2019年8月25日

床田の白星消失ショックを遠藤の初セーブが癒してくれた

8月24日、中日戦・第2戦(ナゴヤドーム)。

先発・床田寛樹が帰ってきた。待っていました。

一方、この日の「2番・野間峻祥」には最初閉口したが、レフトの好守備やバントで貢献していた。

1回、ワイルドピッチとサンタナのタイムリーエラーで1点先制されたが、その裏、小園海斗のタイムリー2塁打、サンタナの2点タイムリー(エラーを帳消し!)ですかさず逆転、3対1に。

小園は8回にもタイムリーを打って、貴重な追加点をとった。

一方、5回、ワンアウト満塁の場面で、またしても松山竜平。見逃して、やっぱり……となる。

毎日のように「満塁で松山凡退」を見ている気がする。4番を託し続けるベンチの目は曇っていると申せましょう。

しかし6回、フォアとヒットで満塁の場面を作るも(鈴木誠也がトンネルしました)、床田、踏みとどまった。粘った。よっしゃー。6回1失点でマウンドを降りる。



7回は菊池保則が三者凡退。勝負事ですから、何が起きるか分からないから、毎回ハラハラはする。でも、お父さん的な落ち着きで抑えてくれる(まだ30前の青年なのですけれど)。ホッと嬉しくなる。

8回のフランスアが帰ってきた。フランスアも三者凡退。この球で、9回を抑えてもらえたらとずっと願っていたが、8回で力を発揮してもらえたら、もうそれでいいです。

9回は薄氷の中﨑翔太。いきなり3連打で1点。犠牲フライで1点。フォアとヒットで1点。やーめーてー。

やっぱり今の中﨑に9回をまかせるのはキツイです。打ってくださいと言わんばかりの球は、相手チームを楽にさせるばかり。それって、勝負なのか?

フランスアが9回で機能しなかったから、ベンチは中﨑の経験を重んじたとお見受けしますが、経験で太刀打ちできるものじゃないです。爆撃機に竹槍向けているようなもんです。

かろうじて逆転は免れ、4対4の同点で終わり、中﨑はベンチで呆然としていたようですが、こっちもボーゼンです。

また床田の白星が消えました……。ショックです。

この日も床田はピッチングだけでなく、フィールディングでも魅せ、バントも決め、ヒットも打ち、エースとして必要なものを持ち合わせているのを改めて感じさせてくれた。

個人競技じゃないから、自分の結果が活きないこともあるのはわかっている。でも、床田の場合、それがありすぎる。本当なら、最多勝争いをしていてもおかしくないのに。新人賞だって。

床田の積み上げてきた仕事をぶちこわしされることが多すぎて、気持ちがすさみました。




延長10回、鈴木が2塁打、メヒアが申告敬遠、安部友裕がフォアで満塁に。これが残塁に終わったら今日はもう敗戦。

なところでしたが、會澤翼が勝ち越しタイムリー。塁に出た鈴木はえらかった(6回のトンネルを帳消し)。

クローザーは遠藤淳志。緊迫した場面を三者凡退で、初セーブ。

ヒーローインタビューで遠藤は「ファンの皆さんと一緒に優勝できるように頑張るだけです」と、先輩方が誰も言わなくなった「優勝」という言葉を口にした。

若さと言えば、若さかもしれないが、本気でそう思って戦っている表れだと思った。遠藤のピッチングを見れば、誰もが納得するだろう。

遠藤や小園を見ていると、何かを諦め手を抜いている……というのは感じない。最善を尽くそうと身体と気持ちを張っているのが伝わってくるから気持ちいい。この二人がカープにいてくれて、よかった。

お兄様方がもう言わないのなら、遠藤とジョンソンに言い続けて戦ってもらおう。まだ諦めていないあの2文字。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
緒方監督や佐々岡コーチよ、遠藤淳志から学べ。
カープの打撃コーチって何見てるの? 一瞬、目の前がまっくら。
出てこない優勝宣言と、菊池が松山のバットをジョンソンに渡した件について。