2019年9月11日

西川龍馬がようやくお立ち台で宣言した

9月10日、中日戦・第1戦(マツダスタジアム)。

中日の先発は、3連勝中のルーキー・梅津晃大。

西川龍馬が3回にソロホームランで1点先制。しかし、初物に弱いカープ。なかなか梅津を攻略できず、リードしているという感感がない。

3回、1塁2塁のチャンスで小園海斗が空振り。5回、1塁2塁のチャンスで西川が空振り。

先制のソロホームランを打った西川ですが、最近、走者がいる場面では打ててないイメージが強いです。

風穴が開いたのは7回、會澤翼の2塁打に続いた、小園の2ラン。

3点リードと余裕が出来たからか、大瀬良大地が8回も続投。ハードなスケジュールが続く中、8回・116球を投げて、無失点で降板。



健康な人にありがちなことだけど、身体が丈夫な人というのは、身体が弱い人の気持ちがわからないもの。

自分が経験したことのないことについて思い及ばないのは、それ以外にも山ほどあることですが。

頑強だった佐々岡投手コーチには、自分もできたから、他の人間もできるだろう。そんな感覚で選手を動かしているんだろうなという気がします。

ま、野球選手は丈夫な人の集まりではありますけれど、これからも続くハードな日程。選手に負荷を掛けることに、少し無神経すぎないだろうか。

9回はフランスアがフィニッシュして、3対0で完封勝ち。



先発が試合を作り、先発を助けるホームランが2本飛び出し、守備も引き締まった試合だった。

お立ち台には、この日、大活躍した大瀬良・西川・小園の3人がお立ち台に。この大盤振る舞いがうれしい。わっしょい、わっしょい。

最後のファンに向けたメッセージで、西川が「もう負けられないんでね。なんとかあと全部勝てるように頑張ります」と、はっきり言葉にした。これは、これまでになかったこと。わたし、感動いたしました。

一方、ホームランを祝福された小園の「ありがとうございまーす」が以外に野太く、また「あざぁーす」に近いイントネーションで、今時の子っぽくて、ほほえましかった。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
出てこない優勝宣言と、菊池が松山のバットをジョンソンに渡した件について。