2019年8月3日

「選手全員、有言実行」の日は近づいている?

8月2日、阪神戦(マツダスタジアム)。7対0で、大瀬良大地が今シーズン2度目の完封勝利。

この日は打たせてとるピッチングスタイルで、終盤さらにギアが入った真夏の完封劇。しかも、本人初という無四球。リリーフ陣を休ませることが出来た、真夏の救済劇。

それにしても、西川龍馬が元気。菊池涼介との1・2番コンビもいい感じ。しかし、3番のバティスタのところでプツッと切れる。

ところがどっこい、6回のバティスタの満塁ホームランには驚いた。これがあるから、バティスタ、やめられない。

しかも、會澤翼、メヒアの連打のあと、小薗海斗がゴロで凡退、大瀬良がバント失敗と、ムードが沈みそうなところを、西川がタイムリーで1点追加。菊池がフォアを選び満塁となったところで、ガツンと飛び出す満塁ホームラン。

バント失敗した大瀬良に「頼むぞ」と言われ、タイムリーをしっかり打った西川もえらかった。ヒーローインタビューで、このいきさつを臆面もなく大瀬良のとなりで話す西川のあっけらかんさも、いい。

ところで、小薗は高橋遥人にタイミングがあわず、この日はノーヒット。6回、いっそバントのサインを出すのも手とは思われたが、小薗がバントしているのを見たことない。

そういう巡り合わせになかっただけかもしれないが、けっこう好きに振らせてもらっているというか。西川は打っていても、そういう局面でバントのサインが出ることも多く、勝負に出ないベンチに唖然とすることは多いが。



ジョンソン、床田寛樹、九里亜蓮 、野村祐輔、大瀬良と、先発の柱に勝ち星がつくようになってきた。巨人との3連戦も勝ち越し、「自力優勝消滅」という言葉も聞かれなくなった。

7月24日、まだ「自力優勝消滅」ラインをすれすれに綱渡っていたとき、中日戦で完封したジョンソンが「とにかくまずは1位に返り咲きたいと思います」とヒーローインタビューで言ってくれた。

まだ誰もおいそれと公然と言えなかった言葉。というか、ジョンソンほどハッキリと言っている選手はまだいない。

7月31日、巨人戦で接戦を勝ち取ったときもジョンソンは、「まだ優勝を諦めていないので1戦必勝で戦っていきたいと思います」と。なんか、この迂闊に言えない状況で、こう言ってくれる人がいるのはいい。ここに来てジョンソンが静かなオピニオンリーダーに?

首位・巨人とのゲーム差がいよいよ3に。いまだジョンソン以外の選手は静かに口を閉じていますが、一戦一戦、近づいている気配がします。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
値千金の完封勝利、ジョンソンから久しぶりに聞いた言葉にグッときた。
大瀬良大地、雄々しい完封。長野久義はドジっこキャラ襲名で。