2018年12月24日

落合博満氏が選ぶ「東京五輪ベストナイン」にカープ育ちが4人も!

落合博満氏さんが、23日の「ビートたけしのTVタックルたけし&爆笑問題がメッタ斬り!」(テレビ朝日)で、こんな東京オリンピックのベストナインを発表したそうです(「スポーツ報知」)。

・投手 菅野智之(巨人)

・捕手 會澤翼(広島)

・内野手 山川穂高(西武)、菊池涼介(広島)、浅村栄斗(楽天)、今宮健太(ソフトバンク)

・外野手 丸佳浩(巨人)、柳田悠岐(ソフトバンク)、鈴木誠也(広島)

なんと會澤が……。立派になられて。肩弱いのに……。やはり捕手が打てるということは大きなことなのですな。

しかも、丸は巨人に移籍しましたが、カープ育ちが9人のうち4人とは! まさに黄金期だったのか?

ところでトリプルスリーの山田哲人は? 菊池より打ちますよー。守備も菊池にはかなわずとも、まずまずなのでは? しかしそこは落合さんならではの視点があるのでしょうね。



さて、その菊池。12月21日の契約更改で、ポスティングシステムでのメジャーリーグ挑戦を志願したとのこと(「デイリースポーツ」)。

自分の人生ですからね。やらずに後悔するのはもってのほか。どんどんやってくだされ〜。

ただし、これは本人が重々承知していることでしょうが、オファーがあるかどうかで決まること。今シーズン、昨シーズンの打率を見ると……(きびし〜)。武器となる守備も、今シーズンはコンディションの関係もあってか、精彩を欠いて見えたときもあった。

それにしても、「カープで優勝して、日本シリーズで勝つことが一番の目標」(「スポーツ報知)という言葉が嬉しい。

現時点ではカープに在籍しているから当然と言えば、当然すぎること。でも、黒田博樹のあの言葉と勝手に重ね合わせてしまったのでした。というか、現時点でのカープへの愛情を感じたのでした。

「他球団のユニフォームを着て、広島市民球場でカープのファン、カープの選手を相手にボールを投げるのが自分の中で想像がつかなかった」

黒田博樹がFA権を取得した2006年、カープに残ることを決めた記者会見で発した言葉。ニュースで見て、当時、カープファンではなかったけれど、黒田のことがくっきり胸に刻まれたのを覚えています。

菊池が自分にかけたハッパがどう実を結ぶか、楽しみ見せていただきますよ。



スポンサーリンク


〔関連記事〕
広島カープ 最強のベストナイン
プロ野球の奥深さを『広島カープ 最強のベストナイン』で
「プロ野球総選挙2018」現役・OBより選ばれた野手&投手ベスト20は誰だ!