2019年10月1日

緒方監督辞任、見直した!

昨日、阪神が中日に勝ってCS進出を決め、ホッとしていました。

カープはこれ以上不甲斐ない試合をファンに見せるより、来季に向けて準備したほうがいい、と。

リーグ4位が決定。緒方監督の進退はいつ発表されるのかと思っていた今日、夜のラジオのニュースで、緒方監督が辞任会見を開いたことを知りました。

来季は新しいスタッフで臨んでほしい。ただ、球団は慰留しているという話も聞いていたので、どうなることかと思っていたが、緒方監督が辞めることを決めてくれて、見直しました。

カープ一筋で、カープファンを喜ばせたいと、指揮をとってくれた5年間。



緒方監督がカープの監督に就任した年、権藤博さんが『日経新聞』のコラムで、緒方監督が一喜一憂を表情に出さないことについて、監督に向いているのではないかと書いていたことがありました。

とくに今シーズンは序盤から判断のおかしさが顕著で、監督に向いていないのではないかと思うことが多々ありました。

ただ、権藤さんが書かれていたように、ベンチでの緒方監督の表情があまり変わらないところは、私もいいなと思っていました。

たとえばソフトバンクの工藤監督や、かつて西武を率いていた東尾さんなどは、点が入れば「うひょ〜」と喜びの表情を見せ、失点すれば、明らかにがっかりした表情を見せ。

監督たるもの、お気持ちはわかりますが、どーんと構えてみてはどうでしょうかと、他チームながら思ったりすること、ありました。そこのところは、緒方監督、よかった。

緒方監督、カープの3連覇を見せてくれて、ありがとうございました。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
客商売という姿勢