2018年9月17日

こういう岡田が見たかった

9月16日、ヤクルト戦(神宮球場)。

4対2で、今シーズン神宮最後のゲームを締めくくる。2位ヤクルトを好き勝手させませんでした。

先発の岡田明丈、1回に4点の援護を早々にもらっても、2回にヤクルトのドライチ・村上宗隆に初打席ホームラン(2ラン)を許しても、大きく乱れることもなく、6回2失点とゲームを作りました。

不安定な投球を見せてしまうのも、岡田。でも、インコース、攻める。ストレート、ズバッと決まる。こういう岡田が見たかった。

2回に2ランを打ったヤクルトの村上。「初回のエラーを何とか取り返そうと思って打席に入りました」(「スポニチ」)。見上げたもんじゃぁぁぁ。

ハイライト動画を見たら、DeNAの筒香嘉智のようなどっしり感と、西武の山川穂高のようなスカッと感があって、新人さんだからと手放しでほめてる場合ではないことがわかりました。18歳。おそろしそうなコ(『ガラスの仮面』で)。

7回からは、一岡竜司 → フランスア → 中﨑翔太で無失点リレー。このところの一岡、見ていて落ち着きます。充実を感じます。一岡フランスアライン、盤石感があります。

ゲームのない3日間、どうぞ肩を休めて、備えてくだされ〜。



スポンサーリンク


坂倉将吾と岡田明丈を見てくれている人がいた
自分たちの野球って……?