2019年4月18日

石原慶幸やった! 小園海斗カモーン!

4月17日、巨人戦(熊本・藤崎台県営野球場)。

1回、巨人のドライチ・髙橋優貴の3四球で降ってきたワンアウト満塁の絶好のチャンスでまたも得点できず、あぁ、今日もまた?

1番(田中広輔)・3番(バティスタ)・5番(松山竜平)と要所をしめる打者が軒並み打率1割台って。ほかに、ほかに選手はいませんか〜とマッチを持って歩きたくなる始末。

それでもカープの先発・野村祐輔は6回2失点と試合をつくった。7回の一岡竜司もふんばって、この日も無失点。

場面場面の適材適所というものがあって、そう単純なことではないのでしょうが、一岡にクローザーを任せてみてはと思ってしまうほど、一岡はいま信頼を一つひとつ築いている気がします。



3回、菊池涼介のソロホームランで、2対1。7回、西川龍馬のタイムリーで同点に。しかし、ここでもこれ以上チャンスを活かせず1点どまり。

7回、3人目の宮國椋丞はバティスタを打ち取ってガッツポーズをしていたようだが、今のカープ打線を押さえたごときでガッツポーズするんじゃない〜(自分を安売りするな〜)。と言いたくなる現況のカープ打線なのでした。

8回には丸佳浩に2ランを打たれ、4対2。まるで四十九日がすむまでは、みたいに大人しくしていた、これまで広島戦でノーヒットだった丸が、ついに来ました。



8回は、鈴木誠也、松山竜平、長野正義があっさり三者凡退。はぁぁ、今日もまた?音頭が繰り出されます。

しかし9回、野間峻祥、安部友裕、西川、菊池がつないでつないで、4対4の同点に。9回2アウトのチャンスの場面で、打席に立つのは石原慶幸。

延長戦の可能性も出てきたところで、石原に代打は出されなかった。これが功を奏して、石原が、今シーズン初安打の逆転タイムリー!

9回は中﨑が守りきって、泥沼疲弊の延長戦とはならず(スタートからつまずくこと多しでしたが)、久しぶりに晴れやかな気持ちで終わりました。

小園海斗はこの日、ウェスタンリーグで、ソフトバンクの和田からホームランを打ったとか(「Full-Count」)。出てこい、小園!(頼むからを出して)



スポンサーリンク


〔関連記事〕

打率1割台の選手がスタメンに4人もいるカープ打線だもの

2019年4月17日

もう監督とコーチは当てにしないで

4月16日、巨人戦(鹿児島県立鴨池野球場)。

三度目の正直でジョンソンがそろそろ好投を見せてくれるかと思いきや、3回4失点で降板。これでは仏の顔も三度まで、です。

先発としての役割を果たしていないジョンソンに対してもですが、過去の実績にとらわれているかのような采配を続けている監督やコーチ陣に対しても、そう感じます。

それは、田中広輔の1番(いや、出場)にこだわりを見せ続けている選択に対しても、です。

いつか目覚めてくれる、いつか何とかしてくれる……いつかをずっと待っているような態度。とても戦っている姿勢とは思えない。



それにしても打てないカープ打線。3回、満塁のチャンスで無得点。4回、鈴木誠也のソロホームランのあと、満塁のチャンスでかろうじて1点。

守備でも焦りを感じます。2回、サードの安部友裕が、丸佳浩のゴロをホームに投げてフォースアウトせず、ゲッツーをねらって、ワンアウトしかとれないという判断ミス。

ずっと負けた状態が続いていると、一つ一つ確実にとは行かず、一挙にかたをつけようと焦って、結局はほころびてしまうという貧すれば鈍する状態に陥っているように見えます。バットをポンポン振るだけの工夫のない打線もまた、しかり。

状況がわかっていない腰の重いのんびりした監督とコーチ陣が偏った選手の選択を続けるままならば、選ばれた選手一人ひとりが力を発揮するしかない。

勝機はグラウンドのどこかに落ちている。それを一つ一つ見つけてつなげていってほしい。プロの選手なのだから。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

勝機はグラウンドのどこかに落ちている。

2019年4月16日

カープと巨人のコテとテコ

14日、ヤクルトに6対11で敗れ、負け越し、首位陥落した(と言ってもまだシーズン序盤ですが)巨人の原監督は、「私も含め、焼きごてを入れるくらいに反省しないと」と話していたそう(「日刊スポーツ」)。

自分も含まれているとはいえ、「焼きごて」って。奴隷時代か? それにしても軽く話す人だなぁ。いくら比喩とはいえ。自分にはきっと焼きごてを入れないとお見受けしますし。

前回、巨人を率いていたときも、若手捕手を育てると言いつつ、途中からフラフラ〜ッと阿部慎之助を捕手に戻したり。離れたところから見ていて、なんだか腰のすわらない人という印象。

そのときの状況に応じて、予想変更することはちっとも悪いことではないけれど、なんかこう信頼がおけないというか。



かと言って、カープの緒方監督のように、田中広輔の1番にこだわっている驚くほどの腰の重さにもまいりますが。

打順のみならず、田中のフルイニング出場はそんなに重きを置くことなのか。チームの非常事態なのに、その状況が見えているのかと思わされるのんびりさにも驚きを隠せません。

巨人は15日、畠世周、坂本工宜、大江竜聖、吉川大幾、立岡宗一郎の5人を一軍登録抹消し、大量の入れ替え(テコ入れ)を行ったそう。

4月16日は開幕戦以来の巨人戦。あのときマツダスタジアムでおとなし(音無し)かった丸佳浩は通過儀礼を経て、のびのびとスイングしてくるのでしょうか。カープベンチはファンを納得させてくれるようなテコ入れをしてくれないのでしょうか。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

大瀬良大地、丸佳浩から4三振。初めてエースを感じた開幕戦。
復帰登板の床田寛樹に援護の花束を。
開幕戦の余韻どこへと2連敗。

2019年4月15日

床田寛樹にならって

4月14日、DeNA戦(横浜スタジアム)。4対2で、開幕から5カード連続負け越し。

カープの先発・九里亜蓮は3試合続けて6回まで持たず。人手不足のため消去法で先発に抜擢された……そんな今シーズンのイメージを払拭してはくれませんでした。

4月14日は床田寛樹が初完投。チームの5連敗をストップさせた。その前に勝ったのは、1週間前の床田の登板したゲーム。遠い昔のことのよう。

開幕してまだ2週間余りですが、先発としてゲームを作ってくれている=安心して見られる=頼りになると思えるのは、大瀬良大地と床田だけ。

床田は4回、筒香嘉智にデッドボールを与える。筒香とDeNAのファンの方には申し訳ないことだったが、床田はその後も動揺を感じさせず投球を続ける。

試合後のインタビューでも床田は筒香に対して「申し訳ない」と謝罪しつつも、「あそこに投げないと打ち取れない。極力気にしないようにした」と語っていた(「デイリースポーツ」)。

こういう人がプロ向きなのだと感じました。他の投手もぜひ彼をお手本に(岡田、岡田〜)。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

床田寛樹、復帰後初の白星。やっとドカドカ援護の花束が。
復帰登板の床田寛樹に援護の花束を。

2019年4月13日

打率1割台の選手がスタメンに4人もいるカープ打線だもの

4月12日、DeNA戦(横浜スタジアム)。DeNAの先発、今永昇太に6対0の完封負け。

カープは菊池涼介の1安打のみ。今永は与えたフォアは1つ、DeNAは失策0。ヒット以外にも、塁に出るチャンスはほぼなかった(この日はカープもやっと失策0)。

スタメンを見てみると、カープは打率1割台の選手が4人いる打線。かたやDeNAは、ゲーム開始前に打率1割台だったのはソトと今永。

6回に今永はヒットを、7回にはソトが2ランを打ち、ともに打率が2割台に。シーズン序盤の打率がめまぐるしく変わる時期とはいえ、この落差、数字にそのまま出ています。

いくら投手が好投したとしても、これでは勝てない。他チームの先発投手のみなさん、ノーヒットノーランを達成するなら、今、カープ打線が狙い目です。




この日は打線の援護はなく、負け投手となった大瀬良だが、マウンドで、ふてぶてしい、いい表情をするようになったなと思った。

顔だちやキャラクターからすると、ふてぶてしさとは対極にいるタイプだが、立場が人を作っていく経過を今まさに見ているという感動を覚えた。

この日のヒーローインタビューは、先制タイムリーを打った楠本泰史、攻守でチームを引っぱった伊藤光、完投・完封勝利の今永の3人。

最後にファンへの一言を求められた楠本は「先を見ずに、一日一日の試合を必死に戦っていきたいと思います」、伊藤は「とにかく目の前の試合を全力で頑張っていきたいと思います」と口にしていた。

「目の前の一戦一戦を」これは黒田博樹がカープに復帰してから常に口にしていた言葉。他の選手にも浸透し、連勝していても、逆転勝ちしても、浮かれず口にしていた言葉だ。

その言葉をまた、カープのヒーローインタビューで聞かせてほしい。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

これはもう采配の問題というレベルではなく、選手の個々の力の差では?

2019年4月12日

もはや連敗ストップよりイキのいい鯉見せてくれ。矢崎拓也と菊池保則に感動した。

4月11日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)。

前回の登板では序盤から150km以上をブンブン繰り出していた岡田明丈だったが、その豪快さは見られず、初回からフォアとヒットを織り交ぜて2失点。

2回には4者連続フォアで押し出し1点を追加。球場がざわざわと不穏な空気に包まれ(こんなことが昨年も岡田の登板時にありました)、アウトを1つもとらぬまま、降板。ジョンソン、野村祐輔に続き、それに輪をかける早い降板。

この回には、前日に続きファースト松山竜平のエラーがまたも出て、なんだか選手がびくびくしているような感じさえ伝わってくる。

プロ野球は人に見られる商売。でも、人目を気にせず、もっとのびのびやろう!と口でいうのは簡単。じつは人目を気にしているようでいて、自分をこわばらせているのは自分。

難儀なことではあるけれど、たんたんと自分の仕事をするしかないです(どんな仕事でも)。



この日も、矢崎拓也、レグナルト、菊池保則のリリーフ陣はふんばっていた。

田中広輔の1番、中﨑翔太のクローザー……と、結果が出ていない選手の起用に緒方監督がこだわり続けている現状に問題は感じる。

選手のモチベーションのためにもぜひ柔軟な変化を見せてほしいが、それを期待するのも(こちらでコントロールできることではないので)不毛だ。

ベンチに期待できないとしたら、選手が与えられたチャンスを1ミリでも、ものにしていくことが、現状を変える一番の遠い近道。

とりわけ矢崎と菊池の投球からはそれをしかと感じた。出だしはいきなり後味の悪さを感じるゲームだったが、そのことには明るい光を感じるような感覚があった。

こんな投球を続けて、自分の位置を確立してほしいと、応援したくなった。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

もし誰も試合を見ていなかったら

2019年4月11日

いまのカープ打線に名前をつけるなら……

4月11日、ヤクルト戦(マツダスタジアム)。

「逆転のカープ」と呼ばれた昨年や一昨年には、「今日はもうダメだ〜」と諦め、お風呂に入ってる間にカープが大逆転勝利。しまった、見逃したぁぁぁ。そんなほほえましい声をよく聞いたものでした。

今年のカープもお風呂に入ってる間にすごいことが起きます。

9回を終え、3対3で延長戦に入ったとき、お風呂へ。カープを見限ったわけでなく、いつもの時間になったため、寝るのが遅くなって身体に響かないよう入ったわけなんです。家族に「何か動きがあったら知らせて」とお願いして。

ところが入浴中、なんの伝令もない。お風呂から上がってくると、家族が「すごいことになってます」と言う。

スコアボードを見ると、まだ10回。え〜、まだ終わってなかったん? 改めて見入ると「9」の数字が。何コレ、安打数? あまりの予想外の展開に、状況がすぐつかめなかったほどでした。ヤクルトが10回に一挙に9得点って……(その後12点に)。



9回を珍しく三者凡退でおさえた中﨑翔太をなぜ回またぎさせる?  しかも、守備の名手・菊池涼介に2失策があったということにも驚き。

スコアボードの数字がどんどん増えていく中、中﨑のあとを受けた中田廉に、野手の誰も声をかけに行かなかったという。

2017年7月7日、神宮球場で新井貴浩が逆転3ランを放った試合で、ヤクルトの小川泰弘に誰も声をかけに行かなかったシーンを見て、ひどい。と思ったものでしたが、この日のカープも同じことに。

こんなとき、どんな組織でも、声をかけに行くことができる人がいる・いないでは、ムードも大きく違うだろうと思った。

2018年、1イニング10失点した5月31日の西武戦で、マウンドの薮田和樹に誰も声をかけにいかなかった、異様な空気のゲームを思い出した。

菊池涼介はかねがね、黒田博樹や新井さんのような、投手と野手の間をつなぐ存在になりたいと口にはしているが、さすがに自身のエラーもあって、そんな余裕もなかったのだろうが、みんな落ち着いて!



しかし、延長戦で12点も得点できるんですね。岡田明丈が登板した2017年の阪神戦、歴史的な9点差逆転負けの記憶が可愛らしく感じるくらい。

先発・野村祐輔が慎重になりすぎて、球数がふえ、4回で早退したのも残念だったが、アドゥワ誠、一岡竜司、フランスア、中﨑翔太(9回まで)とリリーフ陣ががんばっていただけに、打ってヤクルトを突き放せなかった打線が重く響く。

マシンガン打線(横浜)を初めとして、2年前のカープといい、石井琢郎の行く先にはいつも打線が爆発。ヤクルト打線にキャッチフレーズがつきそうだ。

さしずめ、いまのカープは水鉄砲打線(すぐかわく)か、豆鉄砲打線(当たっても痛くない)。このままではカープ、他チームから戦いやすい相手と見なされそうです。選手はふんばって、1ミリでもチャンスをものにして。



スポンサーリンク


〔関連記事〕

薮田のトンネル状態続く。謎の采配も続く。
菊池涼介・野手と投手のあいだに立って