2018年8月19日

「毎日が短期決戦」は理想的なのかもしれないが

8月18日、DeNA戦(横浜スタジアム)。

大瀬良は7回まで1失点、どっしりと安定した投球。前日の野村祐輔と同じように、このまま8回もまかせられそう。

と、続投するも、いきなり2者連続ヒットでノーアウト1塁・3塁。あれあれ。何ですか、この既視感は。こんなところまで、前日の野村とほぼ同じ光景が繰り返されるとは。

ここで大瀬良はフランスアに交代。

フランスア、逆転を許した8月16日の阪神戦のことがあってかどうか、マウンドに立つ表情がいつもより神妙な面持ちというか、笑顔がない! トレードマークの笑顔がない!

しかし、試合終了後、大瀬良がフランスアの肩に手をかけ、二人で笑顔を交わしていた姿はとてもよい眺めでした。

最後は中﨑翔太が三者凡退。

大瀬良・フランスア・中﨑が、前日までの、いや、8月11日の巨人戦からの悪い流れ(ムード)を払拭してくれたゲームでした。

 

この日、ベンチに入っていた野村は、ボールを手にして試合を見守っていました。

野村が最多勝のタイトルをとった2016年、野村が力を発揮したことはもちろんながら、味方の援護などよい巡り合わせもそれを支えていた印象がありました。

2018年は、その役割と巡り合わせを大瀬良が担っているような感じがします。もちろん、大瀬良が力を発揮しての結果あってのことですが。

同じ8回裏、連打されたあと、リリーフが火消ししてくれることもあれば、火を拡大することもあり、巡り合わせは様々。ベンチでボールを手にしていた野村を見ていて、せつなくなりました。ま、打たれなければ済んだことですがな。



しかし、17日の野村も、18日の大瀬良も、7回までは好投。8回に入ったとたん、連打され塁を埋めることに。渾身の力こめて長い回を投げ続けているわけですから、好調そうに見えて、球の質は変化しているのかもしれませんが。

この日、DeNAの先発・濱口遥大は2失点で負け投手となったけれど、満塁のピンチを無失点で切り抜けた最後の6回は、気迫が前面に出ていて素晴らしかった。

球数125球でしたが、球に力があって、前日の東克樹ともども、たいしたものだと思いました。

巨人の菅野智之も中日戦で138球を投げて完封だとか。

それぞれ持っている力が違うとは言え、野村も大瀬良もあの8回を切り抜けてくれていたらと思うのですが。いや、投げ続けていたら、切り抜けていた可能性もゼロではありません。見てみたかったです。

毎回、短期決戦のように、完璧な(きれいな)終わり方をしようと選手を使い果たして疲労させるばかりのゲームを続ける以外に、リスクは覚悟で選手を信頼してどっしり構える選択もあっていいのでは。

それは、油断とは別のことだと思うのですが。というか、短期決戦をものにするようなスパッと潔い采配がなされていると言えるかどうかという問題もありますが。



スポンサーリンク


打たれたら負ける、打ったら勝つ、それが野球。

2018年8月18日

金足農の吉田君とフランスアと横浜の東と

夏の甲子園。金足農業高校(秋田)のエース、吉田輝星君を見ましたか?

8月13日の「サンデーモーニング」(TBS)のスポーツコーナーでゲスト出演していた元カープの西山秀二さんが、「プロの即戦力としてやっていける」と太鼓判を押していたので、どんな人なんだ? と気になっていました。

14日の大垣日大 (岐阜)、17日の横浜(神奈川)で投げている姿をほんの少しテレビで見ることができたのですが、目がくぎづけ。

キャッチャーミットに吸い込まれるようなのびやかな球もですが、マウンド上で笑顔なんです。

17日の横浜戦では164球を投じていたのだけど、マウンド上での悲壮感がまったくない。

マウンドに立っていることを楽しんでいるように見えるその笑顔。カープのフランスアを思い出してしまった。



その夜のDeNA戦(横浜スタジアム)。

カープの先発・野村祐輔は腕もよく振れていて、この日は5回6回どまりどころか、8回のマウンドへ。その場へ送り出されるくらい、7回の投球にまだ勢いがあったわけです。

ところが野村はいきなりの3連打。満塁の一丁あがり! 後を継いだ一岡竜司がすかさず3者連続ホームランを浴びて(しかも2本は初球打ち)、逆転される。

オセロのコマが白から黒に一気に反転した瞬間。DeNA相手に3点差はないも等しいと、これまでの戦歴で身にしみていたはずなのに。

2回、ノーアウト1塁3塁のチャンスで点をとれない、犠牲フライすら打てないカープ。

8回、野村が満塁の場面を作ったとき、疲れを隠せない勝ちパターンのリリーフ陣から誰を選択すればよかったのか。消極的な選択をして見えたベンチ。

8回、一岡と石原慶幸のバッテリーが選んだ筒香嘉智に投じた1球目は、不用意だったのでは?

いろんなことが頭に浮かびます。



ピッチャーひとりで試合は作られるものではないけれど、いろんな巡り合わせがあるけれど、この日の野村には(前日の岡田明丈にも)試合を勝ちに引き込んでいくピッチングを最後まで見せてほしかった。

大瀬良大地にもそれは感じています。大瀬良は勝ち数はリーグトップですが、いろんな巡り合わせに恵まれ白星を重ねている印象がまだぬぐえないでいます。

ところで、今シーズン、カープに負けナシの、DeNA先発の東克樹。

5回、丸佳浩にダメ押しの2ランを打たれたとき、ショックだったとは思いますが、グラブで口元を覆って見上げ、両手を膝についてガックシというようなことはなく。この日は4失点しましたが、ギアは下がることなく7回までを投げました。

この東。ピンチの場面でも悲壮感がなく、たいしたものだと思います。



スポンサーリンク


野村祐輔と東克樹の間合いに差を見た!……バナナにも目が釘づけ
交流戦、歯切れ悪いまま終わる。福井とフランスアの違いも発見。

2018年8月17日

お手軽采配を考え直して

8月16日、阪神戦(京セラドーム大阪)。

カープの先発は岡田明丈。2回と5回に1点ずつを与えるも、大崩れする気配はなし。

5回、ツーアウトの場面からフォア → ヒット → フォアで1失点したあと、ナバーロを全球ストレートで打ち取る。

岡田はこういうのでいいんだ、こういうので(『孤独のグルメ』風に)。眠れる獅子が起き上がったかのように、このとき突如、球のキレが増していた。

こういう岡田がもっと見たいなぁ。先発ゆえ、ペース配分とかもろもろあると思いますが、こういう岡田をもっと見せてほしいです。

しかし6回、阪神の先発・メッセンジャー相手にいきなりスリーボール。このときの緒方監督の苦虫かみつぶしたような顔。ぶつぶつと何か呟いていて(おそらく「何やっとるんじゃぁぁぁ」的な)、こわかった。結局、岡田は無用なフォアを与える。

点をとったらはしゃぎ、とられたら死んだような目になりと、すぐ表情に出る監督もいる中、点をとられても動じない(ように見える)のが持ち味の緒方監督。

ですが、岡田が何かやらかしたときには緒方監督の憮然モードが俄然あがっているように見えて、ハラハラします。もちろんピッチャー相手にフォアを出す岡田はいただけませんけども。

そんなこともありましたが、ピンチを最小失点で切り抜け、6回2失点というのは、まずまずでは。



しかし打線は、メッセンジャー相手に7回4安打と苦戦。この日も援護にめぐまれず、岡田に白星はつきませんでした。

援護に恵まれないところとか、勝ち数と負け数が同じくらいなところとか、黒田博樹を思い起こします。1年目も、なかなか援護に恵まれず、勝ちのつかない試合が続いていた岡田。がんばれ、岡田。

7回は飯田哲矢が登板。1点リードされた状況で、いわゆる勝ちパターンではない配置。無失点で切り抜けてくれて、安堵。

その直後、カープは同点に追いつき、8回はフランスア。3連投のフランスア。

しかし、フランスア自身のエラー(悪送球)もからんで、1失点。またもリードを許す。

送球エラーはいただけなかったけども、フランスアは最少失点で切り抜ける。フランスアにこれまでどれだけ助けられたか。誰が責められようか、です。

困ったらフランスア。と、頼り切って、お手軽采配を続けていたベンチ。この日はいつものように「自分の采配ミス」とは緒方監督は言わなかった。



スポンサーリンク


記憶の中では岡田に勝ち星。あんなベテラン見たことないよの新井さん。

2018年8月16日

敵地で地味にヒーローインタビュー

8月15日、阪神戦(京セラドーム大阪)。

6対4で連敗をまぬがれ、マジックとやらも点灯したようです。

この日のヒーローインタビューは、実況アナウンサーがフルネームで呼びたくなる男、九里亜蓮。

終わってみれば2失点で勝ち投手ですから、悪くはないけども……。前日のジョンソンに続き、先発が5回で降板は、ちょっと厳しいものがあります。

3回、2ランを放った鈴木誠也か、2度のタイムリーを繰り出した丸佳浩か? とも思ったのですが。九里の後を無失点リレーしたリリーフ陣、アドゥワ誠 → 一岡竜司 → フランスアも印象的でしたが。

これぞというヒーローがいない(ことが多々ある)のは、2016年、2017年のリーグ優勝したときのMVPもしかり。突出した存在はいないけれど、あの人もこの人もよかったというのは、カープらしいとも言えるような。

マジック点灯より、今年のMVPは誰になるのか、興味あったりします。いえ、まだ優勝が決まったわけでないですし、何が起こるかわからないし、浮かれてるわけではもちろんありませんが。今年もカープらしく、それぞれが折々に活躍しているな、と。



そうは言いつつ、この日の打線は五月雨(さみだれ)のように加点していきましたが、4回と6回で満塁をフイにする場面もあり、スカッと感は味わえませんでした。

打たれても負けなければよし。ですが、この日もまた最終回にスカッと終われなかった中﨑翔太も気にかかります。

それにしても、阪神の原口文仁の代打での代率はものすごいものがありますね。今シーズン、34打数17安打で5割。得点圏打率は7割1分4厘だとか(「日刊スポーツ」)。

これこそ神ってます!



スポンサーリンク


打たれたら負ける、打ったら勝つ、それが野球。

2018年8月15日

打たれたら負ける、打ったら勝つ、それが野球。

8月14日、阪神戦(京セラドーム大阪)。

打たれたら負ける、打ったら勝つ、それが野球。というのは当たり前のことですが。

先週、8月11日の巨人戦。9回、中﨑翔太が陽岱鋼に打たれたホームランで同点に追いつかれ、12回までの延長線となったあげく、引き分けのまま終わり。

8月12日の巨人戦。先発の今村信貴を攻略できず、黒星。

あの中﨑が浴びた1発から遠のいた流れが、今も続いているような気がしてならないゲームでした。

5回、カープ先発のジョンソンが、フォアとヒットとエラーで2失点してリードを許し、早くも降板。先発が5回で終わりというのは、やっぱりちょっと厳しいものが。

8回をになった今村猛が、エラーとフォアもからめて4失点。自責点はゼロとは言うものの、これまた厳しいものが。

松山竜平が3打点と気を吐くも、5回と8回のチャンスの波を引き寄せてモノにすることはできなかった。

打たれたら負ける。打ったら勝つ。という、当たり前の結果が続いているという感じです。



試合後、緒方監督は「負けは自分の采配が悪い」という言葉を残していたようですが(「デイリースポーツ」)。いつもこの紋切り型のコメントを聞くと、モヤモヤしてしまう。

一方で、期待に応えられなかった選手に厳しい言葉を投げることもある(もしくは言葉すら発さないこともある)。そのさじ加減は一体なんなのだろう? と。

多くを語らない方ではあるようですが。だからこそ、昨年と一昨年、リーグ優勝を決めたときのインタビューでの朴訥な言葉が胸に響くこともあるのだけれど。

スポーツ選手も役者もクリエイターも、よい仕事をしている人はそれだけで十分なのは承知の助。

でも、インタビューで飾らない言葉や、日々考えていること・土台になっていることが垣間見える言葉を聞くことができたとき、さらにその人のことを尊敬してしまう。好きになる。

言葉は大事だなと思う。これもまた当たり前のこと。



スポンサーリンク


客商売という姿勢
2018年ほぼ折り返し地点、最もノーミソに刻まれたカープのトピックスはこれでした。
薮田のトンネル状態続く。謎の采配も続く。

2018年8月13日

福井・飯田またしても …… なのだが。

8月12日、巨人戦(マツダスタジアム)。

カープ先発の6人目をになうのは誰だ? 日曜は6人目のためのチャンス枠。なかなか指定席とはなりません。

この日は約2ヵ月ぶりにチャンスをもらった今度こその福井優也でしたが、7安打6失点で、5回途中で降板。

このあとを受けた飯田哲矢も、自責点とはならなかったけれど、交代早々ヒットを許し、ピッチャーの今村信貴相手に押し出しフォアを出すという。

なんなのでしょう。何かやってくれそうと思わせてくれない、このときめかないコンビは。

いいんです。何かやってくれそうと思わせてくれなくても。そうは言いながらも、ファンは何かやり遂げてくれるかもしれないと粘り強く活躍を願ってるんですから。ゲームの中で、何かアクションを起こしてくれたら、それはもう両手をあげてヨッシャーです。

でもこの日は二人とも、ユニフォームを着ている身体自体がどこかどっしりしていないというか、心もとなさそうでした。オーラというかエネルギーが弱く感じるというか。

6月15日、ソフトバンク戦で2イニングを連続三者凡退した飯田の輝きはどこいったー?



でもいいんです。状態のよい選手が、そのつど空気循環されるように出たり入ったりしながら、結果を出せる人が残っていくのがプロの世界。新しい人でもベテランでも何度でも、カモンカモーンです。

それにしても、またしても巨人の今村信貴から勝ちを取ることはできませんでした。5回、代打の下水流昂のホームランが出たときには、やっと胸のすく思いが。

CSで巨人と対戦することがあったら、必ずぶつけられてきそうです。シーズン中に、なんとか苦手意識を払拭しておかなくては。

家に帰るまでがキャンプです。CSで勝つまでがペナントレースです。

昨年のようなことになると、リーグ優勝の値打ちがもうドドドと下がりますからね。リーグ覇者の尊厳なんて、知らんぷりされますからね。今やマジック点灯より、そっちが大事。



スポンサーリンク


交流戦、歯切れ悪いまま終わる。福井とフランスアの違いも発見。
圧倒的な差を1ミリでも埋めるために

2018年8月12日

リリーフ陣の休まらない真夏の連夜

8月11日、巨人戦(マツダスタジアム)。

巨人の先発・菅野智之は、打つのがかなり難しい相手、昨年までそんなイメージでした。

今年とて簡単でない相手に違いありませんが、今年の菅野はいつもより身体が大きく見え(つまり引き締まって見えず)、失点も多い。まったく勝てない相手、そんなイメージではなくなっている気がします。実際、今シーズン、カープ相手にこれまで3敗を喫しています。

勝てないわけではない。そうイメージできることは、大きいこと。そんなところにも、後半戦からのカープが1ミリ強くなった理由の一つを感じます。

この日も、力投する菅野から、2回、大瀬良大地がスクイズを決め、先制点。6回には丸佳浩のソロホームランと、簡単ではない相手から2点をもぎとります。

かたやカープの先発・大瀬良は、鈴木誠也や丸佳浩、西川龍馬など、バックの好守にも支えられ、7回までノーヒットの力投。

しかし大瀬良は8回につかまり、1失点。フランスアと途中交代。フランスアはこの日もきっちり消火活動。ジュボッ!



9回のマウンドに立ったのは、クローザーの中﨑翔太。ツーアウトの場面で陽岱鋼にホームランを打たれ、同点に追いつかれ、クローズとはならず延長戦に突入。

結局、12回引き分けという綱引きの静止状態でゲームは幕をおろしましたが、今村猛は連投だし(しかも前日は2イニング登板)、一岡竜司にいたっては4連投だし、中﨑含め、リリーフ陣の疲労が心配です。

どんなピッチャーでも、打たれるときは、打たれます。ただ、このところ失点が増えている中﨑を見ていると、配置転換の日がやってくることもあり得るのか、ないのか。

7月27日の記事でもふれた、サッカー日本代表の監督に就任した森保一(もりやすはじめ)さんの言葉が忘れられません。

「選手は監督が思っている以上に繊細で、いま誰が伸びているのかを理解し、自分を含めたピッチ内の序列を分かっているもの。その序列と、僕の目で見た序列(評価)がずれないように気をつけている」(「日本経済新聞」)

森保さんがサンフレッチェ広島で監督だったころ、「選手をフラットな目でみてくれる」と選手からの信頼も厚かったそうです。

中﨑がこれまで担ってきた場所は、そう簡単に誰かにとって代わられるものではないかもしれません。

中﨑がこれからどんな奮闘を見せてくれるか、中﨑に代わる投手がその場所に着くこともあるのか、見届けていきたいと思った夜でした。



スポンサーリンク

フラットな選手評価