2019年9月15日

松山竜平、ここに来て光りだした、ピカッとな。

9月14日、巨人戦・第2戦(東京ドーム)。

今シーズン、巨人との最終戦。なんだかもう秋の気配がヒュウウ。

ブルペンデーとやらの巨人。先発・沢村澤村拓一に3イニング連続三者凡退。

4回、代わった高木恭介から鈴木誠也がソロで1点先制。走者がいなかったから致し方ないとしても、鈴木のホームランはソロが多いな〜。ヒュウウ。

その裏、丸佳浩の2ラン(not ソロ)で、あっという間にひっくり返される。2対1。

5回、石原慶幸の悪送球で1点追加される。3対1。

なんかもうダメなのかな。と、体温低いゲームを見ていると、6回、鈴木のタイムリー、松山竜平の2点タイムリーで、3対4と逆転。ジョンソンに勝ち投手の権利が。



ここのところの松山が、いい。一時期、満塁の場面で必ずのように打席が回ってきて、必ずのように凡退することが続いていた。それが、それが。

一方、西川龍馬は安打は多いが、走者がいる場面で打っているのは最近、とんと見ていないような。

7回、フォアを皮切りに、中村恭平が1失点。4対4の同点に。

8回、ここでも松山竜平がタイムリーを放ち、4対5と逆転。ちなみに、この回、先頭打者だった西川はのびのびと二塁打を打っていました。

しかして9回、フランスアが丸にタイムリーを打たれ、またしても同点。延長戦に。



なんかこう、階段を1段上ったら、すぐ追いつかれ、また追い越したら、追いつかれという、小刻みなステップ展開。

10回、長野久義の代走に出た野間峻祥に打席がまわってきた。野間かぁ。と静観していたら、2塁打打ちました。

堂林翔太がきっちりバントで送って、野間3塁。

代打に磯村嘉孝。磯村かぁ。と、二度目の諦観をしていましたら、巨人のパスボールが飛び出して、野間生還。 5対6、ふたたび逆転。

10回は今村猛が抑えてくれた。ありがとう、今村。

ともあれ、巨人との最終戦、勝って終われて、よかった。地蔵のように見守ったデーゲームであった。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
勝ったのに、このつまらなさは何だろう?