2019年4月4日

野村祐輔、おつとめ果たせて「よかったです」。

4月3日、中日戦(ナゴヤドーム)。

7回、鈴木誠也が第一戦のチャンスを見逃した自らへの憤怒パワーすら感じる豪快な3ランで、吉見一起との投手戦を繰り広げていた野村祐輔を援護。

この日の野村の球数の少なさには感嘆の声が。こういう野村が見たかった。7回を小気味よく投げ終えて、77球。

ここは中継ぎ陣をできるかぎり休ませてあげたいと普通、思いますよね。しかし、8回には昨日に続いてフランスアが登場。

しかし、フランスアは2連続三振のあと、京田陽介を打ち取り、昨日のゲームのどよんとしたムードを払拭。

これは、一日も早く挽回させようという、よく緒方監督が打つ手の一つなのだろうか。うーん。休ませてあげたいという素直な感情が生まれます。今年もまたフランスアの登板過多が心配です。

そして9回は中﨑翔太。中﨑、これまで決め球がない中、よくがんばった。クローザー不在の中、2015年に抜擢され、何度も味わった中﨑劇場。修羅場をくぐってきた経験値への信頼もあります。

だがしかし。昨シーズン終盤から続く、あの軽そうな(打ちやすそうな)球を見ていると、この場所に立つのはもう別の人でいいのではと。なぜそこまで中﨑にこだわるのかと。

相手のミスのおかげもあって事無きを得ましたが、ベンチの状況の見えてなさ・頑固さにはほとほと疲れ果てます。

楽天に移籍した福井優也も先発し、5回無失点と高評価だったようです(「河北新報」)。野村ともども、開幕スタート、よしっ。



スポンサーリンク