2019年8月9日

野村祐輔、パーフェクト!

8月8日、DeNA戦・第3戦(マツダスタジアム)。4対1で勝ち越し。

先発の野村祐輔が8回104球を投げて、1安打無四球のパーフェクトなピッチング。

このまま野村の完封勝ちを見たかったのだが、8回を終えてベンチに戻った野村、佐々岡コーチに言葉をかけられ、えっ?という表情。緒方監督と佐々岡コーチと握手して、ここまで。

野村も最後まで投げたかったと思うのだが。リリーフ陣を休ませたい先発としての心意気もあったはず。

次回の登板を見越しての判断のようで、いたしかたないとしても、野村のモチベーションはどうだったのだろう。

4点リードながら、9回はまたしてもフランス。連投の疲れもあってか、1点とられ、完封勝ちとはならなかった。フランスアにとっても、後味はよくない。選手のモチベーションはどこふく風、の采配は続く。



1点を先制した4回のダブルスチール。5回、バティスタの3ラン。打線の見せ場はこの2つだけだった。

ほかに見せ場となるはずだったところで、大きなチャンスを3度逃した。

4回満塁の場面では小園が凡退。5回2塁3塁の場面では安部友裕が凡退。

6回、小園が初死球で出塁。野村がきっちりバントを決めて(こういうところも野村、素晴らしかった)、西川龍馬がフォアで2塁3塁のチャンスも、菊池涼介とバティスタが凡退。

いつ流れがDeNAに渡ってもおかしくなかったところを、野村がふみとどまってくれた。

2回、ロペスのヒット以外はほぼ三者凡退。5回、小園海斗のエラーで走者を出すも、あとはきっちり討ち取り。7回、ロペスに粘られるも7球目をゴロで討ち取り。しびれました。

ともあれ、DeNAに勝ち越せたことは大きかった。首位の巨人とはつかずはなれず。トップランナーの後ろにきっちりついて、離されないように。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
ジョンソン、ストレート発言続く。