2017年12月30日

あっちこっちで伸び盛り

12月17日、岡田准一がナビゲーターをつとめるラジオ番組「GROWING REED」をたまたま聴いていて、素敵な人に出会えた。

シルバー世代にも楽しめるゲームアプリがない。と、80代になってからプログラミングを勉強して、「ひな壇アプリ」を作ったという、若宮正子さん。

ひな人形のアイコンをひな壇に正しい位置に並べていくゲーム。正解すると、鼓の音がポーンと鳴るという。そう言われてみると、ひな人形の位置、ちゃんと覚えていたかな? シンプルだけど、楽しそう!

今年、アップルが毎年開催しているイベントWWDC(世界開発者会議)で、CEOのクックさんから、リスペクトの気持ちを込めて、世界最高齢のプログラマーとして紹介され、話題になった方でもあるそうです。

若宮さんのお話からは、人と比べないで、自分の思ったことを行動してきた人が持っている伸びやかさが伝わってきて、とてもチャーミングでした(番組では、トークの合間に「コンピューターおばあちゃん」が流れてました)。

12月25日の「ワールドビジネスサテライト」でもゲスト出演されていた。そこにいるだけでまわりがパーッと明るくなるような、ベリーショートでピンクのニットをまとった若宮さん。
「80代って、伸び盛りだと思う」という言葉がこれまた素敵だった。



12月29日、長野で行われたスピードスケートの五輪代表選考会で、小平奈緒さんが1500mで2位に。小平さんというと、500mや1000mの短距離種目のイメージだったので、驚いた。

試合後のインタビューで小平さんは、「まだまだ伸び盛りだと思っています」と話していた。若宮さんのように伸びやかで、充実して見えた。

カープ最年長の新井貴浩も今年、雑誌のインタビューでこんなことを話していた。
疲れのリカバリーに時間がかかるようになって、体力面では若い頃になかった変化を感じるけれど、技術面では(経験を重ねたこともプラスして)向上していると手応えを感じているところがある、と。

自分が成長しているという実感は、自分に対するいいイメージになって、その人をさらに伸ばしていくものだと思う。
年齢という先入観は、自分にとっても、他人から見ても、大きな存在と感じることがあるかもしれないけれど、実感はそれを超えさせてくれる大事なもの。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

 ●スランプの原因とはいったい何か?