2019年5月18日

打つ人が増えると、点も増える。後半の8回9回で9得点。

5月17日、阪神戦(阪神甲子園球場)。
西勇輝と、床田寛樹の投げ合い。

1回、西はわずか8球で三者凡退。床田も12球で三者凡退。

2回も西は10球で三者凡退。床田は福留孝介にヒットを打たれるも、好守備もあって併殺打でスリーアウト。

3回、今度はカープが併殺打で沈むなど、ここまでは両チーム、合わせ鏡のようなテンポで進む。

このまま行くと、4月7日、9対0で西に完封負けをくらった試合の再演となるのか(それだけはぜがひとも避けて)。

でもここまで、討ち取られてはいるものの、当たりは悪くない。徐々に突破口が開かれていくのでは? という予感も。

す・る・と! 4回、バティスタのヒットを皮切りに、西川龍馬のタイムリーで1点先制。これで完封負けはひとまず免れました。

6回、床田は、ヒットとフォア2つ織り交ぜて、2失点。途中降板となってレグナルトにスイッチ。西よりも早くマウンドを降ります。



その西も、8回、野野間峻祥、菊池涼介、バティスタの1番2番3番に連打を浴び、2失点。カープが2対3でじりじりと逆転。西もここで降板。

9回には、會澤翼ヒット、安部友裕の犠打、代打の磯村嘉孝ヒット、野間フォア、ツーアウト満塁の場面で、得点圏打率トップの菊池が2点タイムリー。8回に続いて、またしても菊池がタイムリー。

その後も、バティスタ、鈴木誠也、西川、會澤の連打で、あれよあれよと9回で合計7点を追加。ゲーム開始当初は投手戦が予想されましたが、1ゲームの最初と最後でここまで色合いが変わるとは。

開幕当初、ヒットを打っていたのが鈴木だけだったのが、菊池、會澤、西川、バティスタ……と増えていき、そうなると物理的に、点は入っていきますね(この日ノーヒットだったのは、安部と田中広輔のみ)。

それにしても、このところの磯村のハ・キ! には心打たれます。

この日、出番はなかったけれど、坂倉将吾が1軍に上がってきたのも嬉しい話。

床田、アドゥア誠、山口翔、中村恭平、レグナルト、菊池保則と、昨年とは違った活躍を見せてくれている投手陣のように、野手陣の中にも、曽根海成ともどもフレッシュな風を吹かせてほしいです。


スポンサーリンク


〔関連記事〕

無言の完封負け