2017年12月22日

菊池涼介・野手と投手のあいだに立って

12月21日、カープの契約更改(日本人選手の)は終了したようですね。トリをつとめたのは、菊池涼介。

契約更改後の記者会見で、菊池はこう語っていました。
「(球団とは)チームについての話をして、投手と野手の関係の話もした。今までも言いたいことを言ってきたけどチームを良くするために言っていきたい。来年はもっと引っ張っていけるようにという強い気持ちでいる」

以前、黒田博樹も『Number』(2016年10月6日)の新井貴浩との対談で、「その頃(カープに入団した頃)は、投手と野手は〈違う部署〉という感じだった。投手と野手で線引きされていた」と語っていました。

同じチームだからといって、野手と投手では、練習や調整が別々。投手は投手で、先発とブルペン陣とではまた、一緒に過ごす時間の長さも違うでしょうし。

でも、チームで闘っていくうえで、野手と投手が同じ方向を向いて、同じ気持ちで野球をやっていくことが大切。黒田と新井で、その役割を担っていたことは、2016年のカープにとって、大きな存在だったのではないかと思います。



菊池の契約更改の記事によると、今シーズン、カープは、野手陣と投手陣の間に小さな軋轢(あつれき)が生じたこともあったようでした。「打っているのに勝てない」「抑えているのに勝てない」……と。

たとえれば、出版社の編集部と営業部のよう?
読者に喜ばれる本を世に出すという同じ目的を持ちながらも、「もっと売れる本を作ってくれ」「せっかく作った本を、もっと売れるよう営業してくれ」と、それぞれの持ち場で踏ん張っているからこそ、互いに求める気持ちも強くなる。

菊池の、「(田中と丸の3人で)新井さんのような役割を果たせたら」という言葉に期待しています。あの素晴らしい守備、ここぞのときに出てくるタイムリー同様に、これからも菊池のいろんな意味でのプレー(あんなこと・こんなこと)、楽しみにしています。風通しのよいチームカラーをぜひ。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

「プロ野球総選挙2018」現役・OBより選ばれた野手&投手ベスト20は誰だ!