2022年7月6日

たった2安打、真夏の冷え冷え打線で阪神に初白星差し上げる


7月6日、阪神戦(甲子園球場)、3対2。

阪神がカープに今季初勝利。ついに牙城が崩される(まったくそんなスゴイ城でもなかったが)。

いつまでも、続くと思うな、負けなし阪神戦(字余り)。だが、選手の入れ替えなし。宇草孔基がまだいるし。スタメンも変わらず。

2回、坂倉将吾が2ランで先制。と言っても、西勇輝からの(いや、阪神からの)安打はこのホームラン含めて2本だけ。もう1本は、ピッチャーの床田寛樹という。天敵ではなくなったけど、相変わらず、西打ててない。


4回ウラ、ここまでノーヒットに押さえていた床田、2アウトをとった後、近本光司にヒット許す。出たー。30試合連続安打。

記録はいつか破られるもの。それでも、高橋慶彦さんの33試合連続ができるだけ長く輝いてくれたらいいな、と思う。

なのだが、打ち続けている近本、素晴らしい。打席に立たれるといやな選手の一人(最高の褒め言葉です)。それを思うと、カープ打線、こわくない、こわくない(坂倉除いて)。

その後も出塁続いて、佐藤輝明ヒット、大山悠輔フォア、北條史也の2点タイムリーで同点。山本泰寛のタイムリーで逆転される。

しかし、床田、その後はヒット1本に抑え、7回3失点。床田は、悪くなーい。


8回ウラは中﨑翔太。1点ビハインドの場面で出すのかと落胆していたが、中﨑が三者連続三振。こういう日もあるだろう。

この結果に満足して、また佐々岡監督がリードの場面で中﨑出して、森下暢仁の勝ちとか消されそうで、こわいです。

オールスター、ファン投票の結果が発表された。12球団中、選ばれなかったのはカープの選手だけ。阪神からは4人も。

なんだか、リーグ最下位予想がダントツだったり、交流戦で最下位だったり、冴えないカープ。坂倉には後半戦も期待したいですが。


明日はアンダーソン。5月5日、巨人戦で衝撃の来日初登板を見せたアンダーソン、その次の登板予定は甲子園での阪神戦だった。

「長く、歴史がある球場で投げることは楽しみ」と言ってくれていたアンダーソン。日本の野球をリスペクトしてくれていることが伝わってきて、嬉しかった。でも、雨で中止になってとても残念だったのだ。

やっとです。思う存分、投げてね。床田も次はやり返してくれるだろう。だがしかし、点をとれないと勝てないんですよー。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年7月4日

佐々岡監督の采配云々よりも選手にしっかりしてほしいこと


7月3日、巨人戦(マツダスタジアム)、5対7。

昨日の、森下暢仁の熱投と4番マクブルームのさよならホームランの流れを感じるゲームの序盤だった。

先発の九里亜蓮が久しぶりにテンポのよい投球で、4回まで無失点。そのウラ、菊池涼介、マクブルーム、坂倉将吾、小園海斗ら中軸の連打、中村健人の犠牲フライで3点先制。九里を後押し。

1週間前、7回無失点で勝ちがつかなかった九里に、1ヵ月勝ちがついてない九里に、「今日こそ」とファンが思ったこの展開。きっと九里自身も。


それがメンタルに影響したかどうかわからないけど、直後の5回、大城卓三にホームランを打たれる。あ、また出た。今季の九里、援護の直後の失点が目に余る。

その後も、ヒットにフォア2つ、流れが悪くなってきた。岡本和真のセンターフライを上本崇司がダイビングキャッチして1点でとどまったけど、今季の九里への信頼感、うすっ。

急に大金得て(いうても3点ですわ)、浮き足立った人みたいに見られても、おかしないですわ。

だから、九里を降板させたとき、いつも引っ張る佐々岡監督、思いきったな、珍しく早めに動いたな、と思った。そうされても仕方ないな、とも思った。


で、九里に代わってケムナ誠が出てきた。連投が気になったけど、昨日の9回を抑えたことで、信頼して託したんだと理解できなくもなかった。6回、ケムナに任せて勝ちパにつなげたい、そう思いたかった。

が、いきなり坂本勇人にホームラン。フォアがらみでもう1点。なんか空気が悪くなった。

九里が思いのほか早い降板。準備ができてなかったのかもしれない。指示も遅かったのかもしれない(カープって、いつもブルペンのプランが後手に回ってそう。これも何とかしてほしい)。でも、ここは抑えてほしかった。


佐々岡監督の采配が裏目に出た投手交代は山ほどあるけれど、この日は、九里とケムナにしっかりしてほしかった。昨日、炎天下をひとり8回無失点で投げきった森下のことを思うと、いろんな意味でレベルの違いを感じてしまった。

気力だけで勝てるほどプロの世界は甘くない。技術の差もある。でも、同じレベルの技術を持った選手が並んだとき、やっぱり「勝つ(負けない)意志」が作用すると思う。

巨人は手ごわいと思うほどの迫力なかった。ヤクルト戦と違って、意志をしっかり持って工夫すれば、勝てる手ごたえはあった。

だから勝ちたかった。3連勝したかった。でも、そこで勝ちきれないのは弱い証拠なのかもしれないけど。


7回、矢崎拓也が坂本に同点弾を、8回、森浦大輔が逆転打を打たれたこと以上に、九里とケムナに正直、がっかりした。

矢崎と森浦、最近がんばってくれていた。時には打たれることもある(連鎖反応のようにみな打たれてしまうというのは何とかならないのかと思ってしまうけど。9回のターリーも)。

でも、九里とケムナは、「いいとき」と「よくないとき」が振り子のように波がある。そこに信頼の差が出る。

7回ウラ、マクブルームが同点の2点タイムリーを打ってくれたのは頼もしかったが、今日は4本のホームランで効率よく点をとられた。

次回の阪神戦。これまでのように行くかどうか、選手の入れ替えがあるかどうか、楽しみ。
スポンサーリンク

2022年7月2日

森下、真夏の熱投。勝ちつかずも、マクブルームのサヨナラ2ランで笑って終れた


7月2日、巨人戦(マツダスタジアム)、2対0。

9回ウラ、マクブルームの2日連続の2ランで、サヨナラ勝ち。

森下暢仁に勝ちをつけてあげたかった。8回無失点。この好投に応えられない打線なんてポイズン!  いったいどういうつもりなんだ。直近では、6月30日のヤクルト戦、アンダーソンのときもそう思った。

それでも、久しぶりに勝ちがついた前回の登板、自分の投球に満足していなかった森下、勝ってもちょっと元気なかった。今日は、最後、両手つきあげて笑っていた。

7回無失点の菅野智之も好投が報われなかった。チームが勝って終るのは大きいことだと、改めて思った。


今日の森下、よかった。ストライク先行で球数少なめ、毎回奪三振。昨日、矢崎拓也・森浦大輔・栗林良吏が連投した。森下は完投するつもりで投げていたと思う。

3回には、好フィールディングで2塁に送球して併殺(2回ウラ、會澤翼併殺のお返し)。6回には、丸佳浩のピッチャーゴロに反応してキャッチ、自ら3塁の吉川尚輝をタッチする好プレー。

つづくウォーカーのレフトフライを羽月隆太郎が横っ飛びスタイルでダイビングキャッチ。カープに流れがくるフラグが立った!(はずだった)


6回ウラ、野間峻祥がヒット。よっしゃー。来た来た波が。小園海斗ファーストゴロで、野間タッチ。去る去る波が。

しかし、菊池涼介ヒットで1塁2塁。も、マクブルーム、坂倉将吾が凡退。坂倉、今日はマスクかぶらずとも、気持ちはバッテリー。ここで打ってくれたら最高なのにといつも思う。

7回、森下、三者凡退。

7回ウラ、羽月ヒット。も、盗塁失敗。こんなのばっかり。前に、前に進みません。


98球の森下、8回も続投。打順の巡り合わせもあったが、森下は菅野より長くマウンドに立った。

中田翔ヒット。好フィールディングを見せていた森下が、八百板卓丸の打球をお手玉。吉川フォアで、満塁に。

でも、今日の森下、点をとられる気がしない。この感じ、1年目のあの感じ。丸、ファーストゴロで2アウト。こわいウォーカーを空振り三振!  森下、珍しく吼えた!

森下が自ら招いたピンチでもあったけど、炎天下の122球、8回無失点。今日も森下、タフだった。これは、何としてでも森下を勝利投手に。そういう投球だった。


それなのに。8回ウラ、野間ヒット。小園エンドラン失敗で、野間アウト。こんなのばっかり。

3連投回避の黄金トリオに代わり、9回はケムナ誠が抑え、無失点。

この炎天下、延長はやぁよ。の9回ウラ、菊池涼介ヒットで、マクブルームがサヨナラ2ラン!  ホームインの瞬間は、優勝したときみたいに何度見てもいいものだ。

2軍では、秋山翔吾が初出場で先制2塁打。今日、なかなか点が取れなかったとき、秋山、早く来て!と思った。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年7月1日

巨人に勝っても考えるのはヤクルトのこと


7月1日、巨人戦(マツダスタジアム)、5対3。

ヤクルト相手に歯が立たなかった直後の試合。まるで交流戦が終わった後、セ・リーグ村に帰ってきたときのよう。心持ちのどかに感じる。

言うても、リーグ2位3位の対戦なのに、ヤクルトに置いていかれてる感がすごい。

昨日、矢崎拓也・森浦大輔・栗林良吏のゴールデントリオが登板。ここは大瀬良大地に、前回の登板のように完投してもらって、明日と明後日のデーゲーム、森下暢仁と九里亜蓮に3人をとっておいてあげて、という欲張りな気持ちに。

途中まで完投ペースでしたが、6回3失点で降板。矢崎、森浦、栗林が連投で無失点に抑え、大瀬良7勝目、連敗止まりました。

明日の森下、真昼の真夏の森下、勝ちパターン抜きでも、がんばれ。


大瀬良は点を取ってもらった後の失点が2度あったりもしましたが、6回、小園海斗のエラー失点の後、満塁を切り抜けたり。8回、森浦がここもまた満塁のピンチを切り抜けたり。マクブルームのきれいな2ランがあったり。

しかし、ヤクルトショックが大きくて、ヤクルトのヒリヒリした試合が強く残ってて、ちょっと上の空。

ヒリヒリって、カープがヤクルトとヒリヒリした試合をしたわけではない。投げる、打つ、次の塁を狙うスキのないヤクルトの、あのヒリヒリ。


初戦をとれてよかった。でも、ヤクルトじゃないから~。と思ってしまう。本当に強いチームに勝てるチームになってほしい、と。

ドロ沼だった交流戦ショックも大きかったが(というか、あきれた)、ヤクルトは年に一度じゃなく、同じリーグで何度も戦う相手。そういう相手が身近にいることはいいことだ。

一昨年くらいまでのパ・リーグには歯が立たなかったセ・リーグ村に、強いチームが出てきたのは歓迎だ。何度、ヤクルトにはずかしめを受けようとも(交流戦かーい)。

サッカー日本代表とブラジル代表ほどではないから、勝機はそれよりはあるはずだから、次、ヤクルトと対戦するときには勝てるチームになってほしい。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

引き分けにすらできない、ヤクルトとの力の差


6月30日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)、2対4。

8回終了時点では、どちらも5安打1得点だった。今までの中で、一番拮抗していた。でも、12回延長、最後の最後、またヤクルトに勝てなかった。引き分けにすら持ち込めなかった。

アンダーソンと石川雅規の投手戦。3回、アンダーソンは、長岡秀樹に先制ソロを打たれたけど、失投でもなんでもなかった。

6回、よりによってピッチャーの石川にフォア、続く塩見泰隆にデッドボール。山田哲人に打たれ、1アウト満塁になったが、粘る村上宗隆を空振り三振、坂口智隆も空振り三振で、ガッツポーズ!(會澤翼も!)


これはぜひともアンダーソンを勝利投手に。逆転せねば。そういう投球だった。

6回ウラ、小園海斗が石川先輩の初球をホームラン! よくやったー!

アンダーソンの代打・中村健人が2塁打!  上本崇司がバントで送って、今日2番の中村奨成が浅いセンターフライで走者動けず。菊池涼介もキャッチャーフライ。ここで決められなかった。同点までが関の山の、ガス欠ぶりはいつまでも。

7回矢崎拓也、8回森浦大輔、9回栗林良吏の黄金トリオがほれぼれする無失点。でも、決められないのね、カープ。9回ウラは回またぎのコールから、三者連続三振。また延長だ。


10回はケムナ誠。いきなりデッドボール(やめて)。塩見ヒットで盗塁決めて、1アウト3塁2塁。山田ゴロで、3塁の川端慎吾が挟まれ本塁タッチアウト。逃れた~と思ったのも束の間、會澤の悪送球で、塩見がスルスルホームイン。スキのないヤクルト、スキを見せたカープ。

10回ウラはマクガフ。もうダメだ~。いや、ダメじゃなかった。今日のマクガフ、ボール先行。坂倉将吾ヒット、會澤バント失敗したが、マクガフの悪送球で、ノーアウト2塁1塁。

堂林翔太がバント決めて、小園申告敬遠で、1アウト満塁。ここで、最近当たってきた代打・松山竜平タイムリーで2対2! なおも満塁、もう一押しで、上本が併殺↓  

6回ウラに続いて、絶好のチャンスで決められなかった。マクガフ追い込んだのに。


11回、ターリー。先頭打者にフォアを出したが、抑えた!

11回ウラ、三者凡退、清水昇に抑えられた!  また12回までのフルコース。

ところで、連日失点した菊池保則は2軍へ。妥当ですね。しかし、昇格したのが中﨑翔太だった。好きな菊池を上げて使って打たれて下げて、好きな中崎上げてきた。

この時点でいやな予感がしました。また大事な場面で使うんだろうなって。

12回、中﨑。佐々岡監督は中﨑の経験を買ってるんだろうな。でも、経験より球の強さ。ここは藤井黎來で行きたかった。


こんなときに限って、名手・矢野雅哉にエラーが出たり、最後は1年目の丸山和郁が2点タイムリー。終った。

最後に田口麗斗とってあったし。しかし、野間峻祥がただひとり残っていたのに、曽根海成や矢野に打席に。野間、コンディション悪いの?

アンダーソンが、矢崎、森浦、栗林らが奮闘したのに。

佐々木朗希だって、山本由伸だって、野手が点とってくれないと勝てないんだから。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年6月29日

カープにないものヤクルト全部乗せ!(長打・盗塁・堅固なリリーフetc.)


6月29日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)、2対9。

阪神戦のさよならホームラン以来、ノーヒットの宇草孔基が1番(野間峻祥はどうした?)、羽月隆太郎が2番・・・。スタメン見たとき、点をとれる感じがしない。

でも何が起こるかわからない。ジャイアントキリング見せてくれと思ったが、そう簡単に力の差は埋められない。

二桁安打(11本)で2点。今日も出た出た、残塁の山。

1回、菊池涼介が盗塁失敗。2回、坂倉将吾が併殺。3回、中村健人が併殺。


4回、宇草孔基がデッドボールで出塁。2番の羽月隆太郎、ここはバントと思いきや(いつも判で押したようにバント指令出すのに)、フライで1アウト。で、宇草、盗塁失敗で、すかさず2アウト。はぁ↓

5回、2アウト2塁1塁で中村健人。ゆけー。も、空振り三振で終わり。健人、再三、ライトで好守備を見せて救ってくれたが、打席ではいいとこ見せられず。

6回、羽月と菊池の連打で、2アウト2塁1塁、マクブルームの打球は長岡秀樹に好キャッチ。

7回、坂倉のソロで、やっと1点が。と、1回から9回まで、毎回走者は出すのに、点が、点が取れへ~ん。


かたやヤクルトは、山田哲人のソロ、村上宗隆の2ラン2本ほかほか、16安打の11点。

プロの力士相手に、子どもが数人かかってペチンペチン挑んでは振り払われ~の、大相撲の興行か、これは。

先日、ラジオで、誰か(野球関係者かファン)が言っていた。かつて「ソフトバンクを倒すチーム作りを」と言われるほど、ソフトバンクは強いチームの代名詞だった。今や、ヤクルトを倒すにはどうすればいいか、そんな位置にヤクルトがいる、と。


6回2失点の遠藤淳志は先発の仕事をしたが、リリーフ陣がオール失点。

7回の森翔平、1失点。ドラ2、今のとこ期待に応えられてないですね。プロ向きなのか?

8回、菊池保則が出てきたときには、あれ?  まだ1軍にいたのかい?という気持ちになった。2失点。

9回、松本竜也。ビハインドゲーム多すぎのカープ。松竜の出番の多いこと。いい球あるから、期待もあるが、ヤクルトの怒涛の攻撃で4失点。


長打もあれば、盗塁もある。次の塁を狙っていく姿勢が形になっている。カープにないもの、ヤクルト全部持っている。リリーフ陣も充実していますし。

ヤクルト、13カード連続勝ち越しとな。どのチームも1勝するのが関の山だったのか。そら、強い。優勝する。

三連覇とかするのかな。カープ、もはや敵ですらない。明日はせめて、ジャイアントキリング見せてくださらんかのぅ。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。

 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

〔関連記事〕

スポンサーリンク

2022年6月28日

コツコツカープ、ドッカーン!ヤクルト


6月28日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)、3対6。みごとに横綱相撲、とられました。

先発は、床田寛樹と小川泰弘、エース同士の楽しみなマッチアップ。カード頭が床田というのは、「行くぜっ」という感じがして、いい。

先週のお得意さま、阪神戦とDeNA戦でちょっと気持ちよくなったカープは、3回、上本崇司のタイムリー、會澤翼の2点タイムリーで、3点先制。


小川は5回3失点で降板したけれど(球数86球、これもヤクルトの無理をしないゆったりシフトなのか?)、引きずりおろしたという感覚はまったくなし。

小川が投げた5回のうち、得点した3回を除いて、得点圏に走者を置くこと3回。また残塁の山。ヒットの数は多いのに。こんな相撲をとっていては、ヤクルト相手に勝ちきるのは難しい。

6回、塩見泰隆2塁打、山崎晃大朗フォアで、山田哲人がタイムリー。で、村上宗隆が1球目(球高かった・・・)をドカーンの3ラン。

カープがいくらコツンコツンと安打を稼いでも、役者の違いがまざまざ。


しかも、そのウラ、大西広樹が三者凡退でピシャッ!と、見事にドアを閉める。入れて、中に入れて~。

7回、お久しぶりの菊池保則。なんか打たれそう(失礼な)。まだ1点差なのに敗戦処理投手が出てきたような気持ちに(ほんとに失礼)。

2アウトとってから3連打され、1失点、3対5。


7回ウラは梅野雄吾。フォアを1つ出すも、また無失点。ピシャリ!

8回は、われらが松本竜也。村上と坂口智隆を連続三振に打ち取った後、オスナの1発。3対6。

8回ウラは清水昇。ここはドアを少しこじあけた。小園海斗と、代打・松山竜平がヒット。しかし、田口麗斗に交代して、野間峻祥、空振り三振。

ここで完全にドアをロックされた感が。あとはいつものマクガフで。


今日の2番は宇草孔基、阪神戦でサヨナラホームランを打って以来、無安打では?

宇草、あのとき、お立ち台で「明日も絶対勝つんで応援よろしくお願いします」って、言ったんですよ。

劇的に勝った試合、お立ち台で「明日も勝ちます」という言葉が選手から出た翌日、たいてい勝てない(これ、勝手に発見したつもりになってるジンクスです)。「勝つ」という言葉が出ると、「あー、言っちゃった。それ言わなくていいから」と、毎回思う。

選手なら、誰もみな毎日勝つつもりでいる。でも、ゲームは自分の思い通りにコントロールできるほど単純なものじゃない。思ってもいいから、口に出して気合を放散させなくていいよって思うのであった。

しかし、あれから、翌日どころか、ずっと無安打。そういう選手を選択している時点で前途きびしいものを感じた。
スポンサーリンク