2018年2月28日

昨年も今年も、大人の気配漂うカープのキャンプ

カープの気になる最新情報が毎日発信されている中国新聞社のホームページ、中国新聞αアルファ

2月27日には、「勝者のキャンプ  主力級、創意工夫の練習」というタイトル記事が。それは、こんなふうに始まっています。

“ 宮崎県日南市と沖縄市でキャンプを視察した。率直に言うと「大人のキャンプ」、「勝者のキャンプ」という印象を受けた。”

大人のキャンプ。
昨年、権藤博さんが、広島のキャンプを訪ねたときのことをこんなふうに書いていました(『日本経済新聞』2017年2月16日)

“ カラ元気ばかりで、中身が薄い練習ばかりをしているチームとは違って慌てず、騒がず。この静けさは大人の静けさだ。チームは着実に成長している ”

年上の選手にもズバズバものを言える明るい雰囲気が、年上の選手の頭もパシパシ叩く(主に菊池が主に松山の……)自由さがベンチ内に漂うカープですが、グラウンド上では大人の気配が。この両方備わっているところが、今のカープの大きな魅力のひとつ。

1月31日の「毎日カープ」でも、「黒田はまだそこにいる……黒田博樹が残したもの」というタイトルで、その権藤博さんのしびれるコラム記事をご紹介しています。ぜひ併せてご覧ください。


 
 スポンサーリンク


〔関連記事〕

黒田はまだそこにいる……黒田博樹が残したもの