2022年10月4日

たまにはFA宣言して覇気のあるとこ見せてくれ


10月2日の最終戦、ソフトバンクとオリックスのデッドヒートで、エンターテイメントを堪能させてくれたパ・リーグ。

かたや迫力不足気味のセ・リーグだったが、10月3日の最終戦、村上宗隆がデカイ一発で締めくくった。

55号を打ってから打撃不振が続いていたのに、最後の最後、ファンが見たいものを見せてくれるとは。持ってるわぁ。


王貞治さんの現役時代と今とでは、試合数も違う。今年はコロナ禍で選手(投手)が手薄になったチームもあっただろうし、状況は違うのだけど。

でも、ホームラン2位の岡本和真は30本。岡本、極度の不振だったとはいえ、村上ダントツ

最多優勝の記録を作った白鵬。一人横綱で対抗馬の少ない状況も影響しただろうけど、それでも同時代、それだけ優勝をした力士は他にいなかった。勝つべきところで勝つのは、やっぱりすごいこと。


それを思うと、ホームラン3位の丸佳浩の27本もがんばってる。ホームランバッターではないけれど、コンスタントに成績残してる。

FAで移籍して、パッとしなかった選手は少なくない気がする。丸、がんばってる。応援はしてないけど

FA残留した田中広輔も會澤翼も松山竜平も野村祐輔も堂林翔太も九里亜蓮も大瀬良大地も、ももももも。パッとしません。

昨年、残留を表明した大瀬良と九里。カープ愛強めの大瀬良は残留が予想できたが、九里は移籍したら面白いのになと思っていた。

カープでは雑な扱いされてるとこあるし、他のチームでどれくらい活躍できるのか見てみたかった(今年はあんなことになりました)。


FA権を取得した野間峻祥と西川龍馬。野間をほしいと思うチームはあるのだろうか。あるかもしれないが、野間はどこか自分に自信なさそう。それってプロとしてどうなんだ。

昨オフ、中日からソフトバンクに移籍した又吉克樹は、腕振って結果出したるでぇ。という覇気を感じた。今季、負傷で途中離脱したのはとても残念だったけど。

西川はクセはあるけど(気分にむらもあるけど)、相手にしたら嫌なバッターだ。ほしがるチームあるんじゃないかな。カープにとって貴重な戦力だけど、ひょうひょうと他のチームで活躍するところも見てみたい。

残留組の死屍累々なありさまを見ていると、覇気を見せてほしいなって。このムラ社会、とび出してみてほしいなって。丸はその点、覇気があった。可愛げはなかったけれど。
 来てくださってありがとうございます。
 よろしければ応援クリックお願いします。