2018年8月10日

記憶の中では岡田に勝ち星。あんなベテラン見たことないよの新井さん。

8月9日、中日戦(マツダスタジアム)。

こういう岡田を見たかった。そんな投球を、久しぶりに先発の岡田明丈が見せてくれました。

2回、2失点しましたが、それ以降はゼロ行進。しかも打席では、苦手なバントも2度決めた(3度目は失敗してしまったけれど)。

一方、打線は、4回に同点に追いついたものの、リードすることができません。この日は、満塁のチャンスを逃すこと2度。しかも、三振の多いこと(試合が終わった時点で、中日の8に対し、カープは15)。

我慢比べのような状態が続きますが、先にマウンドを降りたのは、中日の先発・笠原祥太郎。

この日の岡田は8回まで投げきります。こんな投球の日には、なんとか岡田に勝ち星をと願っていたのだけど、ままならず、悔しくて何度テーブルをドンドン叩いてしまったことか〜。



岡田は8回まで投げきり、リリーフ陣の負担が軽くなるよう先発としての役目を十分すぎるほど果たしたにもかかわらず、延長戦に突入。

中日・カープともに5回から10回まで、無失点の投手戦が続く。フランスア → ジャクソン → 一岡竜司と、カープのリリーフ陣もフル回転。

試合がやっと動いたのは、11回。このところ、代打での結果が出ていなかった新井貴浩に待望のヒット。代走の上本崇司が思い切りのよい盗塁。田中広輔がフォアを選んで、1塁・2塁の場面で、菊池涼介がサヨナラ逆転タイムリー。ここでも上本の好走塁が活きていました。

7月20日の巨人戦(マツダスタジアム)で、下水流昂がサヨナラ逆転タイムリーを放ったときも、ベンチ前でとびはねて喜びを炸裂させていた新井さんでしたが、この日も真っ先にベンチから飛び出し、菊池に向かって突進していました。

こんなベテラン選手、こんな41歳、他のチームにいるでしょうか。素晴らしい!

岡田に勝ちをつけてあげることはできなかったけれど、この日の投球はきっと、ベンチからもチームメイトからも、信頼を得ることができたはず。

2回、ヒットを打って塁に出て、ホームインした西川龍馬がベンチに戻ってきたとき、岡田と交わしあった、アイコンタクトとタッチも、最終回と同じくらい感動した。ものすごく格好良かった。



スポンサーリンク


岡田明丈、勝たせたいピッチャーであり続けて
続・岡田。愛されるピッチャーであり続けて
下水流の劇的な逆転サヨナラ打! 華のある選手とは?