2017年10月19日

ゲームの面白さを増幅させてくれる解説者・安仁屋宗八さん

横浜DeNAベイスターズとのCS戦、いよいよ始まりましたね。
広島テレビの中継では黒田がゲスト解説だったとか。広島に住んでいる方がうらやましいです。

昨日は、ラジオニッポン放送で実況中継を聴きました。テレビ(地上波)に続いて、ラジオもプロ野球の中継は少なくなりつつある昨今なので、こうして実況が楽しめることはありがたきことです。ぜひ今後とも。

ラジオは球場の熱気がしっかりと伝わってくるし、仕事や作業しながらも試合の経過を聴き届けることができるので、けっこう気に入っています。

解説者はたいてい第一線を経験した方たち。でも、まるで遠くから「観戦」しているかのような、当たり障りのない現場感のない解説に出会うことも時おり。

「そういう見方があるのか〜」と発見をもたらしてくれる解説者と、ホーム・アウェイにとらわれない両チームへのリスペクトが伝わってくるアナウンサーとのタッグに巡り合わせたときには、観戦の充実度がグッと増しますね(テレビや動画中継のときも)。

「カープ爺や」こと、カープOBの安仁屋宗八さんはまるでグラウンドに降り立っているような臨場感を毎回のように感じさせてくれるので、聞いていてスカッとします。



スポンサーリンク


〔関連記事〕
黒田博樹が初のラジオ中継に!