2019年6月15日

活性化する投手陣と、硬直化する野手陣と、コーチの仕事

6月14日、楽天戦(楽天生命パーク宮城)。

床田寛樹が1回、3本のホームランを浴びて5失点。の、野村……?
2回にも2本のホームランを打たれ、2失点。われらが床田、まさかの7失点で2回途中交代。

あとを継いだのは薮田和樹。かつてのように、与えられたチャンスを一つ一つものにして! と願うも、2本のホームランを含む、4失点。早くも登録抹消されたようです。

低調だったという楽天打線に火をつけて(カープって、こういう役回り多いですね)、けして調子がいいわけでなかった先発・辛島 航(わたる)を7回122球まで投げさせるという始末。得点したのは2回、会澤翼の2ランのみ。

これはもう、嵐(交流戦)が立ち去るのをじっと待つしかないのか。

これは仮の話だけれど、もし交流戦が終わってカープが息を吹き返しリーグ優勝してしまったら、セ・リーグ村っていったい何? と言わずにいられない。



11対2と、楽天にとって余裕の点差があったとはいえ、6回と7回を投げた遠藤淳志、8回を投げた島内颯太郎の無失点リレーは、泥舟の中に咲いた白い花。

若手にチャンスを与えたり、安定感に欠けるふがいない投球を続けた野村祐輔を2軍で調整させたり、投手陣がまだしも活性化して見えるのは、佐々岡投手コーチの存在が大きいのか。

手術あけの床田にたびたび100球を超える無理をさせたり、6月6日の西武戦で、アドゥア誠を敗戦処理で5イニングも投げさせた翌日、2軍に落としたり、不可解に感じることもないわけではないけれど。

それに対して、野手陣の固定化は度が過ぎている。これほど打てず、結果が出ていないのに、いつもほぼ同じメンバー。

この対流感のなさ。2軍にいる選手のモチベーションまで下げてしまうのではないかと心配になります。

打撃コーチは何をしてるの?



以前、「ジャンクSPORTS」(フジテレビ)で、球界のOBたちが、コーチなどスタッフとして球団に残れる人は、人柄やそれまでの人間関係が大きくものを言うと話してたのを聞いて、素朴に驚いたことがある(「サンスポ」)。

カープ歴の浅い私には、東出や迎、広瀬らコーチの現役時代の活躍(力量)に詳しくないのだが、人柄がよかったから、ファンに人気があったから……と能力以外の側面を高く評価されて選ばれているとしたら、なるほどね〜。と、うなずいてしまいそうだ。

一緒に仕事をする間柄。気心が知れていたり、やりやすい人を選ぶのは人として当然のことかもしれない。でも、それだけを優先していたら、おともだち内閣と一緒。

かつてカープの打撃コーチをつとめていた新井宏昌さんや石井琢朗さんが、緒方監督と最終的にはコミュニケーションが上手くとれていなかった状態だったという話を聞くと、深くため息をついてしまう。

プロの世界なのだから、相手の仕事を尊敬できる人とやりとりできる柔軟さをもった人に監督をしてほしい、と。

そんな体制の一つ一つからも、今の打線の硬直化がつながっているように見えてしかたない。


   ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
屈辱的な試合
カープ学級の担任変わってほしい
監督が変わる利点
パ・リーグに揉まれろ

2019年6月14日

みんなで沈み込んでどうする? ここで際立て長野久義。

6月13日、日本ハム戦(札幌ドーム)。

延長12回、2対2で引き分け。「3つのうち1つ勝てばよし」とした最低限の望みもかなわず。

先発の山口翔とリリーフ陣(勝ちパターンの投手を総動員)が頑張っていただけに、いや、頑張っていたからこそ2点で済んだのだけど、今日も今日とて、打てない打線がじわじわ響く。

この日も初回、長野久義の3塁打、菊池涼介のタイムリーで1点先制。しかし、塁に走者を残して1点どまり。ここでまた、前日に続き、「今日もダメかも……」という予感が。

10回、満塁のチャンスにも、フォアの押し出しで、かろうじて1点どまり。

これでは、いくら投手陣がふんばっても、勝てない。打たなければ、勝てない。って、当たり前すぎて、口にするのも恐縮です。



しかし、連鎖反応かと思うくらい、ほぼ全員が打てないのは一体どういう……。

バティスタ、鈴木誠也、西川龍馬、会澤翼……打撃好調と言われていた選手が揃いも揃って沈み込んでいる。

不調なメンバーがいたとしても、それにかまわずボンボン打つ選手がいてもよさそうなものだが。今が狙い目ですよ。いま打ったら目立ちますよ、チャンスですよー。

そんな全員泥舟に乗って沈むのを待っているかのような元気のない打線の中で、ここにきて長野久義がひとり、のびのびして見える。



楽天が日本一になった2013年、楽天のある選手たちが、松井稼頭央や斎藤隆のことを「メジャーを経験した人は雰囲気が違う」と話していた記事を読んだことがあった。

本人がもともと持っているものに加えて、より大きな世界、ハードな世界を見てきた人が放つ雰囲気って、あるのだろうなと。

それは黒田博樹にも通じること。メジャーに行かずとも、福本豊さんや新井貴浩などからも、いろんな経験を経てかもしだされるエレガントさのようなものを感じます。

長野久義は巨人で長くプレーしてきた人。巨人を特別視する言い方は好きではありませんが、勝つことが当たり前と見なされ厳しいファンの目にさらされ経てきたものがあるのかも。と、ふと思う。

カープの人気は今では全国区。しかし、巨人や阪神ほど、厳しいファンの目にさらされてはいない。

ふがいない試合をしても、結果が出ず打席に立ち続ける選手にも、最後まであたたかい声援を送り続けている大勢のカープファンを見ていて、そのあたたかさに違和感を覚えることも時にはある。

違った空気を持った人がいることは、1つの組織にとって、けっこうバカにできないこと。

もう黒田も新井さんも、カープにはいない。長野に過大な期待をするわけではないけれど、この感じのまま、のびのび打ってほしい。


 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
パ・リーグに揉まれろ
大瀬良大地に熱いエールを。田中広輔に静けさを。
田中広輔、今永翔太からホームラン。その球場のムードに違和感。

2019年6月13日

屈辱的な試合

6月12日、日本ハム戦(札幌ドーム)。

2018年夏の甲子園のスター・吉田輝星がプロ初登板。

プロの世界はそんな甘いもんじゃないよと知らしめす一戦になると、たいがいのカープファンは思っていたはずだ。しかし、カープの方が甘かった。

1回、長野久義のヒットと2つのフォアで満塁のチャンス。しかし、1点もとれず。

このとき、今日は(も)ダメかもしれないと思った。

吉田はファームで打たれていたにもかかわらず、先発に起用された。2軍でいくら成績がよくても1軍ではさっぱり通用しない選手もいる。このへんの思い切りは栗山監督らしいというか。

しかも、勝ち投手の権利を得たところで、吉田は5回84球でサッと降板。あと1回投げたら? と思ったほど。カープなら、もう1回投げさせそう。

よいイメージを残したまま、無理をさせないで終えさせたのだろうか。そんな(カープとは対照的な)余裕も感じた。



2016年のカープと日ハムの日本シリーズでも、3勝して王手がかかった第6戦で栗山監督は、あえて二番手のピッチャーを起用してきた。

第7戦にスタンバイしていた黒田博樹の登板を最後の最後、見せ場として持って行けるようお膳立てしてくれたのに、そのはからいをフイにしてしまったカープ。

あのときの栗山采配にも、エンターテイメントを優先させる余裕を感じた。

大瀬良大地は記録上は2失点だが、そのうち1点はバティスタのフィルダーズチョイスから生まれたもの。8回をひとりで投げきった大瀬良は悪くなーい。



1番に起用された長野は2安打1打点をあげていたが、この日の打線はなんだか温度が低かった。

9回最後、大瀬良の粘投に応えてくれるかもしれないと願った會澤翼の打球もサードの攻守に封じられた。

緒方監督はさすがに会見拒否はしなかったようだが、「またあした、切り替えていきたい」(「デイリースポーツ」)とだけ言っていたようだ。

いつもの、具体的なものがまったく見えない、紋切り型の返答。切り替えるって何を? 気分? それも大事。でも、まずは打線を入れ替えて。

交流戦で勝てない。日本シリーズで勝てない(CSも落としたことある)。カープに屈辱的なレッテルが重ね貼りされて、厚くなっていくのに、いつまで鈍感で現実を見ないふりするのだろ。


 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
勝ちたい気持ちはごまかせない

2019年6月12日

カープ学級の担任変わってほしい

6月11日、日本ハム戦(札幌ドーム)。

野村祐輔、1回5失点。日ハムのエース・上沢直之から、鈴木誠也が先制タイムリーを打った矢先のこと。なんてこと(しっかりせーい)。

1回でスパッとマウンドから降ろされる(ファーム行きも決定)。その後は、今日も今日とて、リリーフ陣が大奮闘。

島内颯太郎が3回を無失点。4回に、田中広輔のエラーと連続フォアでノーアウト満塁の場面をつくったところで、菊池保則にスイッチ。

前回、前々回と打たれていた菊池でしたが、ここは3人をきっちり討ち取り、ピンチを切り抜ける。やんや・やんや。

しかし、このどんづまりの場面で送り出される菊池。かつての中田廉の役割をいま担っているかのような。

6回7回は遠藤淳志が無失点。8回には中﨑翔太がこの日は三者凡退。

1番打者の野間峻祥を途中交代させたことも、緒方監督としては異例の采配だった。

8回には野間と交代した長野久義の2塁打、バティスタの2ランで、1点差に迫るという見せ場も。しかし、初回の5失点が響きました。



今年も綾瀬はるかさんがアルパカの着ぐるみをまとった可愛らしい交流戦のCM「パかセか、パかパか♪」がテレビで流れていましたが、カープは今のとこ「パだパだ♪」。

今シーズンのカープを見ていて、頑張ってる選手もいるのに、「つまらない」と感じることが何度もあって、何なのだろうと思っていたのだが、わかりました。それはこんな感じなんじゃないかと。

話の通じない担任と1年間つきあわないといけなくなった。担任は生徒との接し方もフラットじゃないし、席替えもなかなかしてくれないし。毎日、なんか楽しくない、ポイズン。あと1年の我慢……。いや、だけど、持ち上がりもあるかもしれない、みたいな気が重い感じ? クラスの雰囲気は悪いわけじゃないのに。

緒方監督は6月9日のソフトバンク戦で、やっっっとフランスアをクローザーに起用した。

やっと一つ、遅まきながらもまっとうな形をとってくれたと安心したのも束の間、こんな記事が(「夕刊フジ」)。

頑固な緒方監督に誰かアドバイスしてくれる人はいないのかと思っていたら……意見してくれていたカープOBはいたようですね。

でも、聞く耳を持たない緒方監督。いまだに中﨑のクローザー起用にこだわっているようです。ちょっと、ただならぬというか、根深いというか、健やかでない話です。

担任、変わってくれないかな〜。

 
 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
監督が変わる利点
フラットな選手評価
勝ったのに、このつまらなさは何だろう?

2019年6月10日

監督が変わる利点

6月9日、ソフトバンク戦(マツダスタジアム)。

3対2で逃げ切る。西武戦もそうだったが、3つあるうちの1つ勝ててよかった。ちんまりとした喜び。身の丈にあったギリギリの結果というか。

先発に返り咲いた九里亜蓮。気迫を前面に出してテンポよく討ち取る場面と、あっさり失点する場面と、九里らしさの両方があらわれたピッチング。

3回の打席では粘って粘って、ソフトバンクの先発・松本裕樹に13球を投げさせる。この黒田魂、野手も見習おう。

打線は4回、3連続フォアでノーアウト満塁という降ってきたチャンスの場面で、會澤翼のタイムリーと、田中広輔の犠牲フライで2点追加。

安部友裕のヒットでまた満塁となるも、野間峻祥、またしても得点圏で打てず。

カープ、ソフトバンクともに、チャンスを活かせない残塁の場面が多いゲームだった。ただ、ソフトバンクにはそう必死になることもない余裕のようなものを感じたが。

カープは打線の勢いのなさを、この日もリリーフ陣がカバー。中村恭平、一岡竜司、レグナルト、フランスアと、やっと納得のいく無失点リレーが見られ、フランスアの三者凡退で最後を終えたところではスカッとした。こういうのを見たかった。



ところでこの日の夜、サッカー日本代表とエルサルバドルの代表戦で、18歳になったばかりの話題の久保建英が途中出場。

得点にはからみませんでしたが、いい動きを見せ、スタジアムを湧かせていた。

森保一さんがサッカー日本代表の監督に就任した初戦で、中島翔哉、南野拓実、堂安律ら見たことのなかった選手がピッチで躍動しているのを見て、こんなテクニックを持つ若い人たちが日本にいたのか、と驚いた。

前監督の西野朗さんとは違った顔ぶれに、かなり驚いた。そうなんです。日本代表戦というごく一部のゲームしか見ない者には、驚きだったのです。

人が違うと、こんなにも人選が変わるのかと。



選ばれた選手は、誰も皆プロフェッショナルなわけですから、実力を発揮するのが当然のこと。

でも、どんな選手を選んでピッチに送り出すかは、監督にしかできない仕事。その見極めや視野の広さがチーム作りに大きな影響を与える。年齢・経験にかかわらず、能力のある選手がプレーするのがプロの世界。

それを思うと、今のカープの固定した野手の人選には、心躍るものが本当に少なすぎる。

カープ前監督の野村謙二郎さんも、著書『変わるしかなかった。』の中で、こう語っていた。

同じ人物が長く指揮すると、どうしても選手の起用などに偏りが生じたり弊害が出てくるだろうから、監督をつとめるのは5年までと決めていた、と。

緒方監督はそんな客観性を持って、指揮をとっているのだろうか。



 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
フラットな選手評価

2019年6月9日

交流戦、連敗は続くけれど。

6月8日、ソフトバンク戦(マツダスタジアム)。ソフトバンクに2対4で、2連敗。

カープを「強い」と言ってくれる解説者が時にいる(5月の快進撃のときなどもそうだった)。ある解説者は「カープの選手は勝ち方を知っている」とも言っていた。

カープのどの部分を見てそう言ってくれているんだろうと、いつも思う。素人の私にもわかるように解説してほしい。

ソフトバンクはただでさえ打撃力があるのに大味という印象はなく、緻密さも備えている。常に上位にいるのがうなずけます。

柳田悠岐、上林誠知、 ディスパイネらをスタメンに欠いていても、勝てない状態。というか、パ・リーグのチーム相手にどれだけ勝てるのかという期待値の低さ。

試合後、緒方監督は会見場に姿を見せなかったという。今季、これで二度目。

人間、いやなこと無理してすると身体によくないですから、それもいいかもしれないです。でも客商売の身として、大人げない。器、小さっ。もしかして連敗してショック受けてるの?

でも、いいと思います、連敗。それがカープの現状なんですから。



昨年の交流戦でも、ソフトバンクとの日本シリーズでも、采配を超えた個々の選手の力の差を感じた。

それでも、どんな選手をどんなタイミングで使うかは監督だけができる仕事。状況を見極めないで、一部の選手に忖度するような、フラットでない今シーズンのような采配を見せられ続けては、負けても当然と思う。

この日も、中村恭平のピッチングは素晴らしかった。どんどん凄くなっていく。スタンドも一番湧いていた。恭平を使うタイミングも、ベストと思えないゲームがある。

カープには勝ってほしいけれど(頑張っている選手もいるし)、「日本一を」と口にしながら、目的を達成するために行動していると思えないフロントと現場の首脳陣の生ぬるさを見ていると、交流戦で連敗してもいいとさえ思います。現実を見てほしい、と。


 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
これはもう采配の問題というレベルではなく、選手の個々の力の差では?
接戦に見えた日本シリーズ第5戦、カープとホークスに広がる差を埋めるには……
中村恭平がとまらない。松山竜平は動かない。

2019年6月8日

鈴木誠也の3ランで1点差に詰めよるも、芽を摘まれる。

6月7日、ソフトバンク戦(マツダスタジアム)。

球界を代表するピッチャー・千賀滉大と、床田寛樹の投げ合い。

床田が千賀にひけを取っていたとは思わないが、ソフトバンクの打線は粘って粘って床田に球数を投げさせる。

とくに5回の真砂勇介。ファウルで粘って粘って、ピタッと照準があう瞬間がやってきて、8球目にタイムリー。1点を先制される。

6回にはじりじりと床田を追い込んで、床田は途中降板。この回、ソフトバンクは3点を追加。

千賀は調子自体はよくなかったそうなのだが、7回無失点に持って行くところが素晴らしい。

4対0。完封負けも見えてきた8回。鈴木誠也がモイネロから3ランを放って1点差につめよる。鈴木はこの前の打席で11球と粘っていたので、これは何か起きるかもと思っていたら、本当に起きた。



千賀を7回で降板させたことを後悔するがよい。逆転のカープを見せてやる〜。

しかし、そんな機運が高まった9回、中﨑翔太が登板。なぜ鉄壁に守らなければいけない場面で、中﨑?

中﨑をクローザーに固定しないと宣言したあと、ほぼ同じくらい大事な場面で中﨑を起用し続ける緒方監督。

にじりよった1点差が広がる可能性が高くなることを敢えてなぜするのだろう。ソフトバンク相手に1点とることすら簡単ではないのに。

中﨑は2失点して、逆転の芽を摘む。



このとき、中﨑に怒りは感じなかった。球威やコントロールの状態がよくないのはわかっていたから。むしろ、そんなコンディションの中﨑を大事な場面で起用し続けている緒方監督に、疑問を感じた。

6月6日の西武戦で、アドゥア誠にロングもロング、途中から5回も投げさせ酷使した翌日、二軍に降格させるようなことを平然としておきながら、成績不振の中﨑と田中広輔になぜそこまで忖度するような起用を続けるのか。

そのことで、選手たちのモチベーションを下げていたりはしないのだろうか(とくに野手陣)。

今シーズン、緒方監督はカープファンの野球を見る楽しさを奪った。本人や球団は気づいていないかもしれないけれど、大きな罪をおかしていると思っている。

中﨑や田中の復調を願って起用するなんて。プロ野球の世界はお願いで成り立ってるんじゃない。現実の勝負の世界なのだから。

あえて中﨑を試すというのなら、同じ試すなら、野手の若手を試して育ててみてはどうだろう。


 ノックしてくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
日本シリーズ第6戦、完敗。ホークスとの力の差は歴然。