2020年7月24日

森下暢仁、野球を知っていると感じさせる投球で2勝目。


7月23日、阪神戦(甲子園)。先発は、今いちばんお金を払ってでも見たいと思わせてくれる森下暢仁。

一方で、野手のスタメンには、前日、9回表、絶好のチャンスでバットを振ることなく終わった安部友裕が入っていて、ん? んー。

森下は1回、阪神の4番、大山悠輔にプロ入り初めてのホームラン(2ラン)を打たれる。

このときの大山には気迫を感じた。こわそう。と恐れていたら、ほんとうに打たれた。こういう感じ、今のカープの打者にある?


その後の森下は無失点を続ける。4回、投球を終えてベンチに戻ったとき、やわらかな表情を見せていたのにハッとした。

打線の援護はトンとなかったが、焦る様子もなく、そういうこともある。これから何が起こるかはわからない。野球とは、勝負とはそういうもの。そう悟って目の前の投球に集中しているような、野球をわかっている人のような感じがした。

6回、ピレラから思いがけない満塁ホームランが飛び出し、4対2と逆転。ここで時間が止まってくれたら・・・。という幸せな瞬間。

森下は、6回120球を投げた。球数は増えてしまったけれど、100球を超えても、球の力は衰えない。いま、一番カープで頼もしいかも。


7回、追加点のチャンスをものにできず、流れが向こうに行ってしまうー。と、危惧された7回の裏、フランスアが登場。不安っすわ。

久しぶりにフランスアの投球を見たのですが、球の力のなさ、生気のなさに驚く。かつて、マウンドにあがるのが、投げるのが、あんなに嬉しそうだったフランスアだったのに。

2018年、18試合登板して、月間最多登板のセ・リーグ新記録を達成したフランスア。その記録が素直に喜べなかったことを思い出す。目先の利益を追う登板過多で、フランスアの可能性が奪われていった、あの嫌な感じ。

幸い、この日は無失点で切り抜けましたが。


8回は塹江敦哉。鈴木誠也の好守備も出て、無失点。

9回、またしても安部が追加点のチャンスを棒に振る。バットを振るには振ったが。

9回裏は、予想通り、一岡竜司。今の顔ぶれの中では、たとえ打たれたとしても一岡に託したいと納得の選択。

菊池涼介の好守備もあり、無失点リレー。一岡、よかった。

先発投手の好投を打線が援護し(得点のチャンスがポロポロこぼれていくシーンも少なくなかったが)、リリーフ陣が無失点リレーで締めるという試合を久しぶりに見ることができて、よかった。


来てくださってありがとうございます
 にほんブログ村 野球ブログ 広島東洋カープへ 

スポンサーリンク

〔関連記事〕
森下暢仁、プロ発登板で見せた予想以上の投球。しかしカープは予想どおりのサヨナラ負け。
金足農の吉田君とフランスアと横浜の東と