2018年7月21日

下水流の劇的な逆転サヨナラ打! 華のある選手とは?

7月20日、巨人戦(マツダスタジアム)。

ジェットコースターのような展開のゲームでした。

初回。巨人の先発・山口俊から、1軍復帰した安部友裕の3ランも出て、4点先制。しかも、不思議とまた出てしまった、會澤翼への死球。

今年の5月1日、會澤が山口から二度死球を受け、カープが勝ったゲームを思い起こす。ジンクスではないですけども、今日も行けるのでは、キロリ〜ン☆ と、まず第一の期待。

続く2回も、松山竜平のホームランなどで3点追加。好調の巨人から7点とまとめ買い。これで、カープ先発の野村祐輔も余裕を持って投げることができるだろう。と、第2の期待。スタミナばっちり、ミスター完投の山口はここで早くも降板。

ところが、3回・4回、野村は立て続けに3ランを浴びて、1点差となる。のぉむぅらぁぁぁ。

しかも、山口の後を受けた吉川光夫(野村の高校時代の先輩、広島県出身)がスキのない好投を見せてくれ、しびれます。

んが、エラーがらみで、カープ、6回裏に1点を追加。2点リードします。

しかし、7回、フランスアが2失点。同点に追いつかれます。この日も會澤は終始、外角一辺倒と呼びたくなるリード。一概にピッチャーだけの責任とは言えないような気配をプスプス感じました。

巨人のリリーフ、上原浩治、澤村拓一の無失点リレーをくぐり、巨人は延長10回、岡本和真がジャクソンから逆転ホームラン。

しっかし、1点差の場面でジャクソンが出てきた時点で、あれまだ1軍にいたの? と素朴なおどろきが。逆転される予感が。この予感がまたも的中。

7点差をひっくり返す、粘りと勢い。この瞬間、今年は巨人がリーグ優勝するのだろうと、幕を閉じようとしていたところ……。



10回裏、菊池涼介がフォアで出塁。ツーアウトの場面で、下水流昂の打球がライナーのように低い放物線を描いて、スタンドに!

下水流は、4月19日のヤクルト戦でもサヨナラ逆転タイムリーを放っていましたが、まさかここでホームランとは。映像を見るたび、鳥肌が立ちます。ベンチ前でスキップして喜び炸裂の新井貴浩も、何度でも見ていたい。

この日は鳴り物の応援はなく、聞こえてくるのはお客さんの声援のみ。鳴り物の応援も楽しいが、うぉぉぉぉと力強い声の固まりが聞こえてきて、ローマ時代の戦いのようで、それがまたよかった。

下水流のヒーローインタビューはいつも、落ち着きのある社会人らしさがあって、これもまたよかった。

新井さんや、菊池、下水流……毎回ではないけれど、チャンスの場面で打ってくれる。そんな印象はファンにとって強く残りますね。

一方、丸は、コンスタントにヒットは打っているけれど、チャンスの場面で打つ印象は薄め。日ごと、頼れる大物感を漂わせつつある丸(どこか遠くに行ってしまいそうな……)ですが、まださほど華を感じないのは、そういうことなのかなとも思った夜なのでした。



スポンサーリンク


中村祐太の粘りが響く……野球ってこういうものなんだなと思った
野間・會澤・西川・堂林・下水流、10回裏の単打連打で大逆転!
まさかの総力戦、安部が下水流につないだ劇的な結末