2018年10月8日

いつも通りたんたんと。

10月7日、DeNA戦(マツダスタジアム)。

レギュラーシーズンの最終戦。最多勝がかかる先発の大瀬良大地と、本塁打王がかかる丸佳浩、ともにサポートを誓い合うという記事が(「スポニチ」)。

ともにシーズンを戦ってきたチームメイト。互いにそう思い合うことは自然なこと。でも、こういう記事を読むと、ちょっと不穏な気持ちになります(ま、マスコミ側が一側面を大きく切りとる取り上げ方をしているだけとも言えますが)。

「○○のために」というムードは、ろくなことがないイメージ。

「できるだけ長く新井さんとゲームができるよう、日本シリーズを戦いたい」とか、「日本一になって新井さんを送り出したい」という選手たちの言葉もまたしかり。黒田が引退を発表したときもそうだった。

そう思う気持ちは自由だし、本音だと思う。でも、それを前面に出さないで、いつも通り、たんたんとプロフェッショナルにゲームに集中する様を見せてほしい。ウェットな感情より、そういうドライな強さを見たい、と。



一方、DeNAも、本塁打王争いをしている筒香嘉智を1番、ソトを2番に持ってきた。

2016年、ホームラン30本まであと1本と迫った鈴木誠也を、最終戦で打順を1番に持ってきたときのことを思い出す。できるだけ多くの打席に立てるようにという計らいの中、1本を狙うあまり、自分のスタイルまで崩して全然打てなかった誠也。

いろいろ思惑はあれど、いつも通り、たんたんと目の前の一戦一戦に臨むのが、実は一番の近道と思ったのでした。それが一番難しいことでもありますけどもっ。自分もそういうふうに仕事していけたらという気持ちもこめて。

5回、大瀬良はインコースにかまえた會澤翼のミットめがけて投げきれず、ソトに2ランを浴びる。いつも通りでない打順でも、ここ一番で甘い球を逃さなかったソトは見事。

7回には田中広輔が32コ目の盗塁を決め、ヤクルトの山田哲人に並ぶ。

おぉ、そう言えば、こちらもタイトルがかかっていました。

carpfan01さんの「生涯カープファンのブログ」のこちらの記事タイトル的に言うと、田中君は夏休みの宿題をギリギリにやるタイプやね。



スポンサーリンク


大瀬良大地、2度目の完投勝利と、明日のフランスアヘ贈るちょびっといい話。

2018年10月5日

サヨウナラ天谷、こんにちは岡田。

10月4日、巨人戦(マツダスタジアム)。天谷宗一郎の引退試合です。

天谷はスタメン、センターで1番。代打ではなく、スタメンで最後を飾るというのは、気のきいたはからいですね。

しかも、巨人の先頭打者・坂本勇人が1打席目、センターフライを打ち上げる。よしよしよしよし。天谷が後ろ向きにキャーッチ。坂本、グッジョブ!

巨人の先発は菅野智之。2016年、天谷が菅野からホームランを放ったのも記憶に新しいところ。このまま何打席か立つのかと思いきや、さすがに1打席限定でしたが。

カープの先発は野村祐輔。5回途中まで投げて2失点。悪くはなかったけれど、菅野が上回りすぎた。最後の最後に完封負けするとは。それにしても、菅野の心技体の充実っぷりはなんという。球界一と誰もが認める域に。

大瀬良大地との沢村賞争いも菅野が一歩リードか。大瀬良も今シーズン、よくがんばったけれど、対戦相手(ピッチャー)との巡り合わせや、打線の援護に恵まれていたことを思うと、菅野の力強さにはまだ及ばない感が。



6回、追加点を許した野村のワンポイントリリーフに、岡田明丈。前日に続いての中継ぎ登板。

先発のときは、週に一度のお楽しみだった登板が、短いイニングとは言え、連日続けて投げる姿を見られるとは。寂しいような、うれしいような、新鮮な光景。しかも、連日の無失点。

1イニング限定で、腕がよくふれているのか、球に力もある。CSではどんな使われ方をされるかわからないけれど、このリリーフ経験をきっかけに、新境地をつかんでくれたらと期待しています。

ゲーム終了後、完封した菅野のヒーローインタビューが聞けるかと思いきや、天谷の引退セレモニーがあったためかどうなのか、ヒーローインタビューはなかった。



カープ応援歴の浅い私ですが、このセレモニーを通して、天谷がどれほど愛されていた選手なのかが伝わってきました。飾り気のない挨拶の言葉も、最後に、グラウンドを1周して手を精一杯伸ばしてファンの人たちとタッチを交わしたり、花束を受けとる姿も、じんと響いた。

そういえば、天谷が引退会見で、一番の思い出を聞かれ、15年の開幕2戦目のDeNA戦で「黒田さんとお立ち台に上がれたあの試合はすごくうれしかった。何回立ってもいいものだが、横に黒田さんがいたので特別だった」と語っていたことも、そのシーンを覚えていたので、ことさら嬉しかった。(「日刊スポーツ」)。

2016年の優勝報告会で黒田博樹がファンに別れを告げたときのように、この時間がずっと続けばいいのに。そんな、天谷にとっても、ファンの方たちにとっても、離れ難く感じる時間でした。

でも、ずっとこのままではいられない。サヨナラのときがきました。でも、天谷の人生も、カープのゲームも続いていく。終わりは始まり。ものすごく空気がきれいだと感じた時間でした。



スポンサーリンク

2018年10月1日

黒田博樹「どんな投手にも120%手助けするつもりだ」

9月30日、西武のリーグ優勝が決まりました。ぜひ、日本シリーズでお目にかかりたいです。

西武は12連勝という勢いでマジック1としたあと、9月29日、本拠地で優勝を決めるには至らず。30日、ソフトバンクがロッテに敗れた結果を受けて、1対4で日ハムに敗れながらもアウェイにて胴上げ。

カープは、今か今かと待たれたマツダスタジアムでの優勝はジリジリ延び、迫力を欠いて見えたけれど、9月26日、九里亜蓮の力投と、中﨑翔太の三者凡退で、ヤクルトに10対0の完封勝ち。それまでのふがいなさは、この日のためのものだったんだと思えるような、優勝にふさわしいゲームでした。

と、今ごろ優勝話で失礼しまっす。19日に入院することとなり、29日に退院。そんなわけで、カープがリーグ3連覇を決めた日は病院におりました。

病院は10時消灯ですが、8時を過ぎると早くも病室はシーン。最後の瞬間は、スポナビのテキスト速報でそっと確認。なんとも静かでしたが、ホッとする瞬間でした。



そんなわけで、リアルタイムで祝福の瞬間は見ておらず、優勝にまつわるネットの記事も少ししか見ていないのですが、そんな中で、黒田博樹の特別寄稿「ボク同様に不器用な大瀬良 体の使い方覚えて変わった(「スポニチアネックス」)の一文には感動しました。

今シーズン、最多勝のタイトルを期待されるほど飛躍した大瀬良大地。2016年のオフ、大瀬良から相談を受けた黒田は、動作解析の専門家・手塚一志さんを紹介したという。

「求められれば今後も、どんな投手にも120%手助けするつもりだ」と。

思い起こせば、『クオリティピッチング(ベストセラーズ、2013)でも、商売道具とも言えるピッチングに関する考え方をオープンにしている黒田。



カープに復帰してからも、折にふれ、若いチームメイトにアドバイスを授けてきた黒田。

大瀬良は登板前に分厚い資料を持って歩いている黒田に「その資料は何ですか」と質問するところから始まったそう。(『Number』2016年10月6日号)

黒田は、対戦相手とのデータを自ら記録していて、「自分の持ち球と打者の特徴を考えて配球している」と大瀬良に丁寧に説明したそうです。

逆に、大瀬良はそれまで自ら記録をとって分析せず投げていたのかと素朴に驚いたりもしたのだけど。

2016年に飛躍的に活躍した野村祐輔も、黒田に率直に積極的にアドバイスを求めていったことが大きなきっかけになっていたと思います。

プロたるもの、自分であれこれ試行錯誤していくものだろうけれど、人のアドバイスを受けとることができる素直さって強い。野村を見ていて、そう思ったものでした。



そう言えば昨年、リーグ優勝のビールかけ後のインタビューで、石原慶幸がこんなエピソードを明かしていました。

黒田から何かあったらいつでも電話していいからと言われていた岡田明丈が、黒田に電話。「今、大丈夫なんか?」と確認された岡田は「あ。バスが出発するところです。またかけ直します」と切ったという。(ほんま岡田はマイペースなコやね)

しかし、黒田とのホットラインとは、なんという恵まれた環境。黒田を尊敬しているというヤクルトの小川泰弘にも分けてあげたいくらい。

今シーズン、揺り戻しの大きい、不安定なピッチングを見せている岡田。黒田に何か相談してないのかな〜?



スポンサーリンク


黒田はまだそこにいる……黒田博樹が残したもの
野村祐輔に黒田博樹を見た2017年

2018年9月23日

黒田登板の日はカレーだったと思い出していたら、いつのまにこんなことに?

カープの試合を追いかけるようになったのは、黒田博樹が復帰した2016年。

黒田が見られるおそらく最後の1年。できるだけその姿を見ておきたいと追いかけているうちに(幸運なことに、その後さらに1年プラスされました)、おのずとカープへも愛着が生まれ、カープが、野球が、いつのまにか生活の中に。

黒田が登板の日は、わが家のメニューはカレーが定番でした。小鉢があれこれあったり、焼き魚だと骨を選り分けたり、ゲームも食事も気もそぞろになりそう。サンドイッチ伯爵じゃないですけど、ゲームに集中できるようということで。

2016年9月10日の夕食も、カレーだった。と思い出していたところ、9月19日、1泊2日で検査のための入院をすることに。

そのころ、カープの優勝最短日は、ジリジリジリジリ延びて21日。これならわが家で見届けられそうだと思っていたいた矢先、検査で別件の症状が発見されて、入院が1週間延びることに。



病室で見られないこともないが、ちょっと落ち着かないし、ここはカープファンの皆さんにおまかせだ!

と、ここ数日、くわしく試合をチェックしていなかったのですが、なにやら雨で中断してジョンソンが投げたのは2回だとか、終了が深夜に及んだとか、いつの間にか田中広輔が1番に返り咲いていたりとか、いろいろ起きてますね。

昨日にいたっては岡田明丈が3回途中で9失点。前回、「こんな岡田が見たかった」という快心のピッチングをしていたのに、この胴上げ間近になんという。

リーグ3連覇を間近にしたチームとは思えない、この迫力のなさ(そんな日も、もちろんあります)。3連覇ってすごいことなのに、この威圧感のなさ。これもまたカープの一面。



スポンサーリンク

2018年9月17日

こういう岡田が見たかった

9月16日、ヤクルト戦(神宮球場)。

4対2で、今シーズン神宮最後のゲームを締めくくる。2位ヤクルトを好き勝手させませんでした。

先発の岡田明丈、1回に4点の援護を早々にもらっても、2回にヤクルトのドライチ・村上宗隆に初打席ホームラン(2ラン)を許しても、大きく乱れることもなく、6回2失点とゲームを作りました。

不安定な投球を見せてしまうのも、岡田。でも、インコース、攻める。ストレート、ズバッと決まる。こういう岡田が見たかった。

2回に2ランを打ったヤクルトの村上。「初回のエラーを何とか取り返そうと思って打席に入りました」(「スポニチ」)。見上げたもんじゃぁぁぁ。

ハイライト動画を見たら、DeNAの筒香嘉智のようなどっしり感と、西武の山川穂高のようなスカッと感があって、新人さんだからと手放しでほめてる場合ではないことがわかりました。18歳。おそろしそうなコ(『ガラスの仮面』で)。

7回からは、一岡竜司 → フランスア → 中﨑翔太で無失点リレー。このところの一岡、見ていて落ち着きます。充実を感じます。一岡フランスアライン、盤石感があります。

ゲームのない3日間、どうぞ肩を休めて、備えてくだされ〜。



スポンサーリンク


坂倉将吾と岡田明丈を見てくれている人がいた
自分たちの野球って……?

2018年9月15日

偏らないで捕手ならば〜。

9月15日、中日戦(マツダスタジアム)。

大瀬良大地と、前回完封された笠原祥太郎との投げ合い。

笠原は1回、サード・福田永将のエラーの後、2つのフォアを出し、満塁のピンチを招く。も、なんとか切り抜けた。

一方、大瀬良は味方にエラーが出たとき、得点を与えるパターンがけっこう目につきます。そこでこれをひそかに「大瀬良の法則」と呼んで、エラーが出た状況のとき、注視しています。

また、ほかのピッチャーはどうなのかも、気になって見ています。よって、笠原、ここはよう踏みとどまった!と言いたいです。

3回、大瀬良は連打を許し、5点を失いますが、6回にはカープ、同点に追いつきます。笠原、6回まで141球を投げました。もう一つようやった!

7回、大瀬良は平田良介にソロホームランを浴び、1点リードされ、同日先発していた巨人の菅野智之に防御率でリードされることに。



ここ最近、磯村嘉孝とバッテリーを組んで、結果を出していた大瀬良。本日の女房役は會澤翼。

この日のRCC放送の解説、横山竜士さんによると、會澤は打たれるごとに球種が偏ってきて狙い球をしぼられてしまったとのこと。ここは冷静にドーンと構えてほしいものです、捕手ならばっ。

今シーズン最後の中日とのマッチアップは7対5。またしても、強い中日のイメージを植え付けられたまま終わりました。

今日のヒーローインタビューは勝ち越しホームランを打った平田。面構えやバッティングから「豪の者」というイメージのあった平田でしたが、声が思っていたより可愛らしくて、ちょっとしたお土産をもらったような気分に。



スポンサーリンク

中日がなんで最下位? と、いつも思うカープ戦。

2018年9月14日

カープ、6月以来の完封勝ち。

9月13日、DeNA戦(マツダスタジアム)。
カープ、4対0の完封勝ち。

さかのぼってみること、完封勝ちしたのは、6月10日の楽天戦以来。セ・リーグでのゲームにいたっては、5月20日のヤクルト戦以来。ちなみに6月8日の楽天戦を含め、今季3回目(逆に、完封負けの数はこの2倍)。

ローテーションの順番で行くと、先発は岡田明丈。のところを、野村祐輔が1日繰り上がって中5日で登板。岡田、消えました。1週間前、阪神戦で不安定な投球を見せていたので無理もないことと思いつつ、登録は抹消されてるわけではないのを確認して、ちょっとホッ。

一方、抜擢された野村は、6回無失点。「前回状態が良さそうだったし、中5日で行けと言った」(「日刊スポーツ」)という緒方監督の言葉どおり、期待に応える投球でした。

4回には、筒香嘉智に粘られ10球を投じてフォアに。ソトも粘って8球目にヒット。続く細川成也にも粘られるものの、7球目を空振り! 球数はかさみましたが、ここは譲りませんでした。

5回6回はトントントンとテンポよくすべてゴロで打ち取って、三者凡退。素晴らしかった。



そして連日お疲れさまですの、一岡竜司 → フランスア → 中﨑翔太で、横浜相手に完封リレー。

昨シーズン、そして昨年のCSで苦しめられた横浜。今年はほんの少し感触が違う。

リーグ優勝(3連覇)はいずれたぶんやってくる(よっぽどのことがないかぎり)。今はその先のCS、日本シリーズが気になるところ。コンディションをその日に向けて、ピークを持っていってほしいところ。

前日の九里亜蓮の力投に続き、祐輔のCSでの活躍が楽しみになった一戦でした。



スポンサーリンク


野手に好影響を与えた好投と、報われなかった好投と。
大瀬良大地、早くも9勝目。今日のカープは投げて打って守って三拍子揃った!(久しぶりに)
九里亜蓮、見事なテンポよい投球で1勝かちとる