2021年5月15日

高橋昂也2勝目、小園海斗3打点、若鯉跳ねた!


5月14日、DeNA戦(マツダスタジアム)、9対2。やっと点を取りました。

2回裏、西川龍馬がソトの悪送球で出塁。安部友裕も牧秀悟の悪送球で、2塁3塁。ここで、小園海斗が先制タイムリー。やっと、つまっていたものがスッキリ出たほっと感、爽快感。

つづく石原貴規もヒット、昂也がバントをしっかり決めて、菊池涼介フォアで満塁。ここで羽月隆太郎が2点タイムリー(おつぎの鈴木はゴロで終了)。

若い選手がつないでつないで3得点。胸がすく想い。


3回、ロメロの打球を昂也がバウンド送球してヒットに。桑原将志の打球を羽月が目測誤って2塁打に。大和のタイムリーとオースティンのゴロで2失点。

久しぶりの援護。しかも1イニングで3点。幸せに慣れていなかったから、何か作用しましたか。でも、ここは昂也、2失点にとどめる。

4回裏、昂也がヒット。昂也の構え、打つ気配が出てて、いつもいいなと思う。菊池と鈴木がフォアで満塁、4番の松山が2点タイムリー、5対2に。よしよし。絶不調の西川に代わって、お仕事しました。

昂也は5回6回も抑え、88球でマウンドを降りる。もう少し見たかったけれど、手術明け。大事に大事に。


6回裏、昂也の代打に田中広輔。このあとまさか小園と守備交代? 眉間にシワ。

リードして余裕のある場面で、ちょっと振ってこい、調子取り戻してこい、みたいな。守備に入る前、身体あたためておけ、みたいな感じなのだろうか。ベンチの田中に対する妙な思いやりみたいなものを感じて落ち着かない。

田中のライトフライを実況の石橋真アナウンサーが、「惜しかった、いい打撃だった」と気持ち強く込めているのも、ちょっと異様に響いた。

そのあと田中はショートの守備へ。小園はサードへ。代わった直後、田中が宮﨑敏郎の打球をダイビングキャッチ。それをまた、「素晴らしい」とかみしめる石橋アナ。いえ、素晴らしいけれど、田中とはそんなにまで愛されている存在なのかと、ギャップを感じる。

この日は、菊池(いつものごとく)と小園も好守備を見せ、投手をバックアップしていました。


7回、コルニエルがついに勝ちパターンに。実績がフラットに起用に表れるところは気持ちがいい。ただし投手限定。野手もこうした形にしてもらえまいか。

7回裏、走者がいないと打ちます、鈴木。松山フォアで、代打の坂倉将吾がタイムリー。小園が犠牲フライで、もう1点。田中が押し出しで、もう1点。8対2に。

8回裏も、鈴木がまたも走者がいないときヒット。大盛穂もヒット。代打のクロンがフォアで、満塁。小園が押し出しで1点。小園、今日、3打点。

9回、7点リードの場面ではありましたが、森浦大輔が三者凡退で、昂也に2勝目。


DeNAはこれで自力優勝消滅。他人事とは思えない。

状態のよくないチーム相手とはいえ、勝てるときに勝っておかないと。大量得点しても、すぐだんまりに入るカープ。まだ安心できないが、ひとまず重苦しいムードが払えてよかった。

お立ち台には、昂也と小園。マウンドでは表情を変えない昂也にも笑顔が。やんや、やんや。

「先制タイムリーを打った最初の打席、どんな気持ちで入りましたか」と問われ、「内野の守備位置も下がっていたので、ゴロを打つという気持ちで入って、抜けてくれたのでよかったなと思います」と、小園。「気持ちで打ちました」じゃないコメント、聞きたかったので、ここでもスッとする。

若い二人の、喜びながらも浮かれてない感じが、よかった。

三連覇とは無縁の若鯉たちの凛々しいこと。懐古趣味のベンチ及びOBもろもろの方々に思うことはまだまだ続いています。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月13日

森下は「絶対点を取られない」覚悟で投げたが、カープ打線は死んでも点を取りませんでした


5月12日、ヤクルト戦(神宮球場)、0対0。2試合連続無得点。

先発の森下暢仁は、今日勝って、今のチームの空気を変える覚悟で臨んだはずだ。

1回、1塁2塁で、クロンが空振り三振。早々にチャンスで点をとれない、このお決まりの出だし。

それが森下に「今日は1点も取られまい」というピッチングをさせたように見えた。

この日の森下は四球多め、おのずと球数多めに。


2回にも、坂倉将吾と正隨優弥(プロ初スタメン!)の連打で、ノーアウト1塁2塁。ここでベンチは小園海斗にバントさせた。はぁ?

次はピッチャーの森下。森下は打撃もいい(でもピッチャー)。次の次は打撃好調の菊池涼介。しかし、なんであえてバットが振れてる小園にバント?

一点でも確実にと、目先の小銭を得ることに頭がいっぱいになって、結局は大金を得ることができないせせこましさがまた出た。

小園はきっちりバントを決めたが、森下も菊池も凡退。ここぞのところで攻撃的になれない采配、今日もまたダメなパターンかと予感。


だがしかし、森下のピッチングからは、「絶対点を取らせない」という意志が伝わってくる。

それは私の中で「点をとってくれ」という声にも響いた。今日こそ森下に勝ちを、だ。

7回、小園がヒットで出塁。ところが、森下が珍しくバント失敗で併殺に終わる。うぅぅ。

7回裏も森下続投。2塁3塁のピンチを招くも、ふみとどまる。127球を投げて、森下はマウンドを降りる。


ヤクルトの先発・田口麗斗も同じく7回無失点でマウンドを降りた。

ともに援護がなく好投が報われなかったのだが、森下の孤軍奮闘感、悲壮感が胸にささる。森下を援護できないチームの悲惨感がきわだつ。2試合続けて無得点なんだから。

8回、三者凡退に終わり、森下に勝ち投手の権利がつかないと決まったとき、全国のカープファンの、いや、森下ファンの怒りの声を共感したような気がした。

森下、塹江敦哉、栗林良吏ら投手陣は、「絶対点を取らせない」という投球を見せた。

栗林は、新人の連続無失点記録を16試合に更新したが、そんな記録を手放しで喜んではいないだろう。

これだけの投手陣の仕事ぶりを見て、野手陣は何を考えてるの。応えようという気持ちが伝わってこない。病気なの?


正隨をスタメンに置いて、ベンチは何か変えたつもりになっているのかもしれないが、鈴木誠也が3番、西川龍馬が4番に戻り、クロンが5番。打てばすごい面々の、当たらなさ感もまたひときわ。

いっそ小園を3番4番に置いてみては? そんな試み(実験)をしてくれた方がワクワクします。打ってる人を優先しない不思議。

試合後、佐々岡監督は「代えられない選手たちが結果を出してくれるのを我慢して待つしかない」。(「スポニチ」)

「代えられない」って、誰が決めたの? 代えられますよ、監督ならば。そのしばり、解き放っては?

それが今(ここ数年の)カープの一番の問題なのでは。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月11日

現役時代も指導者としても二流ばっかり、広島はコーチ不毛地帯


試合がないと寂しいが、歯がゆい気持ちにならずにすむ今のカープ。でも、明日は週一番のお楽しみ、森下暢仁デーだ。

森下や栗林良吏のように、自分で考え、プレーできる、技術とタフさを持った選手は、見ていてプロの世界を感じさせてくれる。

で、プロたるもの、コーチの能力に左右されず、力を発揮するもの。というイメージが基本的に私にはあります。

一方で、上司に恵まれた会社時代を送ってきたので、そういう人の存在の大きさも実感してます。


最近読んだ、作家の森博嗣さんの『勉強の価値』で、こんな文章に出会った。

ときどき、「一流の選手はコーチには向かない。天才的な人には、ノウハウがない、初心者の気持ちがわからないからだ」といったもの言いが聞かれる。だから、二流や三流の才能に指導を受けたほうが良い、という理屈らしいけれど、これは正しいだろうか? (中略)

ケースバイケースであろう。ただ、僕は、学ぶならば一流から学ぶ方が効率が高い、と考えている。


「名選手、名監督(名コーチ)にあらず」とはよく言われること。

以前、「ジャンクSPORTS」(フジテレビ)で、オリックス・ブルーウェーブ(現オリックス・バッファローズ)にテスト生として入団し、選手として活躍することはなかったが、イチローに信頼され、専属打撃投手をつとめていた奥村幸治さんの話は印象的だった。

奥村さんは、少年野球チームで田中将大も指導したことがある。田中は「野球の大事なことはすべて奥村さんから教わった」みたいなことを話していた。

プロ野球と少年野球を並べることはできないかもしれないけれど、名選手でなくとも名コーチは存在するのかもしれません。

長嶋茂雄さんがわかりやすい技術の話をして指導しているのは想像できないけれど、実際のところは知らない。でも、一流から学ぶこと、肌で感じることはあるかもしれない。


で、カープです。

現在の首脳陣を見ていて、現役時代、一流だったと言えるのは、佐々岡監督だけ?

佐々岡さんが監督に向いてるとは到底思えないが、投球に関しては何かあるかもしれない(でも、継投策はメチャクチャ。もう止めてと叫びたい)。

緒方監督時代の畝コーチに至っては、1軍での登板が7イニングちょっとと聞いて、驚愕したことが。卓抜した指導力があれば問題ないことかもしれないけれど、完投している投手への指導に説得力はあるのか。ぽかーん、です。

よそのチームも隣の芝生で、錚々たる人ばかり揃っているとは言えないかもしれない。それでも、カープの指導陣の迫力に欠けること。

あるとき、かつて一塁ベースにいた山田コーチを見て、野球に詳しくなかった私はごめんなさい、えーと・・・どちらさま? と思ったことも。


選手がリスペクトできるコーチであってくれますように。的確なアドバイスを与えることができる人がいれば、それは幸いなこと。

逆に、首脳陣が選手をリスペクト(フラットな起用)していないさまを見ると、暗澹たる気持ちに。それ、指導者じゃない。

えぇ、中村奨成を十分に起用せぬまま二軍に戻したこと、忘れませんよ。

どんな選手を起用するか、選べるのはベンチ。ベンチに展望や見る目がなければ、お話にならない。

でも、話戻るけれど、やっぱりプロならば、自分の頭で考え、自ら器を広げていってほしい。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月9日

奨成消えた、安部3番、こんなシナリオのドラマ見たい?


5月9日、中日戦(バンテリンドーム)、2対0で完封負け。

本日のカープの安打数は4(そのうち1つはピッチャーの玉村昇悟)。柳裕也の奪三振ショーを見せられる。その数、11コ。

それより、柳が投げた8回のうち、7回が三者凡退。ゾッとするお寒い話です。

唯一、三者凡退に終わらなかったのは、3回。ツーアウトから玉村がプロ初ヒット! 菊池涼介がヒットで続き、羽月隆太郎がフォア。そして満塁の場面で安部友裕。

安部は空振三振。期待してはいなかったが、その期待のなさにきっちり応える。


絶好のチャンスの場面で点がとれなかったとき、たいてい負けますという「カープの法則」からいくと、今日も負け。

なんだけど、玉村に初勝利を贈りたい。今日は諦めずに応援するぞ(弱弱しい)。新人をバックアップしようという、先輩方の心意気が見たかった。

玉村はストライク先行のピッチング。解説の平松政次さんも、中日の栗原打撃コーチ(なんかよそよそしい響き)も、「ボールの出どころがわかりづらい。タイミングがとりづらそう」。

4回、福田永将へのフォアはもったいなかったが(その後、ビシエドの2ランが決勝点となってしまったが)、5回2失点。よかった。

次回もまた見たい。昨年の遠藤淳志のようにローテの一角をになってほしい(遠藤は今年さまよっているけれども)。


それより今日のスタメンです。

試合直前に見た2軍戦のスタメンに、中村奨成の名前が。ハッ、まさか。確認すると、磯村嘉孝が1軍登録されていた。

失望した。中村奨成をスタメンで続けて起用するという思い切ったことはやっぱり出来なかったのか。

ここまで打線が停滞しているのに、変えようという舵取りはされなかった。チャンスに強い打席があっただけに、悔しい。

會澤翼がいない今、磯村の経験を買ったのか。磯村いると、ちょっと安心感あるけど。

會澤の抜けた穴は大きいと書く記事も見たが、違和感。打撃にも精彩を欠いていたし、リードも窮屈そうで重苦しく感じた。

肩も強いし、リードもいい石原貴規と、打撃のいい(キャッチングはもっと練習しようの)坂倉将吾の若い2枚看板で、奨成をサブに置いて、どんどん行ってほしい。


3番・安部て。こわくない、こわくない。相手チームを喜ばせてどうする。

4番は鈴木誠也、5番は西川龍馬。4番と5番の入れ替えは、もうどっちでもいい感じになってきた(どっちもチャンスで打たない)。

鈴木も、西川も、コンディションよくなさそう。実践の場で徐々に調子を取り戻すというやり方もあるのかもしれないが、まるで登場人物が数人しかいないみたいな設定のドラマを見せられているみたいだ(世の中にはもっといろんな人がいるというのに)。

小園海斗は6番に。よく打っているので、自動的に上がったてきたが、鈴木、西川とクロンの間にはさまれ、つながる気がしない。

8番小園、ひとつ飛んで1番菊池、2番羽月というラインの方が得点を見込めそうで面白かったというのも、皮肉なことだ。

奨成、2軍でバンバン打って、すぐ帰っておいで。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月8日

連敗ストップ。でも栗林は神様じゃない。神頼み、やめて。


5月8日、中日戦(バンテリンドーム)、3対4。

引き分けはさんで6連敗。しかし、選手の入れ替えなし。あくまでも今いる選手の調子が上がってくるのを待つ戦法(それ戦法?)で行くわけですね。

ベンチの他力本願に(他力じゃないんだけど、自分のチームの選手なんだけど)、スタメン見て、失望して始まった試合だった。

が、ついに連敗は止まった。いろいろ波立つ試合でした。

1回、菊池涼介がヒット、羽月隆太郎が進塁ゴロで、鈴木誠也と西川龍馬があっさり凡退。ア・ワン、ア・ツー、スリー、フォーってダンスのステップか。絵に描いたようなカープのパターンで始まる。

九里亜蓮はテンポのいい投球が帰ってきた。だけに、脳裏に「見殺し」の二文字がちらつく。


3回裏、根尾昂が打って、大島洋平のタイムリーで1点先制される。

が、4回、すかさず羽月がプロ初本塁打で同点に。ヨッシャー。

5回、根尾が打てば、小園海斗も打つ。またしても羽月のタイムリーで小園、ホームイン。1対2と、1点リード。

なのだが、5回裏、ピッチャー・福谷浩司のタイムリーで2対2。また同点に。

6回裏、2塁3塁のピンチを切り抜けて、九里、ガッツポーズ。6回2失点でマウンドを降りる。今日も仕事しました。九里に勝ちをつけられるか、7回が勝負だ。


7回、小園が打って、代打の堂林翔太がバントで送り、菊池のタイムリーで1点追加。福谷の暴投で、もう1点追加。2対4。

7回は中田廉。いつのまに中田、勝ちパターンに? なんか胸騒ぎ。

小園が打ったら根尾も打つ。根尾が2塁打、暴投とフォアで、ノーアウト、1塁3塁。ピッチャー代えて・・・。

大島のタイムリーで3対4と迫られ、やっと塹江敦哉に交代で、乗り切る。

8回裏、塹江が回またぎ。ここでも胸騒ぎ。フォア三連発で、栗林良吏に交代。9回まで待てなかった。守備固めで、坂倉将吾も石原貴規に交代。


栗林、併殺に打ち取って、9回裏に回またぎ。酷。この新人に頼りきるベンチ。

いきなり大島にヒット、京田にフォア、ノーアウト1塁2塁で、ヒリヒリ。

でも、4月24日の巨人戦、高橋昂也の3年ぶりの勝ち星を死守すべく、プレッシャーのかかる場面で、連続フォアを出しながらも、その後、怒涛のアウト3つをとった栗林。鮮烈。

その後は3人打ち取って、九里4勝目、栗林9セーブ目。


栗林は神様じゃない。だけど、野球の神様がついているかのよう。だって、行い、いいですもの。

行いが悪いのは、後手後手采配のベンチ。試合後、「栗林がいてくれてよかった」って、監督がいう言葉だろうか。これ幸いとまた同じことを繰り返しそうで、こわい。

5月5日の巨人戦でのミスを取り返そうと、2打点あげて、結果で返した羽月。

小園も猛打賞。鈴木と違って、点にからんでの安打。根尾との若鯉若竜対決も予想以上に楽しませてくれた。

打線は、1番2番8番(だけ)が目立った試合。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月7日

九里、森下、床田、昂也らの覇気を吸い込め、打撃陣


引き分けはさんで6連敗。試合のない2日間、負けのない2日間、穏やかです。この静かな時間、戦士の休息・・・ちがーう。仕事してなかった人、仕事して。

元気のない打線とは裏腹に、投手陣は、やる気だ。

8日、中日戦に先発予定の九里亜蓮。「前回はリズムの悪いふがいない投球をしてしまったので、攻撃面にリズムが生まれるようなテンポで投げていきたい」と、自分の仕事を見すえてる。

9日、先発予定の玉村昇悟は「ドンドン押していくのが自分のスタイル。しっかりと打者と勝負していきたい」と、勝つ気満々。(「デイリースポーツ」)


巨人との3連戦、先発としての仕事を果たしながらも打線の援護のなかった3人も、凛々しい。

中8日で、12日のヤクルト戦に先発予定の森下暢仁は、「早く投げたい」。(「日刊スポーツ」)

「早く投げたい」って、すごくいい。「PK蹴りたくない」って空気の出てる選手は、PK失敗します。この勝負していく感じ、打撃陣にもほしい。ものすごくほしい。

チャンスに打席が回ってきたとき、「やったるぜー」という空気出てる選手、今どれだけいます?

5月4日、7回1失点と粘った床田寛樹は「連続でいい投球をしないといけない。次の登板がすごく大事になる。何とか粘り強く投げたい」。(「デイリースポーツ」)

5月5日、6回1失点の高橋昂也は「貢献していきたい。変わらずにやっていきたい」。(「デイリースポーツ」)

報われなさが死屍累々のカープ先発陣(リリーフ陣も)のこの姿勢、連敗続きのカープにあって、救いの一つ。


今年の阪神、新人・佐藤輝明の加入でガラッと雰囲気明るくなって、いけいけモード。

かつて、田中将大が楽天を日本一に導いたように、一人の選手の存在が大きくチームを勝ちに導くことって、まれにあります(もちろん、他の選手の好調もあってこそ)。

チームリーダー不在のカープにあって、投手陣が引っ張ってくれている。かろうじてチームの状態を保ってくれている。

打撃陣、何とかそれにそろそろ応えてくれまいか。


しかし、5月5日、巨人に完封負けした試合後に、河田ヘッドコーチがこんな言葉。

「やるべきことはやっているし、練習をしていないわけではないけど。みんなの奮起というか、結果が出てくるのを待つしかない」(「サンスポ」)

田中広輔の復調を待つ河田ヘッド。ほんとうに見守るのがお好きなのね。

練習はほかのチームもやってます。やるべきこと、ほんとにやりきっていると言えるのか。変えていく、仕掛けていく気はないの? ベンチから諦めの空気、プシュゥゥッと出したらあきませんて。



 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕

2021年5月6日

ひと、入れ替えて(投手除く、ベンチは含む)



5月5日、巨人戦(マツダスタジアム)、0対4。さっぱり1点も取れず。

1回裏、菊池涼介が出塁するも、羽月隆太郎がバントで送れず、鈴木誠也の併殺打であっさり終了。

この間、早くも巨人ベンチでは宮本投手コーチがブルペンに電話していた。のに、攻め入ることができず、サンチェスは7回まで長持ち。

高橋昂也は4回、坂本勇人、ウィーラーの連打、中島宏之の犠牲フライで1点先制されるが、岡本和真と丸佳浩は打ち取り、1点にとどめた。

岡本との「小さい目」対決はビジュアル的にも見ごたえあり。空振三振いただきました。

昂也、今日も凛々しかった。またしても打線の援護がなく、6回でマウンドを降りる。もう、こういうの、ほんとに嫌。


7回は中田廉。打ち取ったかに見えた炭谷銀仁朗のセンターフライを、一瞬の間が訪れ、羽月が見失い、1点追加される。

数日前も、長野久義がレフトフライを落球していた。日射しが邪魔をする外野手にとってやっかいな時間帯。

なんだけど、7回裏、丸のところに飛んできたセンターフライ、丸は死んでもボールを放しませんでした。しかも、2回も。

経験と技術の差を見せつけられてしまった。丸、あっぱれ。


8回裏、正隨優弥が快音ならすも、増田大輝の好守に阻まれる。代打のクロンが粘るも、実らず。

それより、空振三振した鈴木誠也がヘラヘラ笑っていたように見えた。諦めムードもれてますよ。ソフトバンクの長谷川勇也みたいに、もっと悔しそうな顔してほしい。一打席にかける気迫が希薄。

これだけ点が取れないと、見ている側はデッドポイントを超えて、淡々としてまいりました。小園海斗の3塁打など、覇気ある場面を胸に刻もう。

會澤翼のコンディション不良のため、マスクをかぶった石原貴規。會澤の窮屈そうなリードが重苦しく感じてしかたなかったので、しなやかそうな石原、なんかいい。打席でも覇気を感じた。盗塁も1つ阻止。この当たり前の喜び・・・。


たまたま読んでいた本に、投資家のウォーレン・バフェットのこんな言葉を見つけた。

「我々はどんなに優れた企業であったとしても、過去の業績からは1円も儲けることはできない」

いまだにベンチやカープOBから「タナキクよもう一度」という声を聞くたび、目を覚ませ、と思う。

過去の実績にとらわれるのはもうやめて。これだけ点がとれないのが続いているんだから、人を変えるしかない。小園をスタメンに置いたのはその変化の一つ。もっと、もっと。

覇気のない西川龍馬も、才能があるからと言って無条件に使い続けるのはどうか。

仲間の投手が1球1球投げ込む姿を見て、打者は何思う? もう負けムードは置いといて、工夫して1球1球向き合って。


この日の実況解説は、両チームのOBではない、和田一浩さんと藤川球児さん。

打者と投手のエキスパートの解説はわかりやすく臨場感あって、聞き逃したくない気持ちになった。お金のとれる解説ですね。

また、アナウンサーの浅井僚馬さんが、好感のもてる方でよかった。両チームへの選手と、和田さんと藤川さんに対するリスペクトを感じる言葉、聞いていて嫌な(失礼な)ところがなくて気持ちよかった。

カープは負けたが、この実況が聞けてよかった。試合より実況が面白いって、それどうなの?


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク
〔関連記事〕