2018年6月24日

野村祐輔復活、長打連発、そして伸びる連続無失策記録!

6月23日、阪神戦(阪神甲子園球場)。

この日の午後は、兵庫の実家へ帰るため、新幹線の中。デーゲームなので、映像での観戦はもともと諦めていましたが、てっきり雨天中止と思っていました。

15時過ぎに試合が始まったと聞いて、びっくり。阪神園芸さん、グッジョブ!

試合の最後の方なら、実家に着いて見られるかも……。と、移動中に見たテキスト速報に感激。打っては、丸佳浩がホームランを2本、西川龍馬の3ランと、スカッと感が満載。

投げては、野村祐輔が無失点で抑え、いやぁ。先発ローテーションがこれでグッと落ち着きを増しますね。これは映像観戦していたら至福を感じそうな内容でした。

しかし、夕方、実家に着いてテレビをつけたところ、7回、マウンド上のアドゥワ誠を野手陣が囲んでいるではないですか。あれ、さっきの快調な展開はどこへ……?

1イニングの中で、はやくも永川勝浩に交代していますし。前日のジャクソン→今村リレーを思い起こし、不穏な空気が。大きな傷にはなりませんでしたが、すべて快調とはそうは問屋が卸しません。

しかし、その後の8回・9回でも追加点をとり続け、不穏な空気は一掃される。途中交代の下水流昂のホームランも嬉しかった。控えの選手がチャンスを与えられたときにしっかり期待に応えるのは、胸がすく思い。応援したくなります(堂林翔太もがんばれ!)。



先発が試合を作り、随所でくまなく点をとる打線。それだけで見ていて充実感があったでろうと思われるゲームでしたが、連続試合無失策の記録が12に伸びているそうですね(「中国新聞」)。

交流戦が始まってカープ投壊と叫ばれ出したころ、大量失点の底には、エラーが重く鎮座していました。

このところのリリーフ陣の乱調は少し気にかかりますが、ようやく先発の柱が整いつつあり、投壊現象がおさまりそうな気配。

そのカゲには、失策のなさ、守りの軽快さが支えてくれている。いや、投球が安定していると、守りにも相乗効果が出るというお互い様状態なのか? そのことが実は一番ホッとする材料だったりします。

ちなみに、阪神ファンが多数派の実家では、「おもしろない」と、その後すぐチャンネルを変えられました。



スポンサーリンク

2018年6月23日

この妙な安堵感はなに?

6月22日、阪神戦(阪神甲子園球場)。

交流戦が終わって、リーグ戦が再開。
なんなんでしょう。この家に帰ってきたようなホッとする感じ。

強者どもが集うパ・リーグ打線から解き放たれて、顔なじみの相手たちと、やぁ、久しぶりだね! 選手たちもどこかホッとしているような。試合中、時おり両チームの選手からグラウンド上で微笑む姿が。お互い、あそこではひどいめに合いましたな、的な?

そんな、ホッとしている場合では毛頭ないのだけど。

しかし、大瀬良大地が先発の日は、よく打ちます。

4回に丸佳浩がソロホームラン。先制点をあげます。

5回には、野間峻祥がねばって、阪神の先発・ 秋山拓巳から13球投げさせます。この打席は空振り三振で終わるも、次の打席への布石を感じさせるものでした。その予感は的中。7回、ヒットで出塁し、ホームベースもきっちり踏んでくれました。



大瀬良は7回100球を投げて、ジャクソンと交代。大瀬良をとらえきれていない阪神打線。この時点で5対0。5点差あるとはいえ、ここはもう1回、大瀬良で行ってほしかった。いえ、5点差あったから交代したのでしょうが。

しかしなんでしょう、両手をあげて喜べない交代劇。

それみたことかで8回、ジャクソンはツーアウトをとったところで2失点。さらに乱調は続き、2連続のフォア。緒方監督は、たまらず今村猛にスイッチ。

ここで交代させるのなら、1個目のフォアで代えてほしかった。予兆満々でしたもの。しかし、今村に代わったからと言って、安心感とはここでも無縁です。

不安は的中、今村が早々に1失点。緒方監督、またも早めの交代で、中崎翔太にスイッチ。なんとか逃げ切りましたが、8回に3人を投入するとは。しかも、巷では勝利の方程式と呼ばれている三人衆。

方程式の正答率は高くないもうこの呼び方、やめましょう?

ともあれ、白星発進。とはいえ、パ・リーグとの力の差を見せつけられた交流戦のあと。セ・リーグ村のこぢんまりとした感じは否めません。この庭の中でさえ、楽に勝てる世界ではないのに。



スポンサーリンク


カープは本当に強いのか? 交流戦・西武とのリーグ首位対決の前に

2018年6月22日

2018年ほぼ折り返し地点、最もノーミソに刻まれたカープのトピックスはこれでした。

プロ野球、前半戦を終えるのはまだ3週間ほど先とはいえ、セ・パ交流戦が終わり、ほぼ前半を終えたような気分です。

交流戦の前半あたりまで、私の中でカープのトピックスと言えば、野間峻祥の覚醒。続いて、大瀬良大地の次期エースを期待させる投球でした。

もし仮に仮に、カープが今年リーグ優勝を成し遂げたとしたら、今の時点でMVPは野間か大瀬良?と、勝手に妄想エントリーしていたほどでした。

しかし、交流戦も後半に差しかかると、野間のバットから快音と「何か起こしてくれる」ムードが少しずつ影をひそめていきました。

大瀬良は、6月15日のソフトバンク戦で、ホームランを3本打たれ、気前よく7失点。

大量失点した投手陣と、チャンスで点を取れなかった野手陣の印象とが重なって、野間と大瀬良の活躍の印象がグッと薄くなってしまいました。

というくらい、交流戦での負けっぷりが色濃く刻まれたほぼ前半。順位もお尻から3番目。もちろん、後半、二人がどんな打撃&投球をしてくれるか、楽しみにしたいと思います。



しかし、前半のカープ、わたしが最もひっかかってしまったのは、5月31日の西武戦、薮田和樹が先発したときのこと。

薮田が1イニング10失点したことより、試合後の緒方監督の言葉でした。薮田の話になると、「そっちで評価して」と、足早に切り上げたという。

負けたゲームのあと、いつも「俺の責任」と語ることの多い緒方監督の切り捨てたような言葉。選手へのリスペクトが感じられなかった言葉。じつは今シーズン、一番ショックな出来事でした。

それだけ、緒方監督が薮田に期待をしていたが故の失望の現れだとしても。薮田が期待に応えられなかったのは事実としても。薮田に先発を託したのは自分なのに。

黒田博樹も1年目のキャンプが終わったとき、2軍で1イニング10失点したことがあるそう。当時の2軍監督は安仁屋宗八さん。そのときのことを黒田はこう語っています。

「ただ、すごかったと思うのは、安仁屋さんだ。あの試合以降も初回にいくら大量点を取られても、僕を絶対に変えなかった。どんな状況になっても、〈お前を使う、育てていくんだ〉という気持ちが、僕には嫌でも伝わってきた」(『決めて断つ』より)

1軍と2軍を同じに語れないとしても、黒田は安仁屋さんからのメッセージを受けとって、この経験を土台にしていった。

薮田はこのとき、緒方監督からどんなメッセージを受けとったのだろう。

それまでのゲームでも、薮田がまだ失点もしていないのに、フォアを連発したところで降板させたり、先発で結果が出ないと中継ぎとして投げさせたり。

中継ぎで調整させるという方法も実際にはあるのかもしれないが、それでどうにかなるような調子には見えなかったし、選手に恥をかかせているように感じてしまったくらいだった。



6月12日、日ハムの斎藤佑樹が阪神戦で4回投げて7失点したとき、栗山監督は試合後、「本人もいろいろと感じる思いもあると思う」「苦しめば苦しむほど生まれるものもある」と語っていた(「スポーツ報知」)。

斎藤に対して栗山監督は寛大すぎると思うこともありますが。栗山監督でなかったら、斎藤にこれほど何度もチャンスは与えられていないかもしれないと思ったりしますが、それも人の縁。斎藤も栗山監督のメッセージを受け止めてしっかりしないと、もう。

マスコミに報道されていないところで、緒方監督が薮田に直接どんな言葉をかけたか(かけなかったか)はわかりません。でも、人が聞いている(見ている)場所で伝わっていく言葉は大切。人の上に立つ仕事をしている人ならなおのこと。

今日からリーグ戦が再開。新井貴浩は、投手と野手の垣根をとっぱらってカバーしあおうと、呼びかけたとか(「デイリースポーツ」)。また1ミリずつ、積み重ねていってくだされ〜。



スポンサーリンク


薮田のトンネル状態続く。謎の采配も続く。
菊池涼介・野手と投手のあいだに立って

2018年6月19日

交流戦、歯切れ悪いまま終わる。福井とフランスアの違いも発見。

6月18日、日ハム戦(マツダスタジアム)。交流戦、最終戦です。

先発の福井優也は、5回を投げて、4失点。

前回、6月12日の登板では、6回を投げて4失点。今日こそはと期待しつつ、期待を裏切られることも想定内。後者の予想がまた当たってしまった。

6回を投げたのはフランスア。先頭打者、中田翔にフォアを出すも、その後は三者連続三振。豪快、爽快。

フランスアが出てくると、なぜか身体が画面にひきつけられていく。そのココロは……力のある球と、可愛げと見た。応援したくなる選手なのです。

以前にも書いたのですが、フランスアを見ていると、フィールドに立っている喜び、野球を楽しんでいることが伝わってくる。可愛らしさの秘密はそこかも。

そう考えると、福井は野球を楽しんでいるのだろうか。そんな単純に楽しめるプロの世界ではないだろうけれど。黒田博樹は中学時代までを除いて野球を楽しいと思ったことがないと語っていたけれど、マウンドに立っている意気はいつも感じていました。

いつまで与えられるかわからないチャンス。ガチガチになれなんて言わないけれど、せっかく与えられた機会を福井は何とかしようとしているのか(永川勝浩なんかものすごい気迫が伝わってきますもん)。フィールドに立てている喜びが見ている側には伝わってこなくて、プスプスと不完全燃焼な気持ちにもなる。

ところで、この日のフランスア。何かが違う……。あっ。ユニフォームがストッキングを見せるクラシックスタイル(オールドスタイル)だったのが、ロングスタイルに変わっていた。軽やかで好きだったんだけどなぁ、クラシックスタイル(赤松さーん)。



1対4と、勝ちゲームではありませんでしたが、登板間隔のあいていた中崎翔太が9回に登場し、鶴岡慎也に2ランを打たれる。

間隔があいていたとはいえ、肩慣らしじゃないんですから。練習試合じゃないんですから。お金払ってお客さんが見にきてくれているゲームなんですから。

打線は打線で、初回に丸佳浩がホームランを打ったあと、追加点はなし。2塁に行くまでがやっと。

9回、バティスタにホームラン。そのあとフォアとエラーもあって、最後の最後、やっと3塁までたどりつくも、會澤翼のはぎれ悪いピッチャーゴロで、飛び出した新井貴浩がホームインしようとしてタッチアウト。今日も打線がにぶっていた。前日の猛打は一夜限り。これも想定内のこと。

交流戦は、楽天の3連勝以外は、すべて負け越し。

一振りで勝負を決められない、ホームランバッターのいないチーム。豪快な野球がカラーではないのだったら、緻密な野球をしていくしかない。

そう思うと、今シーズンからヤクルトに移った石井琢朗と河田雄祐両コーチの存在は大きかったのだなと改めて思う。が、そんな過ぎたより、そこで得たものをもう一度思い起こして、基本から1ミリずつでも積み重ねていってくだされ〜。



スポンサーリンク



中村祐太、7失点で4連続KOも、フランスア&永川勝浩の好リリーフでいいこと見っけ!
地味にスゴイ?! オリックス打線と投手陣にカープのこの静けさはいったい……。

2018年6月18日

打つ打つ打線と、九里亜蓮の初完投で連敗ストップ!

6月17日、ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)。

止まりました、5連敗。止まったどころか、13対4の大差をつけて。

1回、松山竜平のタイムリーのあと、新井貴浩に代わってDHに起用されたバティスタが3ランを放って、初回に4点先制。

初回に点を入れたまま、そのまま凪のようなしずか〜な状態になることが多々あるカープ。

しかし、そこだけでは止まらなかった。6回、松山とバティスタの連続ヒットに始まり、野間峻祥と菊池涼介と丸佳浩のタイムリー、鈴木誠也の2ランで、8点を追加。9回にも下水流昂のタイムリーが出て1点。

 松バティコンビが大活躍。まるで呪いが解けたよう。ビッグイニングも、スタメン全員安打も、二桁得点も、もう何もかもが久しぶり。

ソフトバンクは投手陣が炎上しての大量失点。この日は立場が入れ替わり、とても他人事とは思えない。

6回以降、カープは徐々に主力を休ませ、控え選手がちらほらと登場。ここでも前日のソフトバンクとの逆現象が起こり、まさかの展開でした。



カープの先発は九里亜蓮。この日も、ボールを受けとってからモーションに入るまでの時間が短く、テンポよく投げていく九里。

5連敗してドヨ〜ンとふっきれない空気のカープの中にあって、この躊躇のなさがフラットで、清々しくて、とてもよかった。

九里とバッテリーを組んだ磯村嘉孝のリードもよかった。この日は、バティスタと磯村の起用が見事に活きました。

九里は5回、デスパイネにホームランを打たれるも、その直後引きずることなく、テンポよく三者凡退。
101球を投げて、いよいよ9回のマウンドに立ちます。

あと1アウトというところで、塚田正義とデスパイネ(またしても)にホームランを打たれ、3失点。すんなりとは行かなかったけれど、課題がまた見つかったけれど(それもまたよし)、九里にとって初めての完投。攻めのピッチングをして、しかも無四球です。

「9回のマウンドはしびれるものがあった」の言葉は、そこに上がったことのある者にしか言えない言葉。しびれました。



 スポンサーリンク


九里亜蓮の熱投と、安部友裕の覇気どこいったー。
九里亜蓮、見事なテンポよい投球で1勝かちとる
九里亜蓮の力投がまたも吹っ飛ぶ

2018年6月17日

泥沼に咲く一輪の白い花のよう、ジョンソン。

6月16日、ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)。

カープの先発はジョンソン。4連敗していたカープにとっては、やっと安心して見ていられるピッチャーが出てきてくれたという感じ。

そうは言っても勝負ごと。何が起こるかわからないので見ていて緊張はしますが、今のカープの投手陣の中でジョンソンは、やっぱり一人、立っているステージが違う。

1回、ヒットで出塁した田中広輔が、死球と相手エラーでホームイン。1点を先制します。前日、完封されていたので、まずは幸先のよいスタート。

ところが、このあと松山竜平が申告敬遠で満塁となるも、チャンスを生かせず、1点どまり。ソフトバンクの采配が見事に生きます。ココロニクイデスネ。

3回、鈴木誠也のソロホームランで、1点を追加。4番のホームランは嬉しい。でも、ほら、やっぱりこのさき何が起きるかまだわからないので、小さく喜ぶ。

打たせてとる(ゴロの山を築く)カープのジョンソンと、毎回のように三振をとるソフトバンクのバンデンハーク。見応えある投手戦が続きます。

6回、ジョンソンはストライクと確信していた球をボールと判定され、即座に感情は出たけれど、そのあとイライラを出すこともなく、ノーアウト満塁のピンチを1点で切り抜ける。1点で踏みとどまったこの場面は素晴らしかった。



7回からは今村猛が登場。勝利の方程式というけれど(いうけれど)。2対1と1点差のリードを守りきれるのか、なんとなく不安。ジョンソンが充実したピッチングを続けていたのだから、紋切り型はやめて、もう1イニングまかせてもよかったのでは?

球数が100球近かったからなのか、6回のピンチの場面で集中力を使った後という配慮があったのか、内情はわからないけれど。こういうことがあるたび、ベンチでどんな話がされていたのか、聞いてみたくなります。ともあれ、「勝利の方程式」という言葉を落ち着いた気分で聞けるほど、リリーフ陣が安定していると思えない空気をなんとなくこの日は感じた。

結果的に、今村が4失点。故障のため2軍で調整していた内川聖一は、2軍でもホームランをかっとばして1軍に戻ってきたばかり。早々にチャンスの場面でしっかりホームランを打つ内川、さすがです。

カープは6回と8回にもチャンスがあったけれど、またも生かすことはできず、6対2でゲームは終了。せめて僅差で終わりたかった。

勝つか負けるか2分の1の確率なので、予想はできたこと。できれば、その予想を裏切ってほしかったが、5連敗となって、いよいよシ ー ー ー ン。

ですが、ジョンソンの好投は素晴らしかった。負けたけれど、粛々としたピッチングは胸に静かに残った。石原慶幸のリードも。

できるだけ石原のフィールド上での姿を見ていたいけれど、早くバッテリーコーチとなって、カープの捕手陣を、的確に柔軟に教育してほしい気持ちも満々です。石原先輩!



スポンサーリンク

2018年6月16日

圧倒的な差を1ミリでも埋めるために

6月15日、ソフトバンク戦(福岡ヤフオク!ドーム)。

0対8。3日続いての大差負けどころか、完封です。
「昨年のリーグ覇者同士の対決」というキャッチコピーに、ぽっ(赤面)。あぁ、そんなこともありましたか……と思い出す始末。その響きに見合わない試合内容となりました。

カープのエース的存在・大瀬良大地は、デスパイネから3ラン、高田知季から2ラン、上林誠知から2ランと気前よく打たれ、4回・76球で降板。ここまで大差がついたのなら、いっそもう1イニング大瀬良に預けて、リリーフ陣を休ませてあげてほしかった。

カープは今のところ、かろうじてセ・リーグの首位にいるけれど、その先を見すえて戦わないと。オリックス戦に続き、セとパの世界の違いを感じる。あんなに苦戦していた中日や横浜が手ぬるく感じるほど。

ソフトバンクもやりがいがなかったかも。やっていてつまらなかったかも。と思ってしまうような圧倒差。まるでサッカー日本代表とブラジル代表の試合のよう。最後には、ソフトバンクの控え選手が続々出てきて、これも屈辱的なことでした。

そもそも昨年、横浜とのCSのゲームを落としたときから、カープの劣化というか、周囲からの信用をひとつ確実に落とした感じが私の中ではずっと続いています。

CSまでブランクがあって試合勘を取り戻せなかったことも、球団として一つの準備不足だったと思うし。社会人代表(アマチュア)との試合でいくら大勝しても……。

選手も、球団も、常にスキを見せず、プロフェッショナルな姿勢を見せてほしいです(あ、もちろんリラックスするときはリラックスしてね)。



そんな中にも、この日のゲームで見つけた明るい光が3つ。

6回・7回を投げた飯田哲矢が連続三者凡退(しかも5奪三振)。素晴らしかったです。

4回、新井貴浩が千賀滉大(こうだい)のおばけフォークの落ちてくる軌道を読んでミートした技ありの場面。さすが2000本安打は伊達じゃない。
(しかし、6回の打席では、1アウト2塁3塁のチャンスの場面でゲッツー。そう言えば、2015年からカープの試合を見始めたとき、ネット上で「新井さんのツラゲー」という言葉が使われていて、何だろう?と検索。その意味を知って脱力したことも、今ではカープ1年生の懐かしい思い出です)。

9回表、最後の攻撃で、先頭打者の松山竜平がクリーンヒットで2塁へ。走るのが得意じゃない松ちゃんが一生懸命2塁まで進んだのを見て、じぃんとなった。松ちゃん、孤軍奮闘しています。

しかし、ここで代走を出さなかった緒方監督。逆転は無理としても、1点入れて終わりたいじゃないですか。上本崇司はすでにもう代走したあとだったけど、まだ堂林翔太がいるでしょうが。まだゲームは終わっていないのに、監督からあきらめの姿勢を感じて、脱力してしまいました。

明日の先発はジョンソンとバンデンハーク。もうひとつのエース対決と言ってもよいカード。石原慶幸のリードにも期待したいです。

しかし、投手陣を一朝一夕で立て直すのは難しいとしても、1ミリでも今より状態がよくなるよう、黒田博樹を臨時投手コーチに呼ぶというのはどうでしょう。黒田魂とプロフェッショナルな姿勢を再注入だ!



スポンサーリンク

サヨウナラ〜。
これはもう采配の問題というレベルではなく、選手の個々の力の差では?