2019年8月24日

依然ちぐはぐなベンチ、選手は動じないで。

8月23日、中日戦・第1戦(ナゴヤドーム)。

長野久義がやっとの1軍、6番・レフトでスタメンに。

1回、いきなり満塁のチャンスで、1球で凡退。3回、1塁2塁のチャンスで、2球で凡退。6回目は走者なしの場面でしたが、1球で凡退。

見せ場はなかった。長野が1軍にやって来れば、何もかもが上手くいくなんておめでたいことは思っていなかった。

即座に活躍してくれたらドラマチックであったろうけれど、早々都合のいいことばかりはないだろうし、これは予測済み。

徐々に身体をあたためて、ファンを喜ばせほしい。首脳陣に「もっと早く呼べばよかった」と後悔させてほしい。

そのためにも、早めによい結果を出してほしい。そのためには、首脳陣には数打席で見切るようなことはしてほしくない。

スタメンの選手が毎回ヒットを打ったり打点を上げているわけではないのだから(むしろ、そうでない主力選手が多すぎたのが今のカープの現状とつながってるわけだし)。



しかし、6回裏には野間峻祥と守備交代。早く調子をあげるためにも、全打席、長野を使ってほしかった。

1対0と、1点差で、早くも6回、守りに入るベンチの姿勢がまた腹立たしかった。

そうした采配でこれまで、どれだけ失敗してきたか。また同じことを繰り返す、その頭の中味にボッ!

しかも、6回の攻撃、満塁の絶好のチャンスでまたしても得点できなかったのだ。こういうとき、たいてい、後でしっぺ返しを受ける。

このとき打席に立ったのが、鈴木誠也でも、松山竜平でも、會澤翼でもなく、今もっとも心躍る打席を魅せてくれている西川龍馬だっただけに無念だった。

そして、案の定、満塁のチャンスを活かせなかった上に、守備固めに入るという攻撃の姿勢を欠いた6回裏、大瀬良大地が突如、長打を打たれ始める。

あと1アウトというところで、福田永将にソロホームラン。ビシエド、高橋周平、阿部寿樹に3連続2塁打を浴びたところで、降板。

代わった中村恭平も藤井淳志にまたしても2塁打を浴び、この回4失点。



調子がよくないなりに踏ん張っていた大瀬良。1点リードという緊張の続くゲーム。ここは6回の満塁のチャンスをものにして、大瀬良を少し楽にさせてあげてほしかった。

大瀬良は、カープで唯一、先発ローテを守りぬいている投手。今シーズン、6完投ですよ。おまけに6回は自らヒットを打って満塁のチャンスをお膳立てした。

7回は遠藤淳志。8回はフランスア。3点ビハインドの状況でも、勝ちパターンを繰り出すベンチ。

逆転する意志があるんだな。そのわりに守りに入ったり、こういうところがちぐはぐ。

しかし、7回、野間の代打にサンタナ。攻めの姿勢に転じたわけか? うーん。なんだかやっぱりちぐはぐ。

結局、打線は大人しいまま、4対1で敗退。まるでコールドゲームが続いているような体温の低さを感じた。

2回には鈴木誠也のゆるんだ守備もあったのも気になった。

ベンチの士気と指揮がヘンテコでも、選手にはプロとしてモチベーションを持ってファンにプレーを見せてほしい。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
長野久義と小園海斗がカープにやってきて
まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

2019年8月23日

9回まで あると思うな プロ野球。

8月22日、ヤクルト戦・第3戦(マツダスタジアム)。

カープの先発・山口翔。2回、同い年の村上宗隆にソロを打たれ、3連続フォアのち、2点追加され、3失点で早くも降板。

初勝利の瑞々しさが鮮烈だった山口ですが、2勝目の壁が。なかなか先発としての仕事を果たせません。

3回から塹江敦哉。2イニングをきっちり抑える。ここでスイッチすればよかったと思うのだが。

もったいないから使えるものは使っちゃおう的な、貧すれば鈍すの采配はたいがい裏目に出ます。

5回、連打で1失点、フォアを加えてあっという間に満塁になり、塹江は降板。

代わった島内颯太郎が走者をきれいに返し、この回、5失点。8対2と引き離される。



カープも2回、メヒアのフォア、小園海斗の2塁打、西川龍馬のタイムリーで2点とっていたが、鈴木誠也、松山竜平がたたみかけられなかったのは、もったいなかった。

6回、松山の2ランで、4点差に。この後もチャンスはあったが、坂倉将吾と小園が続けなかった。

じりじりと追い上げていく展開にしたかったが、7回、雨が強くなり、結局8対4でコールド負けに。

9回まで あると思うな プロ野球。だから点は取れるときに取っておかないと、こんな後味の悪い終わり方になる。

ところで22日、田中広輔が登録抹消され、23日にはやっとのことで長野久義が1軍登録されるとのこと。

残った試合数はあと26。決断が遅い。遅すぎる。どれだけ腰が重いのか。

田中にとっても、妙な温存のされ方をして、調整の機会を奪われたわけで、それは選手としてのキャリアにもかかわってくること。

緒方監督はそのことを自覚しているのかな? 監督というのは選手のキャリアを預かる(左右する)重要な仕事なのだと、改めて思った。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
カープに風を呼ぶ投手、山口翔が先発初勝利!
まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

2019年8月22日

骨太リリーフリレー、線の細い中﨑が締めた。

8月21日、ヤクルト戦・第2戦(マツダスタジアム)。

この日も長野久義の一軍登録はなかった。くぅ〜。まるで我慢比べさせられてるみたいだ。待ちますとも、待っていますよ。

かたや、田中広輔は連日でベンチ入りしていなかった。ならば田中を2軍で調整させて、ほかの選手を1軍に上げればいいと思うのだが。

貴重な戦力となる座席を空けたままにしておくなんて、もったいないではないですか。ゲームに出たい選手はたくさんいるのに。

まさか田中を2軍へ落とす決心がつくまで、暖めておくわけではあるまいな。不可解です。

と思っていたら、今日、やっと田中は2軍へ。田中にしてみれば、調整の機会を奪われ、今シーズンの大半を棒に振ったことにもなる。まったく不可解です。

ヤクルトに1回と2回、先制されるも、3回、鈴木誠也の2ランで追いつく。昨日の流れを感じる。

しかし、先発の野村祐輔は4回、追いついてもらった直後に2失点。ヤクルト打線に粘られ、球数も多しで、4回でスパッと交代。



5回は島内颯太郎。青木宣親、山田哲人、バレンティンの猛者を抑える。

ビハインドでは力を発揮する島内。リードした場面や競り合った状況で踏みとどまれるようになるのはいつか。

その裏、西川龍馬が打ち、菊池涼介がタイムリー、鈴木誠也がタイムリーで4対4の同点に。一つ一つ返します。

松山竜平はこの波に乗れず、進塁ゴロにとどまり、サンタナ凡退。で、突き放すまではいかず。

6回は中村恭平。ここで、レフトに野間峻祥が、サードに小窪哲也が守備につく。あれ? 昨日、さよならタイムリーを打った三好匠ではなく、小窪……。

恭平は三者三振で、昨日のいやなイメージをきれいに一掃。

7回は菊池保則、8回は遠藤淳志が無失点。ナイスリレーが続きます。

その裏、代打の安部友裕が貴重なソロホームランで勝ち越し。ハ・キ!



島内、恭平、菊池保、遠藤……とリリーフ陣ががっしり土台を作り、コツンコツンと打線が点を追加し、豪快さはなくとも、じわじわとヤクルトにボディブロー。

こうなると、9回は中﨑翔太。いやぁ〜、ヒリヒリする。いろんな意味で。きっちり満塁まで持っていきながら抑える中﨑劇場ふっかーつ。

遠藤にうれしい初勝利。初勝利という言葉がちょっとそぐわないくらい、もう何勝分もの働きをしてくれている。

マウンドではふてぶてしいが、ヒーローインタビューは初々しく可愛らしかった。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
西川当たって、菊池と鈴木打った、小園送って、三好打った、野間走った逆転劇。

2019年8月21日

西川当たって、菊池と鈴木打った、小園送って、三好打った、野間走った逆転劇。

8月20日、ヤクルト戦・第1戦(マツダスタジアム)。

今日こそ長野久義が1軍に……とオーダーを見ると、またですよ。名前がない。思わせぶりな発言をしていた首脳陣ですが、ほんとに煮え切らない人たちです。

かわりにサンタナの名前が。ゲレーロ、ビシエド、バレンティン……と、濁点が妙に迫力感じさせることの多い外国人選手ですが、サンタナ。なんだか素敵な響き。カーニバルとか始まりそう。

先発のジョンソンは3回までに3失点。しかしその裏、石原慶幸のまさかの2塁打を皮切りに1点。

4回には、小園海斗とサンタナのタイムリー、ヤクルトの失策ありで3点追加して逆転。

ジョンソンはこの日も球数多くなりつつも、6回3失点のクォリティスタート。もう1イニング抑えてほしかったが、ここで交代。

本人も投げる意志があったようだから、ここはまかせてほしかったのだが。なんだか選手の気持ちとフィットしないベンチの采配がまた垣間見える。



7回は菊池保則。安定の菊池。ありがとう菊池。

その裏、満塁の場面で松山竜平がまた凡退(毎日のように見ている光景)。
メヒアがフォアを選び押し出しで1点追加したが、続く小園は凡退。もったいなかった。

8回、中村恭平がいきなりの死球ありで、山田哲人の2ランを浴び、同点に。代わった今村猛も2ランを浴び、逆転される。

9回、レグナルトがフォアを皮切りに1失点。レグナルト、出るたび打たれている。裏目裏目の継投が続く。

3点差で迎えた最後の攻撃。西川龍馬がデッドボールで出塁。

菊池がヒットでつなぐ。逆転の導火線になるようなヒット、ここぞというときに打ってくれる、それが菊池。

ここで鈴木誠也の打席。走者がいると打たない鈴木。そんなネーミングをふっとばす3ランで、同点に! ここぞの4番の仕事をしてくれた。この日の打順は3番だけど、私の中では誠也は4番。



代打の小窪哲也はさておいて、野間峻祥に打席が回ってきた。

いつもなら、「こういうことがあるから松山を代えるのは早すぎた」と思うのだが、チャンスの場面で打たない松山(おまけに判断がもう一歩足らずで外野フライをヒットにする守備の松山)。

だから今日は野間でよし。と思ったところに、フォアで出塁。

なんだろう。一つ一つ、ピースがはまっていくこの感じ。

そこで小園がプロ初のバントを決めた。PKを外さない、みたいな、いい仕事。フルスイングもいいけど、バントも決めるぞ、いいぞいいぞ小園。

そして、前の打席を3球三振で終わったのはこの逆転劇の布石でもあった。三好匠が自身初のさよならタイムリー。野間の激走も効いた。もう、わっしょいわっしょいです。

独走しているかのように見える巨人ですが、話にならないほど鉄壁の強さがあるわけではない。

それは昨年のカープのごとく。他チームがふがいないところも大きい。まだつけいるスキはあるはず。

この日、田中広輔はベンチ入りしていなかった。緒方監督が新しいことをやるのに恐ろしく時間がかかる人だということは知っている。

長野を1軍に呼ぶのにも、おそろしく時間をかけているが、時間の問題のような気がするのだが、まだ時間をかけるのだろうか。


   来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

2019年8月20日

長野久義と小園海斗がカープにやってきて

長野久義が近日中に1軍昇格の可能性とのこと(「スポーツ報知」)。

「呼びたいと思っている候補の一人」とは、まどろっこしい言い方。そのスパッとしなさが今のカープベンチらしい。

遅い。遅いけれど、遅くなっても、呼ばないより絶対いい。長野が起用されたからといって全てが好転するわけではないけれど、いろんな可能性(選択肢)を見せてもらえた方が、ファンは嬉しい。

長野がカープに移籍することが決まったとき、ファンはウェルカムモードだった。きっと長野と一緒にプレーできることを喜んだ選手もいただろう。

巨人一筋できた長野にとって、カープへの移籍は思いがけない運命となったわけだけど、3連覇したチームから学びたいという気持ちも持っていてくれていたはずだ。

カープに移籍してからここまで、長野にとって、カープから何か学べることがあったのだろうか。素朴に尋ねてみたい気がします。



1年前は甲子園に出ていた小園海斗。今でもマウンドに立つ姿は初々しくて、野球少年がプロの選手になった瞬間を見せてもらっている気がする。

来年以降、小園がどんな風情になっているのかも楽しみです。

新井さんのように、40歳を超えても瑞々しさを感じさせてくれるプレーヤーもいたから、そんな選手になってくれたらいいな。いや、予想とは裏腹に、老獪な感じになったらそれはそれで面白い。

いま、毎日、野球することが仕事になって、どんな気持ちなんだろう。これまた素朴に尋ねてみたいです。

ドラフト会議でカープの1位指名が決まったとき、小園が嬉しそうな顔をしているように見えて、ホッと嬉しかった。

長野であれ、小園であれ、ほかの選手であっても、カープに来たことを喜んでもらえてたら、ファンとしては嬉しい。しかし、小園はいつも笑顔がスタンダードだということをその後、知るのだが。

ただ、選手からの要望があるにもかかわらず、12球団で唯一トラックマンが導入されていなかったり、年俸が抑え気味だったり、選手のモチベーションをあげるのが上手な球団体質とはても言えない。

だから、どんなに応援している選手がカープを去ることになっても、ちゃんと評価してもらえるところでプレーしてほしいと思う。

試合の合間のポッカリ空いた日、素朴に日々感じていたことを書いてみました。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

2019年8月19日

投げてよし、守ってよし、しかし打線はからっきし。

8月18日、DeNA戦・第3戦(横浜スタジアム)。

1回、西川龍馬がしょっぱなから2塁打。いいじゃないか、西川。今日も攻めてる感じ。しかも相手は鉄壁の今永昇太。

そこを菊池涼介がしっかりバントで送って、ワンアウト3塁の絶好のチャンス。

だがしかし、鈴木誠也と松山竜平が凡退。走者がいるときには打たない鈴木と松山のクリーンナップコンビは今日も平常運転。

この時点で勝負が決まったような、いやぁな感じが残る。それは結果的に図星となった。

カープ打線、まったくヒットが出ないわけではないけれど、つながらない。

そうこうするうちに、いや、打線が何もしない間に、7回、好投していた九里亜蓮が、ベンチスタートだったロペスにソロホームランを打たれる。これが結果的に決勝点に。

打線がつながらない上に、一発がないカープ。これはこたえます。7回1失点という、九里のピッチングが報われない結果になった。



九里も素晴らしかったが、試合を手中に収めているかのような、コントロールできている感のある今永、すごかったです。140球投げたけれど、最後の9回、マウンド上で余裕のほほえみ浮かべてました。

と、毎回おんなじように討ち取られていて、まったく工夫が見られない(ように見える)のは、何とかならないのか。

8回、代打の磯村嘉孝と菊池涼介が1球目を打ち上げて凡退。ここにきて、球数120球を超えた今永を助けるようなバッティングには、座布団を放り投げたくなった。

そんな中、8球粘って、いい当たりを今永にダイレクトでキャッチされてしまったけれど、西川龍馬の打席は光っていた。

9回、鈴木の打席では悲鳴にも似た得点を待ち望む観客の声援が。それでも、スタンドの熱と同等なものを鈴木の打席からは感じなかった。



カープ打線は覇気がなかったが、今日も守備は随所に見どころがありました。

2回、三好匠が3塁ベンチ前のフライをポコンとミットに吸い込まれるようにスマートにキャッチ。3回、菊池のグラブトス、6回、鈴木のフェンス際の捕球。

好投した投手、守った野手。あとは打線。

2軍で結果を出している選手と入れ替え、選手のモチベーションを上げてほしい。

空気の入れ替えをせず、よどんだまま放置しているように見えて仕方ない。それって、さぼってるってことですよ。

ベンチは、こまめなお手入れ、目配り(選手をよく見るということ)を大切に。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

2019年8月18日

まだ消化試合には早すぎる。遅くなってもしないよりマシ。

8月17日、DeNA戦・第2戦(横浜スタジアム)。

カープの先発はモンティージャ。7月30日の巨人戦での初先発のときにも思ったのだが、なぜまたここでモンティージャ?

あのときは首位・巨人とのゲーム差を埋める絶好のチャンスのガチンコ対決。そして今回は、徐々に巨人の背中は遠くなりつつあるが、まだ離されずくらいついていきたい状況。

そこに、またしてもまるで消化試合のようなセレクト。それとも、よっぽど人手不足なの?

ベンチは勝つ気で臨んでいるのか、いぶかしくなる。まだ諦めていないファンがいるのに、ベンチはもう諦めているの?

そうは言いつつ、モンティージャがいい仕事をしてくれたら、それはそれで嬉しい予想外の出来事として大歓迎したかったのだが、この日はプロの試合で投げる投手とは思えない内容だった。誰の目がこの人を選んだのだろう。

2回5失点で降板。いきなり5点は痛いです。



3回の満塁のチャンスでは、松山竜平が凡退。松山が満塁で凡退……って、毎日見ている光景のような気がする。

塁上に走者がいないときには打つのに、チャンスの場面でとんと打てないとは。勝負の世界に生きている感じがほしい。

それでも、4回から3イニング投げた塹江敦哉には、劣勢の中でも勝負している香りを感じた。こういう選手にもっとチャンスを与えたてくれたらと、素朴に感じる。

その後のレグナルトは、7回8回を投げて、3失点。仕事を全うしていない。

ファンは逆転してくれるつもりで試合を見ているのだから、5点差ならまだしも、終盤に7点以上差がついては、きびしいものがある。

しかし、7点リードでも、8回に三嶋一輝、9回に山崎康晃を出してくるDeNA。詳しい台所事情は知らないけれど、まるでカープの謎采配のよう。



その三嶋から、鈴木誠也がソロホームラン、山崎から西川龍馬が2ランを放ち、完封負けを免れたことはよかった。

鈴木は久しぶりのホームラン。しかし、鈴木、走者がいるときには打たない。西川は今日も平常運転、元気だった。

それにしても、代打に出てくるのが、小窪哲也、磯村嘉孝、安部友裕、坂倉将吾、野間峻祥……と、輝いていた時期があったかもしれないが、今はそうとも言えない、相手にとって怖さのない面々ばかりで、そこもまた勝負のワクワクが目減りしている感じだ。

なんだか、とりわけベンチに覇気を感じない、今シーズン一番見ていてつまらないゲームなんじゃないかと思ったほどだ。

緒方監督は新しいことを受け入れるのにとても時間がかかる人のようで、超絶不振だった田中広輔をおろし、小園海斗を起用するのにも長い時間が必要だった。

さすがに、そろそろ長野久義を起用してくれないかと待っている。「遅くなってもしないよりマシ」というフランスの諺がある。

もし起用されたら、もっと早く呼べばよかったとベンチを後悔させるくらい、長野には地に足つけた活躍をしてほしい。もちろん、どの選手も。


 来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ


スポンサーリンク

〔関連記事〕
頂上決戦くらいのつもりで意気込んでいたのに、このお試し&捨てゲーム的な采配は何?