2017年10月20日

黒田博樹が初のラジオ中継に!

横浜DeNAベイスターズとのCS第2戦。昨日もラジオ観戦。
こちらの地方では、ショウアップナイター(ニッポン放送)とエキサイトベースボール(TBSラジオ)2局で放送されています。

radikoの番組表を見ると、TBSラジオの解説は「あっ、衣笠祥雄さんだ!」。そして、鉄人と並んでゲストに黒田博樹の名前が!
ラジオで黒田の声が聴けるとは。しかも、愛弟子、野村祐輔の登板試合で。ようこそ、ようこそ。

番組の始めにアナウンサーも「今日はなんと黒田博樹さんをゲストにお迎えしています」。リスナーもおんなじ気持ちですよ。ほんと、「なんと」のサプライズですよ。しかも、ラジオ実況の出演は、黒田にとっても初めてのお仕事だそうです。

2冊目の本『クオリティピッチング(ベストセラーズ、2013)を通して黒田は、ピッチングというのは、一球入魂のその場その場かぎりのものではなく、前の打席、次の打席ともつながっている立体的なものなのだと、新しい視点を教えてくれました。



そのことは現役時代の黒田の投球からも、引退して野球中継のゲストに招かれたときの解説からも、知ることができました。
この日もまた、配球の組み立てについて臨場感ある話が聞けて面白かったです。

ゲームの方は、先発の濱口遥大をなかなか打ち崩せないは、パコンパコンと撃たれるは……あれ、なんかこれ見たことあるぞ。という、シーズン中の横浜戦を思い起こすような既視感満載の展開でしたが、得難き黒田のラジオ出演。最後まで聴きました。
濱口、素晴らしかったですね。

第3戦のTBSは、解説がカープOBの川口和久さん、ゲストが久米宏さんです。前々回の記事でカープファンの久米さんについて書いたばかりなので、これもまた、どんなお話が聞けるのか楽しみです。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

カープのファンになったきっかけ1
ゲームの面白さを増幅させてくれる解説者・安仁屋宗八さん