2019年5月4日

カープファンよ、田中広輔に代打コールを

5月3日、巨人戦(マツダスタジアム)。

ヒーローインタビューにはふつう、勝ち星のつかなかった先発が呼ばれることはないけれど、6回途中まで投げて自責点0。お立ち台には床田寛樹を招きたいくらいだった。

今シーズン、大瀬良大地と床田の投げる日は、野手陣にいろいろあったとしても(打てずともエラーしたとしても)、土台に足がついたゲームを見ることができている。床田、たいしたものです。

8回、西川龍馬の浅いレフトフライにもかかわらず、代走の曽根海成がテテテと生還。前回の記事で「曽根は、打席でも、走塁でも、守備でも、いつもフレッシュな覇気を感じさせてくれる」と書きましたが、この日も魅せてくれました。

お立ち台でも曽根は、紋切り型の挨拶は使わず、どこか自由な風が。なかなか調子の出ないカープの淀んだ空気を、こうした覇気のある選手のプレーで浄化していってほしい。



巨人は7回、阿部慎之助の代走に、増田大輝。む? この人はもしかして、2018年に放映された「プロ野球選手の妻たち」(TBSテレビ)に出ていた人では?

鳶職から野球選手に転職。独立リーグの「徳島インディゴソックス」でプレーし、2015年の育成ドラフトで巨人に指名されたという経歴の持ち主。

巨人の内野も激戦区。1軍でプレーするのは大変なこと。でも応援したいと印象に残る人だったのでした。

今シーズンは1軍でプレーしているのですね。嬉しくなって思わず拍手しました。5月2日の中日戦では田島慎二から三塁打を放っていたそうです。



この日、RCCの実況解説をしていた山崎隆造さんが、「新しい監督になると、選手にとっては新しい目で見てくれるというよさがある」と、新しい選手にチャンスが与えられている巨人の現況について語っていました。

これは暗に、選手の選択が硬直化しているカープの現況について示唆しているようにも思えました。

5回裏、ノーアウト塁3塁のチャンスの場面で、田中広輔に打席が回ってきたとき、観客席からあたたかい応援の声が聞こえてきて、私は違和感を覚えた。

代打コールをしてもいいんじゃない? と。結果は空振り三振。チャンスは活かせずこの回、残塁のまま終わる。

それは田中を非難するためにではなく(田中が調子を取り戻してくれたらそれが一番なのだから)、ファンの声をベンチと球団に直接届けるのに一番の方法なんじゃないかと思ったから。

結果の出ていない(エラーも多い)選手を使い続けているまともでない現状に、絶望的な気持ちになっているファンがいることを、なんとかわかってもらえないだろうか。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

勝てたらラッキーと思えるような消極的なオーダー。あえて好調な波に乗らない打順。