーナーがいたという話が紹介されていました。


カープにもそういうエキスパートがいて、選手のケアをしてくれたらいいな。黒田が球団を改革するアドバイザーになってくれたらいいなと思っていたのでした。


でも、そういう話にはならなかった。球団はそんな気は回さなかった。だから今ごろ、こんな話が出てくるなんて。

球団が進めた話だとしたら、もっと早く実現できたはず。新井さんがお願いして実現した話なのかなと思ったら、やっぱりそうだった。(「デイリースポーツ」)

新井さんの監督就任が決まったとき、黒田が投手コーチにもしかして・・・と、ほんのちょっと期待はしたけれど。さすがにそこまで出来すぎた話にはならなかった。

今さら投手コーチなんて泥臭い仕事はしないだろうとも思っていたが(でも新井さんが監督になった今、この先はわからないよ?)、春のキャンプに臨時コーチとしてなら来てくれるかなとは期待していた。

「キャンプ後も、1軍とか2軍とかの枠ではなく、全体を見ていただきたい」と、新井さん。

主に投手に対するアドバイスが仕事のようですね。当たり前か。私としては、球団のあり方にまで進言してほしいくらいです。


新井さんが監督になってから、坂倉将吾の捕手一本化、赤松さんが1塁のコーチに等々、よっしゃ! というニュースが日々とびこんでくる。

キャンプでの、新井さんと選手とのモチベーション上がるやりとり一つ一つをとって見ても、カープが動き出した。そんな感じがする。この3年(プラス1年)の停滞していた空気がスカッとはらわれていく感じ。

トミー・ジョン手術を経た岡田明丈もブルペンで投球を始めたとか。岡田~、黒田さんが来てくれるよ~。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月16日

安部もフランスアもいなくなる、いつだって球団は雑


11月14日、安部友裕が引退を決断。トライアウト後、独立リーグからのお誘いはあったようだが、なかったか、NPB。

今季は1軍の出場なし。しかし、2軍では高打率をマーク。それでも1軍からは声がかからなかった。もし、別の球団だったら、別の監督だったら、違った展開になっていたかもしれない。

そう思うと、監督が選手の将来を左右することってあるなと、やるせない気持ちになる。雑な仕事をする監督に当たると、ほんとうに。


それでも、安部に突出したものがあったら、それこそまた違った展開になっていたはず。ショックだったけど、もうこれ以上言うまい。

「学生野球資格回復制度を取得して、野球界のさらなる発展につながる活動をしていこうと考えています」(「テレビ新広島」)

気持ちに区切りをつけたんだなとスッキリさが伝わってきて、応援します、新しいスタート。

でも、フラットな選手起用ができなかったこの3年のカープと球団の体質は忘れまじ。


中日の阿部寿樹と楽天の涌井秀章のトレードにも驚いた。

今季、中日はリーグ最下位の得点数。なぜ阿部を放出? わけわからんわー。長打がないのに、大砲候補をとらない(起用しない)カープのごとく。

阿部、対戦するのが嫌なバッターだった。そんな選手がまた一人、セ・リーグからいなくなる。寂しい。


11月16日、西武の森友哉はFAでオリックスに移籍。点のとれないオリックスには朗報なのかな。

カープ以外では、オリックスは応援していたチーム。ちょっと柄が悪くなりそうな、オリックスっぽくないような。ぽくなくて上等!なんですけども。ファンの勝手な好みの問題ですけども。

2年続けてのオリックス・ヤクルトの日本シリーズ。思えば、両チームとも、同じエリアに阪神と巨人という人気球団があり、なんか悪目立ちしない、ちょっと品のいいイメージ(あくまでもイメージ)。

2年連続の接戦というゲーム展開もだったが、そんなどぎつくないチームカラー同士というのも、サラッとしていてよかったような気がしてきました。


フランスアの退団も発表された。今季、1軍の登板で見た球の力のなさを思うと、納得の結果とも言えます。

でも、寂しい。

1年目、マウンドに上がるのが嬉しくてしかたないように見えたフランスア、可愛かった。メジャーに行くのではとささやかれた時期もあった。あの頃、フランスの投球を見るのはワクワクした。

なのに、前緒方監督が「権藤・権藤・雨・権藤」みたいにフランスだのみになっちゃって。酷使され、強い球が投げられなくなった。

安部同様、監督が違っていたら、別の野球人生があったかもしれない。悔しい。雑な扱いしやがって。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

2022年11月15日

新井さんキャンプで宣言、森下やったぞゴールデングラブ賞!


11月14日、新井監督がキャンプに合流。あれ? ジャージ。ユニフォームは? ひとりカジュアル。体育の先生みたい。

新井さんが練習前に選手たちに伝えた「俺は好き嫌いで起用しない」。

佐々岡さんの3年(プラス前緒方監督の最後の1年)を、外から客観的に見ていて、思うところがやっぱりあったんだろうな、と。

落合博満さんは、荒木雅博に「心配するな。俺はお前が好きだから試合に使っているわけじゃない。俺は好き嫌いで選手を見ていない」と言ったことがあるそうだ(『嫌われた監督 落合博満は中日をどう変えたのか』より)。

新井さんは合流早々、みんなの前で言ったね。パカッと最初に言うところが新井さん。新井さんのやり方で思うようにやってくれたらと思う。


「好き嫌いで起用しない」はできるものならぜひお願いします!だが、「カープのユニフォームを着ている選手は、家族だと思っている」には、あ゛ー。言っちゃったね。

家族じゃないし。いろんな家族があるし。わたしの家族も、実家も、いい感じです。それは幸いなこと。でも、そうでない家族も現実にあるのだから、簡単に言えない言葉と思います。

以前、新井さんが子どもの頃書いた作文が雑誌に掲載されていて、読んだことが。ご家族に愛されて育ったんだなということが伝わってくる、すこやかな素敵な作文でした。

そういう新井さんだからこそ、「家族」という言葉もストレートに出てくるだなと思う。


長野久義がトライアウトに元カープの選手の応援にかけつけたという話。長野は計算でそういうことをする人じゃないだろうから、行きたいから行ったんだと思う。思うままやればいいと思う。

しかし、現役を続ける選手が、戦力外を通告された選手たちの場所に足を踏み入れることには違和感覚えた。

巨人が日本シリーズのソフトバンク戦に連敗していたとき、元チームメイトたちにエールを送るかのように、長野が新幹線のホームに現れたという話を聞いたときも違和感残った。


そっとしておくという送り方もあるんじゃないだろうか。もうそれぞれの道を歩くのだから。もしかしたら、長野がトライアウトの応援にきてくれて嬉しかった選手もいたかもしれないが。

新井さんの家族宣言同様、長野もしたいようにすればいいと思う一方で、いい人全開なのと勝負の世界は両立するのだろうかと思ったりもする。

でも、それが新井さんのやり方。もしかしたら、いい人が勝負の世界で勝つことだって、あるかもしれない(のか?)。新井さんがニューモデルになつてくれたらいいな。


同じく11月14日、ゴールデングラブ賞の発表。

菊池涼介の10年連続の受賞もさながら、今年は絶対、森下暢仁にゴールデングラブ賞をと思っていたので、やったー!です。1年目からフィールディングは素晴らしかったもの。

投手なら、防御率のタイトルも得たいだろうけれど、守備が評価されるというのもこれまた格別。プロならでは。

床田寛樹もフィールディングには定評がある。今年は怪我で離脱したけれど、1年通してマウンドに立てれば、評価してくれる人がきっといると思うんだ。来季も楽しみ。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。