2019年4月24日

アドゥワ誠、初先発好発進。あるもので打線もふんばった。

4月23日、中日戦(マツダスタジアム)。

昨シーズン、リリーフとしてリーグ優勝を支えてくれたアドゥワ誠が満を持して初先発。

初回と5回、平田良介にソロホームランを浴びはしましたが、7回2失点と、クォリティスタート。

ぜひとも白星をプレゼントしてあげてほしかったが、先発ローテの一角を担ってくれる目処が立って、それはこの日一番の朗報。

昨シーズン、1勝もあげることのできなかった、かつての中日のエース・大野雄大は8回2失点。今シーズンの大野のピッチングには期するものを感じます。

雨でコンディションのよくない中での投手戦。スタメンに1割打者などいない中日の顔ぶれと比べると、なんとも非力さを感じるカープの面々。その上、鈴木誠也がベンチ入り。



ではありましたが、1回、長野久義が犠牲フライで1点と最低限の仕事を果たし、2回には、今シーズン初スタメンの磯村嘉孝がソロホームラン。じりじりと静かな動きですが、まだ4連勝の流れを手放してはいない感触。

9回、バティスタと野間峻祥のヒットで1アウト1塁2塁。ここで高橋大樹の代打・西川龍馬がフォアで出塁(高橋、この日もまた大事な場面で代打のコール。ベンチからの信頼をじりじり積み上げる活躍待ってるよー)。

2アウト満塁の場面で小窪哲也。代打のコールなし。4月17日、巨人戦の9回裏、チャンスの場面で石原慶幸に打席が回ってきたときのことがほんのり思い浮かぶ。

期待値が高くない選手も打つときは打つ。そしたら、小窪が逆転タイムリーを打ったー。ヒーローインタビューにも立ったー。石原のときもでしたが、いろんな選手がお立ち台にあがってくれるのは楽しい。

鈴木誠也のコンディションも心配な中、非力打線で、いる人でなんとか踏ん張る打線でどこまで行けるのか。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

中日の大野雄大、大幅ダウンも笑顔で会見。薮田はどうだった?