2019年5月12日

西川龍馬が1番センター、スタメン変更に活気を感じた

5月11日、DeNA戦(マツダスタジアム)。

ジョンソンが6回無失点。続いて、一岡竜司 → フランスア → 中﨑翔太で、4対0の完封リレー。

攻撃は1回、バティスタがフォアで出塁、鈴木誠也ヒット、松山竜平タイムリーで、1点先制。

2回、田中広輔ヒット、バントが不安な石原慶幸がきっちり送って、ジョンソンがフォア。ワンアウト1塁3塁で、この日、センター1番の西川龍馬がタイムリーで1点追加。

スタメン久しぶりの松山と、今シーズン初の1番・西川が起用に応えて、幸先のよいスタート。

「得点する確率が高い選手を起用するのがチーム方針。加えて選手間での競争意識をあおる狙いもあった」とのことだが(「デイリースポーツ」)、それってごく当たり前のことでは?

どの面下げて? といったシレッとした発言に聞こえます。田中広輔の起用を続けていることがいかに特例か、異例か、わかります。



DeNAのドライチ先発・上茶谷大河は尻上がりに調子を上げてきて、それ以降、投手戦の様相に。

7回、上茶谷から変わった石田健大から、代打の野間峻祥が3塁打。西川がフォアの後、菊池涼介の2塁打、バティスタの犠牲フライで、2点追加。

ここのところ1番を任されていた野間はスタメンを外され、定位置と思われていたセンターの守備を西川に譲ったこの日、代打で結果を出す。この二人の競争が高まると、チームにも活気が出てきそうで楽しみ。

昨シーズンはサードの位置を競っていた安部友裕と西川だったが、西川が外野にまわってから、安部にとんと危機感がなくなった。

今シーズンは小窪哲也が1軍に復活したが、小窪と安部の競争は激化しなさそう(してくれたらそれはそれで面白いけれど)。

サードの活性化も期待したいです(フルイニング出場の記録を達成するまでショート田中が出続けるのなら、サード小園、小園で)。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

石原慶幸やった! 小園海斗カモーン!