2018年11月1日

日本シリーズ第4戦・魔法がとけたようにレギュラーシーズンに逆戻り?

10月31日、日本シリーズ、ソフトバンクとの第4戦(ヤフオクドーム)。

スタメンを見た時点で、CSから続いていたよい流れが止まってしまったような気分に。

打撃不振の丸佳浩は変わらず3番に。第3戦で胸のすくような活躍を見せてくれた安部友裕は9番のまま。

DH制なので、9番は1番へとつながっていく打順。そういう考え方もあるかもしれないけれど、「3番・安部」と思い切った動きを見せてくれるかと期待していたので、カックンと。

シリーズ第3戦まで、堂々と落ち着き払ってプレーしていた、レギュラーシーズンとは別人のように見えたチームが、この日はレギュラーシーズンに戻ってしまったよう。ベンチの采配ともども。

唯一、鈴木誠也の5回のソロホームランだけがわくわくさせてくれた。打席に立つ鈴木、とても落ち着いて見えます。ボールがよく見えている。そんな好調な雰囲気がたちのぼっているようで、見ていて感動しました。

この日も、第3戦に続き、鈴木の前にランナーがなかなかたまらない。この日、カープは4安打。




投手陣は、ヘルウェグや今村猛がコールされた時点で、やはり、それ以上にコンディションのよい投手がいない現状なのかと、ホークスとの台所事情の違いを感じる。

第5戦の先発は、両チームともに中4日で、初戦と同じく、大瀬良大地と千賀滉大。

カープは、第4戦のリリーフで中村祐太が出てきた時点で、あれ? 第5戦の先発じゃなかったの?と、大瀬良の中4日先発に予想が立ちましたが、ホークスも人手不足なの? というより、短期決戦とはこういうものなのでしょうか。

2年前のハムとの日本シリーズのことを思い出すと、慌てず、もう一人先発を立てて、少しでも万全に(休息をとって)エースを送り出せたら……と思うのですが、短期決戦とはやはりこういうものなのか〜?

中4日対決、どうなるでしょうか。

そしてカープは盗塁できるでしょうか。赤松さんがいたら、ホークスの甲斐拓也の前に、どんな走塁をしたのだろう。あぁ、見てみたい。



スポンサーリンク


勝てたらラッキーと思えるような消極的なオーダー。あえて好調な波に乗らない打順。