2019年10月23日

私が野球を見る理由・その2

日本シリーズ、ソフトバンクが先手3連勝しましたね。

巨人もこのまま終わるとは思いませんが、もしストレート負けでもしたら、昨年のカープは1勝1分けしていただけ、まだマシ。みたいなレベルの低い話になりそうです。

それにしても戦況がいちいち表情に出る工藤監督。原監督もですが、まだカラッとしてます。工藤監督は少しでも不利な状況に陥るたび、いちいち悪い顔つきになって、あからさま。

以前、ブログの記事にも書きましたが、ベンチでさほど表情を出さなかった緒方監督が懐かしいです。そこのところは、緒方監督、グッジョブ。

ところで、両チームとも応援が単調で、ちょっと退屈。日本ハムのときはさらに単調で、同じメロディが延々繰り返されていて、聞いていて頭がクラクラしそうになりました。2016年の小さな思ひ出。

その点、カープの応援歌は多彩でドラマチックだな、楽しいなと改めて思う。山本昌さんもラジオ中継の解説の中で、カープの応援歌っていいですね、みたいなこと言ってくれてました。




さて、2019年、モヤモヤが残ったカープ。田中広輔が実は負傷していたという話を知ったときは、驚きました。打撃不振の理由がちゃんとあったのだ、と。

そんな状態の選手をどうしてずっと試合に出した(ベンチにいさせた)のか。それが誰の意向だったのか、緒方監督なのか、オーナや球団なのかはわかりませんが。

そのことはチームの低迷を招いてしまったけれど、新人の小園海斗が登場するきっかけになりました。

マスコミは当初、中日の根尾昂やロッテの藤原恭大を大きく取り上げていたけれど、フタを開けてみると、今シーズン、一軍で一番活躍したのは小園でした。

1年目に活躍したからと言って、長いプロ野球人生、これからのことはわかりません。

でも、小園の華のある、可能性を感じる打撃と守備を見ることができたのは、今シーズンのカープの数少ない胸躍る出来事でした。



来シーズンもトラックマンは導入されないらしいし、コーチ陣も刷新される気配がない。球団の体質は閉鎖的なまま。

今シーズンのもやもやっぷりを考えると、カープファンでいる喜びが、じりじり目減りしています。

子どもの頃は地元兵庫の阪神ファンでしたが、カープを応援する前は、楽天を応援していたことを思いだしました。それは甲子園時代からいいなと応援していた田中将大がいたからでした

カープをこんなにも(全試合を追いかけるほど)応援するきっかけになったのも、黒田博樹の復帰がきっかけでした。

応援するのは、いつも選手から始まっていた。

いまカープでその姿を見ていたいと思うのは、小園海斗と、遠藤淳志と、岡田明丈(もちろん、試合を見続けてきて、ほかにも愛着ある選手はいます)。

そう思える選手がいる限り、カープを応援しよう。そう、思えるのでした。

岡田はちょっと心配なんですけどね。バズ〜カ〜、出てこ〜い。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
私が野球を見る理由
緒方監督辞任、見直した!

2019年10月22日

今年のドラフトと日本シリーズもセとパの溝くっきり?

日本シリーズ、先手2勝したソフトバンク。相変わらず強いですね。投打ともに、パワー感じます。おまけに緻密さも(そんなん鬼に金棒やん)。

ところで今年のドラフト。この秋は入院退院といろいろあったので、当日になって、「あ、今日ドラフトの日らしい」と知ってテレビをつけたら、もう中継が終わるところでした。

佐々岡新監督がどのくらいオーラを放っているか(もしくはオーラがないか)を確認したかったのだけど、見そびれました。

今シーズン、二軍で若手を育成してきた佐々岡さんが投手コーチになると聞いたとき、カープに風が吹けばと楽しみにしていたんです。

ところが、マウンドにあらわれた佐々岡さんのオーラのなさに、逆にびっくりしました。

いえ、オーラなんて、なくたっていいんです。私の知人で、オーラはないけど、ものすごく素晴らしい仕事をして尊敬されている人だっています。

でも、プロ野球は人気稼業なわけですし、オーラあったら、嬉しいなと。



今年のドラフトの注目選手、163キロのロマンあふれる佐々木朗希君を1位指名したのは、日本ハム、ロッテ、楽天、西武と、パのチームばかり。

一方、もう一人の注目選手、安定感ある奥川恭伸君を指名したのは、ヤクルト、阪神、巨人と、すべてセのチーム。

このパッキリと分かれたところに、現在のセとパの力の差が現れているようで、興味深かったです。

カープの1位指名は森下暢仁君。指名を受けたとき、笑顔が見えて、ほっとしました。

そう言えば昨年は、4球団競合の中、緒方監督(当時)が小園海斗を1位で引き当ててくれたのでした。

今シーズンの緒方監督は迷走続きでしたが、そこのところはグッジョブ!

このときも小園は笑っていて、なんだかホッとしたのを覚えています。

やっぱりカープに指名された選手から、ナチュラルな笑顔が見えると嬉しいじゃないですか。喜んでくれてるのかなって。そういうのって、人に伝わるじゃないですか。

後に、小園はいつも笑っている(ように見える顔である)ことを知るのだが。(つづく)


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
小園海斗君、セかパか、セに来た、カープに来たー!
中村くんと新井さん …… 選手の呼び方考
ドラフトで思い出した豊田泰光さんの名言

2019年10月21日

日本シリーズ見ていて思い出してた美間優槻、今度こそサヨナラに。

ついソフトバンクを応援してしまう今年の日本シリーズ(巨人を応援する気になれないというのがホントのとこですけども)。

そうは言っても、2年連続リーグ2位なのに、日本シリーズにはきっちり顔を出すソフトバンク、可愛げないです。清少納言ならきっとこう言うでしょう、いとにくし、と。

かつての日本シリーズと違って、今の日本シリーズはサッカーのルヴァンカップ(昔の名前はナビスコ杯)のようなもの。

そう割り切って見るものの、やっぱり日本シリーズはリーグ優勝同士の対決に戻した方がいいと、心底思う。



昨日、日本シリーズ第2戦を見ていて、ふと家族と「美間はどうしてるんだ?」という話になった。

そうしたら今日、美間がソフトバンクから戦力外通告を受けたというニュースが(「西日本ニュース」)。

美間のソフトバンクへのトレードが発表されたとき、泣きました。

美間がカープからいなくなった後、何度「カープに美間がいてくれたら」と、あのサードでの堅固で美しい守備を思い浮かべたことか。

でも、「自分の中ではやりきった感じはある」という言葉を聞いて、引退を悲しむのはやめました。

今までありがとう、美間!

そして来シーズン、さらに輝けこの二人。
美間とのトレードでカープにやってきた曽根海成〜。
楽天からやってきて、サードの守備に安心感を与えてくれた三好匠〜。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
朗報と不穏な空気とが入り乱れつつ3タテ
サヨウナラ〜。

2019年10月10日

會澤翼がカープ残留、ということは……。

CSのファーストステージ、スコアボードを見ただけですが、セ・パともに3戦とも接戦のようで、見応え伝わってくるようでした。

カープが出場していなくてよかった……。実際どうなったかわかりませんが、ワンサイドゲームとか平気で想像できるので、もうこれでよかったです。

しかし、セカンドステージ第1戦は、これまたセ・パともに、点差のあるゲーム展開となったようで。

日本シリーズは、リーグ戦とは別物の(リーグ優勝したチーム同士が戦うわけではない)イベントと割り切ってみるものの、このままリーグ2位だったソフトバンクが勝ち抜いて、また日本シリーズに登場するようなことになったら、やっぱり興ざめです。

カープがリーグ優勝できなかった時点で、ポストシーズンには興味が薄れていますが、そんな中、今日、會澤翼がカープ残留を発表。

會澤の捕手としての力量を測りかねている私ですので(配球とか肩とか、肩とか配球とか)、會澤の残留がものすごく嬉しいかというと、そうでもないです。

新しいキャッチャーが育つ機会が先延ばしにされた気持ちもあります。

しかし、今後、この球団の体質に辟易した有力選手たちが続々移籍していく想像図を描いていたので、會澤がカープへの愛着を表明し、残留を決めてくれたことは、素直に嬉しかったです。



いろんな要素が重なっての決断と思いますが、10月6日、初の交渉後、「いい話し合いをさせてもらっています」という會澤のコメントを聞いて、私が一番に思ったのは……。

来シーズンから、カープにやっとトラックマンが導入されるのでは、ということ。

昨年オフ、選手会長の會澤が球団に粘り強く訴えかけたにも関わらず、受け入れられなかったというトラックマン導入。

他球団はすべて導入しているのに、會澤以外の主力選手も希望していたのに、聞いてくれなかった不誠実なカープという球団に、會澤は愛想を尽かしたのではないかと思っていたので。

球団がやっと希望を受け入れトラックマンの導入を約束してくれたことも、今回、カープ残留を決めた理由の一つだったのでは、と。

これ、勝手な小さな推測です。

ですが、来シーズン、トラックマンがカープに導入されるかどうか、見届けたいと思います。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
サヨウナラ〜。

2019年10月1日

緒方監督辞任、見直した!

昨日、阪神が中日に勝ってCS進出を決め、ホッとしていました。

カープはこれ以上不甲斐ない試合をファンに見せるより、来季に向けて準備したほうがいい、と。

リーグ4位が決定。緒方監督の進退はいつ発表されるのかと思っていた今日、夜のラジオのニュースで、緒方監督が辞任会見を開いたことを知りました。

来季は新しいスタッフで臨んでほしい。ただ、球団は慰留しているという話も聞いていたので、どうなることかと思っていたが、緒方監督が辞めることを決めてくれて、見直しました。

カープ一筋で、カープファンを喜ばせたいと、指揮をとってくれた5年間。



緒方監督がカープの監督に就任した年、権藤博さんが『日経新聞』のコラムで、緒方監督が一喜一憂を表情に出さないことについて、監督に向いているのではないかと書いていたことがありました。

とくに今シーズンは序盤から判断のおかしさが顕著で、監督に向いていないのではないかと思うことが多々ありました。

ただ、権藤さんが書かれていたように、ベンチでの緒方監督の表情があまり変わらないところは、私もいいなと思っていました。

たとえばソフトバンクの工藤監督や、かつて西武を率いていた東尾さんなどは、点が入れば「うひょ〜」と喜びの表情を見せ、失点すれば、明らかにがっかりした表情を見せ。

監督たるもの、お気持ちはわかりますが、どーんと構えてみてはどうでしょうかと、他チームながら思ったりすること、ありました。そこのところは、緒方監督、よかった。

緒方監督、カープの3連覇を見せてくれて、ありがとうございました。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
客商売という姿勢

2019年9月28日

2019年最後の試合

9月19日に緊急入院することになって、しばらくカープ戦をチェックしていませんでした。

身体が疲れていたのもあるけれど、チャンスで打てない打線、とんちんかんなベンチの采配を見せられ、免疫力が落ちそうな気がして。

ほんとに今年はそんな試合が多かった。

9月27日、今シーズン最終戦の中日戦(マツダスタジアム)。しかもCSを自力で勝ち取れるかどうかがかかる、最後の試合。

いつも石原慶幸のサイン通りに投げるジョンソンが、石原のサインに首を振り、7回、3失点して、1対4と逆転された。

ジョンソン、床田寛樹、菊池保則、フランスアと、個人的に見たい投手がいちどきに見られたはしたけれど(遠藤淳志が加わればさらに完璧)。

チャンスで打てない覇気のない打線、ちぐはぐなベンチの采配は毎度のごとく成長を感じず、こんなだったらもうBクラスでいいです。そう思いました。

地力のなさはどうにもならない。



2015年の最終戦のときとは違って、短いながらも、緒方監督の挨拶はあった。

ただ、観客席は醒めて(しらけて)いる感じがした。そりゃそうだ。シーズン序盤からずっとこんな試合を見せられ続けてきたのだから。

最終試合のセレモニーで整列している選手たちは、負けて終わったのに、ものすごく悔しそうには見えなかった。

ただ、長野久義は唇をかみしめて、悔しそうにうつむいていた。

来シーズン、その想いをカープで形にしてくれたら嬉しいのだけど。どうなるのかまったくわからない。



9月22日、赤松真人さんの引退試合が雨で中止になり、9月27日のカープ最終戦の日に変更になったとき、最後の試合を赤松さんの引退試合で終われることになってよかったと思った。

それくらい、赤松さんは特別な存在だった(私にとって)。

今シーズンと、この日の後味の悪さを一掃してくれる、空気のきれいな時間がやってきた。

9回、外野の守備についた赤松さんは、グラウンドに立っている幸せをかみしめているように見えた。

中日の平田良介と木下拓哉も、かなわなかったが、何とかセンターフライを打とうと試みてくれた。

セレモニーでの赤松さんの挨拶は、紋切り型でも何でもなく、自分が肌で感じてきたことを響くように伝えてくれた。

病室で声をころして泣きながら聞いた。



大好きなパパの挨拶を笑顔で聞いていた二人の息子さんも、花束を贈呈してパパとハグしたとき、泣き顔になっていた。

花束を渡し終えて戻るとき、泣いている弟君の手をお兄ちゃんがしっかりつないであげていた。まるで赤松さんを見ているような気がした。

ちょうど1年前も、偶然この時期に入院することになって、病室でそっとテキスト速報にて、カープの3連覇を見届けた。

今年は優勝はかなわなかったけれど、22時の消灯前に赤松さんの引退セレモニーが終わったこと、最後まで見届けることができたことを感謝した。

もし身体のコンディションが許せば、赤松さんには外野守備・走塁コーチとして、カープのユニフォームを着てほしい。

カープのOBだから、ではなく、外野守備と走塁のプロフェッショナルとして、その経験と技術をぜひカープの選手に伝えてほしい。

また球場での姿を見たいです。


   来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
赤松さん、ありがとう。
赤松さんの言葉
エルドレッドの言葉を忘れるな

2019年9月18日

もし今年、カープが巨人優勝の瞬間に立ち会っていたら

巨人との最終戦は9月14日に終わっているので、目の前で巨人の優勝胴上げを見ることはない。

そんな屈辱的な場面を避けられたのは唯一の救いと、最終戦が終わったときにはそう思っていた。

だがしかし、目の前で、優勝の瞬間を見せつけられた方が、カープにとってよかったのかもしれない。

というか、その瞬間を少し見てみたかった気が今はしています。

もし、目の前で巨人の優勝が決まったとき、緒方監督は胴上げを見届けただろうか。

2016年、カープが東京ドームでリーグ優勝したとき、高橋由伸監督は途中からその場を立ち去った記憶が(記憶違いがありましたら、申し訳ありません)。

ライバルチームの優勝を目の前で見るのはどんなに屈辱的なことであっても、そこから目を離すようなひ弱さではなく、見届け、来季に向けて腹をくくるタフさがほしい。



緒方監督はもし目の前で巨人が優勝したら、どんな態度をとっただろう。

幸い、3連覇してしまったから、そういう試金石に出くわす機会がここのところなかったけれど。

でも今シーズン、負けた試合では早々にベンチを去って、記者会見すら拒否することもあった。

2015年の最終戦後のセレモニーでは、緒方監督の挨拶がなかったことも当時話題になった(批判的な話題として)。

もし、今年、相手チームの胴上げの瞬間を見届けることなく、緒方監督がベンチから立ち去るようなことがあったとしたら、そういう胆の座り方であるなら、もうチームの指揮はとってほしくないと思っただろう。

今シーズンの選手起用のちぐはぐさや思考停止を散々見せられて、できるだけ早くチームから立ち去ってほしい気持ちでいっぱいではあるけれど。



残った試合数は4。

巨人とDeNAに詰め寄れそうで、詰めより損なった覇気を感じないゲームも少なくなかった。

そんな中でも、たとえば、9月16日、4対6で敗退したヤクルト戦。今シーズン不振だった松山竜平がチャンスの場面でヒットを放つシーンや、9回、菊池保則が無失点に抑え、自分の仕事をしているのを見ると、救われたような気持ちになる。

やっぱり野球は、選手がいいプレーを積み重ねて見せてくれることが一番の醍醐味。

そんな仕事を1つのゲームの中でたくさん見ることができることが、楽しみなのだと思わされたのでした。

あと4試合。どんな結果になろうとも、そんなプレーでせめてファンを楽しませてほしい。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
松山竜平、ここに来て光りだした、ピカッとな。
カープ学級の担任変わってほしい