2019年4月18日

石原慶幸やった! 小園海斗カモーン!

4月17日、巨人戦(熊本・藤崎台県営野球場)。

1回、巨人のドライチ・髙橋優貴の3四球で降ってきたワンアウト満塁の絶好のチャンスでまたも得点できず、あぁ、今日もまた?

1番(田中広輔)・3番(バティスタ)・5番(松山竜平)と要所をしめる打者が軒並み打率1割台って。ほかに、ほかに選手はいませんか〜とマッチを持って歩きたくなる始末。

それでもカープの先発・野村祐輔は6回2失点と試合をつくった。7回の一岡竜司もふんばって、この日も無失点。

場面場面の適材適所というものがあって、そう単純なことではないのでしょうが、一岡にクローザーを任せてみてはと思ってしまうほど、一岡はいま信頼を一つひとつ築いている気がします。



3回、菊池涼介のソロホームランで、2対1。7回、西川龍馬のタイムリーで同点に。しかし、ここでもこれ以上チャンスを活かせず1点どまり。

7回、3人目の宮國椋丞はバティスタを打ち取ってガッツポーズをしていたようだが、今のカープ打線を押さえたごときでガッツポーズするんじゃない〜(自分を安売りするな〜)。と言いたくなる現況のカープ打線なのでした。

8回には丸佳浩に2ランを打たれ、4対2。まるで四十九日がすむまでは、みたいに大人しくしていた、これまで広島戦でノーヒットだった丸が、ついに来ました。



8回は、鈴木誠也、松山竜平、長野正義があっさり三者凡退。はぁぁ、今日もまた?音頭が繰り出されます。

しかし9回、野間峻祥、安部友裕、西川、菊池がつないでつないで、4対4の同点に。9回2アウトのチャンスの場面で、打席に立つのは石原慶幸。

延長戦の可能性も出てきたところで、石原に代打は出されなかった。これが功を奏して、石原が、今シーズン初安打の逆転タイムリー!

9回は中﨑が守りきって、泥沼疲弊の延長戦とはならず(スタートからつまずくこと多しでしたが)、久しぶりに晴れやかな気持ちで終わりました。

小園海斗はこの日、ウェスタンリーグで、ソフトバンクの和田からホームランを打ったとか(「Full-Count」)。出てこい、小園!(頼むからを出して)



スポンサーリンク


〔関連記事〕

打率1割台の選手がスタメンに4人もいるカープ打線だもの