2018年4月27日

野村祐輔と東克樹の間合いに差を見た!……バナナにも目が釘づけ

26日、横浜DeNAベイスターズ戦。

横浜の先発は、開幕から三連勝のドラ1・東克樹(あずま・かつき)。ドラフトのときから「即戦力左腕」と名高かった東の投げっぷりを見られるのが楽しみでもありました。目力、強いですね。

1回表、カープから3点先取されましたが、その後も堂々と投げていて素晴らしかった。この日、DAZNで中継の解説をしていた門倉健さんが、「間合いというのは天性のもの」と、東のマウンド上での間合いのよさもほめていた。

自分がマウンドの上に立っている。そのリズムがちゃんと基準になっているというか、腹がすわっているというか。それに対して、この日のカープの先発・野村祐輔は、門倉さん曰く「バッターの間合いに合わせていた」。

試合翌日の報道で知りましたが、野村が4回で降板してしまったのは、背中のハリが原因だったそう。とはいえ、東の、あのゲームの流れはそう簡単に渡さへんでぇ! という気迫が伝わってきそうな間合いは見応えありました。

その東。ベンチに下がるごとに、バナナを食べてエネルギー補給していました。あ、食べてる。あ、またバナナ食べてる。と、思わず声に出てしまったほど。

2006年、夏の甲子園で早稲田実業の斎藤佑樹(現・日ハム)が、ポケットからハンカチをとりだしマウンド上で汗をおさえていたのを見たときと同じくらい、新鮮な光景でした。

3回以降、3対3の同点が続き、こんなときゲームは1発が出て決まるもの……そんな予感がしていましたら、9回表、カープにまさかの1発が。

代打のエルドレッドが久しぶりの存在感! まさかの中日から三連敗のあと、まさかの横浜から三連勝。よしっ!



スポンサーリンク


〔関連記事〕

横浜DeNAベイスターズに広島カープを見た!?